Voice Over WLAN

Altigen Communications
AltiGen Communications, Inc.は、Microsoftベースのユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを提供する先進プロバイダーです。 AltiGenのソリューションは、高い信頼性、使いやすさ、Microsoftインフラストラクチャ・テクノロジーへのシームレスな統合に合わせて設計され、拡張性に優れたオープン標準プラットフォーム上に構築されます。 詳細については、www.altigen.comをご覧ください。

AltiGenとAruba
ArubaとAltiGenは、Wi-Fi対応スマートフォンへのMicrosoft Lyncサービスの安定的な配信で連携しました。 AltiGen MaxMobile Serverを利用することで、スマートフォンをネイティブ・エンドポイントとしてLync Serverに登録できます。 Aruba独自のフィンガープリンティング・テクノロジーは、WLANを通過するLyncストリームを識別し、Microsoft Lyncの音声/ビデオ・トラフィックの動作と一致するパターンを検出します。 これに応じてネットワークの状態が動的にコンディショニングされ、信頼性に優れたアプリケーション配信に必要な、アプリケーションごと、デバイスごとのQoSが実現します。

AltiGen MaxMobileクライアントは、iOS、Android、Blackberryスマートフォンで実行されます。 このクライアントが提供する機能には、Lync Enterpriseの音声通話コントロール(内線通話および外線発信、会議、転送、保留)、インスタント・メッセージング(Lyncフェデレーション・ユーザーを含みます)、プッシュ通知、Lync Directoryアクセス、お気に入りスクリーンを使った保存済み連絡先との通信開始などがあります。

AltiGen iFusion Smartphone Wireless Docking Stationは、AltiGen MaxMobileまたは互換性があるその他のサードパーティ製VoWLANスマートフォン・エンタープライズ音声アプリケーションと組み合わせることで、有線VoIP電話から無線ドッキング・ステーションへの置き換えを可能にします。 ドッキング・ステーションには、有線ハンドセットとスピーカーフォンが含まれます。 有線VoIP電話の排除によるネットワーク・インフラストラクチャのサイズ適正化は、コストとカーボン・フットプリントの大幅な削減につながります。

認定日:
2012年1月

テスト対象Aruba OS:
AOS 6.1.2.3

認定製品:
iFusion MaxMobile Lync Smartphone Client、iFusion Smartphone Wireless Docking Station


Ascom
Ascom Wireless Solutionsは、病院、製造、小売、ホテルなどの分野向けにオンサイト無線通信を提供する先進プロバイダーです。 世界の大手企業に75,000以上のシステムが導入されています。 同社は、広範な音声およびプロフェッショナル・メッセージング・ソリューションを提供し、ミッションクリティカル・プロセスのサポートと最適化を通じて顧客の価値を創造しています。 ソリューションは、既存のエンタープライズ・システムにスマートに統合されるVoWiFi、IP-DECT、DECT、ナース・コール、ページング・テクノロジーに基づいています。

同社は、世界の10か国に子会社を展開し、1,200人の従業員を擁しています。 1950年代に設立され、スウェーデンのエーテボリに本拠を置くAscom Wireless Solutionsは、スイス証券取引所に上場しているAscom Groupの一部です。

AscomとAruba
Ascomの無線ソリューションVoWiFi(Voice-over-WiFi)システムとAruba NetworksのセキュアWLAN(無線LAN)インフラストラクチャの組み合わせは、エンタープライズ環境向けのハイエンド・モビリティ・ソリューションを提供します。 このソリューションは、無線VoIP、プロフェッショナル・メッセージングおよびパーソナル・アラーム機能、無線データ機能を単一無線ネットワーク上で提供します。 このソリューションは、Aruba NetworksのWLANインフラストラクチャとの相互運用性がテストされ、Aruba Compatibleの指定を受けています。 Arubaインフラストラクチャと連携する専用設計の強力なハンドセットであるAscom i75に無線電話、メッセージング、パーソナル・アラームのすべてが組み込まれ、エンタープライズグレードの音声、高度な無線セキュリティ、QoS、高速ローミングをサポートします。

認定日:
2015年4月

テスト対象Aruba OS:
6.4.2.5

認定製品:
Ascom i62およびMycoハンドセット


Avaya
Avayaは、企業が市場におけるメリットを実現するために事業を転換する上で役立つインテリジェント通信ソリューションを提供しています。 IP電話、ユニファイド・コミュニケーション、コンタクト・センター、コミュニケーション対応ビジネス・プロセスを提供するAvayaのソリューションは、FORTUNE 500®企業の90パーセント以上を含む世界の100万社以上の企業で利用されています。 Avaya Global Servicesは、企業の規模を問わずに総合的なサービスとサポートを提供します。 Avayaソリューションの詳細については、www.avaya.com/をご覧ください。

AvayaとAruba
音声、データ、ビデオの統合ネットワーク間の相互運用性は、委託とサポートのコスト削減につながり、付加価値再販事業者にとっては、複雑なシステムの導入に関連する技術的、金銭的リスクの削減につながるため、エンタープライズにとって大きな課題となっています。 最近、Avaya DeveloperConnection Programのプラチナレベル・メンバーであるAruba NetworksのAvayaへの準拠がテストされ、 Avayaの3.1.2 Communication Manager、3.1.1 SIP Enablement Services Server、406V2 – 3.1(54) IP Office、3600シリーズWiFiセット、4600/9600シリーズIP電話を利用したVoIP(Voice-over-IP)とデータ・ネットワーキング・アプリケーションにおいて、Arubaの無線LANスイッチ2400および6000、無線LANアクセス・ポイントAP 60/65/70がAvayaに準拠することが確認されました。 相互運用性テストと準拠のテストを通じて潜在的な技術障害の調査と対応が図られ、自信を持って導入できる今日のジョイント・ソリューションが完成しました。 AvayaとAruba Networksの連携により、エンタープライズは、音声/データ統合インフラストラクチャの低コストとシンプルさのメリットを活用できます。


Deltapath
Deltapathは、エンタープライズとサービス・プロバイダーを対象としたIPベースのユニファイド・コミュニケーションのパイオニア企業です。 フラッグシップ製品であるfrSIP®は、ビデオ、音声、デスクトップ・サービスと、デスクトップ電話、携帯電話、音声メール、電子メール、FAX、Polycomビデオ・テレプレゼンス・ソリューションを統合するオープン標準のフル機能ユニファイド・コミュニケーション・プラットフォームです。 詳細については、www.deltapath.comをご覧ください。

DeltapathとAruba
DeltapathとArubaは、モバイル性を増し続けている人材に対するユニファイド・コミュニケーション・ソリューションの拡張で連携しました。 Arubaの高パフォーマンスMOVEインフラストラクチャを利用することで、Deltapathはローミング・ユーザーに対してジッターのない高速ビデオとHD音声をWi-Fi経由で提供できます。 Deltapathは、Arubaのフィンガープリンティング機能とアプリケーションごとのQoS(サービス品質)機能を活用し、高密度なオフィス環境であってもレイテンシに敏感な音声/ビデオ・データを正しく処理し、場所を選ばずに任意の電話やタブレットに配信できます。

認定日:
2012年2月

テスト対象Aruba OS:
6.1.2.2

認定製品:
Deltapath frSIP


Microsoft

1975年に設立されたMicrosoft(NASDAQ:MSFT)は、人々と企業がそれぞれの可能性を最大限に認識できるようにするためのソフトウェア、サービス、ソリューションの世界的リーダー企業です。

MicrosoftとAruba
Microsoft Lyncは、世界のエンタープライズで利用されている、高度なユニファイド・コミュニケーション・ソリューションの市場をリードする製品です。 すべてのコミュニケーションをコラボレーション型の魅力的なやり取りに転換することで、Lyncは、音声、IM、ビデオ、Web会議を、コンテキストに応じた豊かなサービスにまとめ上げます。

信頼性の高いLync体験を得るには、強力なネットワーク・パフォーマンスが不可欠です。ArubaのMOVE(Mobile Virtual Enterprise)は、MicrosoftのLync Certification Programで認定された唯一のWi-Fiアーキテクチャです。 Aruba独自のアプリケーションおよびデバイス・フィンガープリンティングにより、MOVEは暗号化されたMicrosoft Lyncの音声およびビデオ・トラフィックを識別して正しくタグ付けし、適切なQoS(サービス品質)を個別アプリケーションベース、個別デバイスベースで確実に割り当てます。 結果は、すべてを物語っています。

 LyncChart

MOVEアーキテクチャは、Lyncユニファイド・コミュニケーション・ソリューションの導入コストを削減します。 Arubaコントローラーは、複数の競合アプライアンスの機能を1台で提供します。 Lyncクライアントを実行するWi-Fi対応スマートフォンは、高コストの有線IP電話とそのサポートに必要なスイッチを置き換えることができます。 ArubaのClearPassは、Lync対応のユーザー所有デバイスを企業ネットワークにセキュアに接続することで、企業がデバイスを支給する必要性を最小限に抑えます。

Microsoft Lyncの詳細については、http://lync.microsoft.comをご覧ください。


redsky
RedSky Technologiesは、学校、エンタープライズ、行政機関で使用されるIP電話エンタープライズ・アプリケーション向けのE911緊急通話ソリューション、製品、サービスを提供しています。 音声テクノロジーがアナログからデジタルへ、さらにIPやWi-Fiへと進化を遂げる中で、デバイスとモバイル・ユーザーの位置を迅速かつ正確に特定する必要性が高まっています。 RedSkyのE911 Manager®プラットフォーム上で稼働するWi-Fi e911®ソフトウェア・モジュールは、エンタープライズ・ネットワークと連携して911通話の発信元となった電話の位置をリアルタイムに追跡し、コール・サーバーへの経路指定を提供します。 詳細については、www.redskye911.comをご覧ください。

RedSkyとAruba
RedSkyとArubaは、RFC1493をサポートするArubaの3500モビリティ・スイッチおよびモビリティ・コントローラーを実行するネットワーク上でE911ロケーションを特定できるようにすることで連携しました。 このソリューションはSNMPベースであり、ArubaインフラストラクチャでSNMPを有効化する以外に追加の構成は必要ありません。

認定日:
2012年1月

テスト対象Aruba OS:
RFC1493をサポートするAruba 3500モビリティ・スイッチ(Rev 7.1)およびモビリティ・コントローラー

認定製品:
RedSkyのE911 Manager


Research in Motion
Research In Motion(RIM)は、複数の無線ネットワークをサポートする統合型のハードウェア、ソフトウェア、サービスを開発しています。 RIMは、BlackBerry®スマートフォンの開発でよく知られており、メール、電話、テキスト・メッセージ、インターネット、アプリケーションを通じて時間に制約がある情報へのシームレスなモバイル・アクセスを実現するソリューションを提供しています。

Research In MotionとAruba
BlackBerry® MVS(BlackBerry® Mobile Voice System)は、BlackBerryスマートフォンに企業の卓上電話の機能を提供します。 BlackBerryスマートフォンを使用する従業員は、いつどこからでも1つのビジネス電話番号、1つの発信者ID、1つの音声メールボックスを単一ユーザー・インターフェイスで利用できます。 また、オフィス、家庭、公衆ホットスポットのWi-Fiネットワークを介して通話を受発信できるようにすることで、コストとカバレッジのニーズにも対応します。 これらの機能はすべて、音声に対応したAruba WLANインフラストラクチャで完全にサポートされます。 Arubaは、極めて高速なローミング機能と総合的な通話監視およびレポート機能に加え、標準ベースのQoS(サービス品質)、コール・アドミッション制御、音声セキュリティ、音声サービスの導入に必要なその他の機能を提供します。


Spectralink
Spectralinkは、医療、小売、製造業界向けに屋内無線によるエンタープライズグレードの音声およびデータ・ソリューションを提供しているグローバル・プロバイダーです。 Spectralinkの無線電話は、耐久性を備えた設計と長時間のバッテリー寿命で知られています。 同社のVIEW(Voice Interoperability for Enterprise Wireless)Certification Programは、承認されたWi-FiインフラストラクチャとSpectraLink無線電話の相互運用性を保証します。 詳細については、www.spectralink.comをご覧ください。

SpectralinkとAruba
Arubaのセキュアなモビリティ・インフラストラクチャは、無線LANのパフォーマンス、シームレスなローミング、クライアントからコアまでのセキュリティを組み合わせることで、有料通話並みの品質の音声をセキュアに提供できるように設計されています。 SpectraLinkの無線電話は、利用頻度が高いエンタープライズ環境向けに設計されており、そこでは、従業員のモビリティ、応答性、生産性が求められます。 ArubaEdgeとVIEWの両方のプログラムで認定された、これら2つのプラットフォームは、優れた音声品質、シームレスなAPハンドオフ、効率的な帯域幅管理、強力なセキュリティを提供します。
認定日:
2015年2月

テスト対象Aruba OS:
6.4.2.3およびAP-225

認定製品:
80および84シリーズ無線電話


Vocera
標準的な802.11ネットワークで動作するVocera Communicationsのシステムは、ユーザーが音声コマンドで制御するウェアラブルなVocera Communications Badgeを通じて即時的な無線音声通信を実現します。 このシステムは、モバイル・ワーカーが仕事を遂行する上で絶えず連絡を取り合う必要がある、病院、ホテル、小売店、その他の屋内環境に導入されています。 Vocera Communications Badgeは、管理、通話管理、音声認識、データベース機能を備えたVocera System Softwareと連携することで、ユーザーが求める相手と直ちに会話できるようにします。 Voceraのソリューションの詳細については、www.vocera.comを参照してください。

VoceraとAruba
Aruba NetworksとVoceraは、ハンズフリーのモバイル通信が極めて重要な医療などの業界に先進のVoice over WLANソリューションを提供しています。 VoceraとAruba Networksは、セキュアな無線通信のためのWPAをサポートし、Arubaの高速ローミングおよび「Voceraを認識する」アドミッション制御/スキャニングは、最高レベルのパフォーマンスを実現します。 ArubaはVocera音声通信システムとの相互運用性と互換性に関するテストに合格しており、ソリューションはシームレスに機能することが保証されています。