Aruba 8400コアおよびアグリゲーション・スイッチ

モバイルとIoTによってすべてが変わりました。コアにも変化が必要ではないでしょうか?

デジタル化によってネットワークのあらゆる部分に混乱が生じました。デバイスが増加し、アプリが増加し、トラフィックが増加し、セキュリティの脅威が増加しました。現在のキャンパス・インフラストラクチャは、常に一歩先を行くために必要な可視性、自動化、アジリティを提供していますか?
Aruba 8400コア・スイッチの詳細はこちら

走れるのになぜ歩いているのですか?

モバイル、クラウド、IoTがネットワークのあらゆる部分に課題をもたらす一方で、コアは依然として不安定で柔軟性を欠き、静的なままです。Arubaは、ネットワークとビジネスを次のレベルへと引き上げる画期的なコア・イノベーションによって現状を再編します。
ビデオはこちら
スイッチング3.0のブログ

 
 

エッジからコアへの先進のキャンパス・アーキテクチャ

Arubaのポートフォリオは、可視性、自動化、セキュリティがビジネスの成功に不可欠なモバイル/クラウドとIoTの時代に合わせて全体が設計されています。プログラム性を備えたArubaの先進スイッチは、セキュアでオペレーションが容易なエンドツーエンドのキャンパス・アーキテクチャのための業界をリードするネットワーク管理およびセキュリティ・ソリューションと簡単に統合できます。
Arubaのスイッチング・ガイドはこちら

コアをよりスマートに

Aruba 8400は、比類なきパフォーマンスとセキュリティを提供しますが、それは始まりに過ぎません。実際の転換点となるのは、現在と将来を見据えて設計された先進オペレーティング・システム、ArubaOS-CXです。完全なプログラム性と組み込み型ネットワーク・アナリティクスによってコアにインテリジェンスと自動化をもたらし、より多くを把握し、より多くを知り、より迅速に行動する能力をネットワーク事業者に提供します。
ArubaOS-CXのデモはこちら

 
 

IT部門の仕事は一層簡単に

従来型のスイッチング・ソリューションを利用している場合、IT部門による手作業でのトラブルシューティングは問題の発生後に限られ、問題の修正にはCLIやSNMPのような柔軟性に欠けるツールと、監視、アナリティクス、トラブルシューティング用の高額な各種オフボックス・ソリューションを使用せざるを得ません。Aruba 8400と内蔵のNetwork Analytics Engineを利用する場合、これらの機能は組み込まれており、拡張も可能です。時間は短縮され、優れた可視性が得られ、複雑さは解消されます。
データシートはこちら
Network Analytics Engineのデモはこちら