HPE Aruba、横河レンタ・リース株式会社の無線LAN環境を構築し全社展開へ

HPE Aruba、横河レンタ・リース株式会社の無線LAN環境を構築し全社展開へ

~全社挙げてのワークスタイル変革を支えるともに、
顧客にモバイルファースト時代に最適なソリューション、価値提案力を強化する基盤に~

2017年3月22日

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(NYSE: HPE、米国カリフォルニア州サンタクララ、以下「HPE Aruba」)は、本日、横河レンタ・リース株式会社(以下横河レンタ・リース、武蔵野本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:金川 裕一)が、同社の推進するワークスタイル変革の取り組みを支え、セキュアかつ利便性の高い無線LAN(以下、WLAN)環境を整備する基盤として、HPE Arubaの各種WLANソリューションを導入したと発表しました。横河レンタ・リースでは、ビジネスのスピード化、自社のお客様に対するソリューション提案の高付加価値化を目指し、全社的なワークスタイル変革が推進されています。今回のHPE Aruba WLANソリューションの導入・展開は、これをインフラの面から支えられるよう、ビジネス要求を満たす高品質でセキュアなアクセスを実現しつつ、導入コスト及び工期ならびに運用負荷を抑えることができ、スモールスタートや拡張が容易な点などを重視して選定されたものです。

既に武蔵野本社に16台、新宿本社に14台のHPE Aruba IAPが設置され、2017年9月を目標に全国計12拠点に順次展開の予定です。既設の全てのIAPは、Webベースの管理インタフェース、HPE Aruba AirWave(以下AirWave)により稼働状況を把握され、設定情報やファームウェアも一元管理・更新されています。さらに、統合認証基盤「HPE Aruba ClearPass」により証明書ベースのユーザー・デバイス認証を利用、セキュリティを強化しつつ快適なモバイルアクセスを実現しています。

導入の背景

本年1月に創業30周年を迎えた横河レンタ・リースは、「お客様のビジネス効率を高めるために」をミッションとして、IT機器・計測器を中心とするレンタルサービス事業、手軽にシンクライアント環境が実現できると評価の高いデータレスPCTMソリューション「Flex Work Place」を始めとする独自開発のソフトウェアに強みを持つシステムエンジニアリング事業を展開しています。日々顧客の課題と真摯に向き合い、最高のビジネス環境をもたらす最適なソリューションを提案していく中で感じられたのは、デジタル化の流れがもたらす市場と顧客要求の急速な変化でした。

こうして同社にとっての「ワークスタイル変革」は、単に自社従業員がより柔軟な働き方を実現し、生産性とビジネススピードを高めるという目的のみにとどまらず、さらに同社の顧客に対しても、常に新しい顧客体験や付加価値を提供できるソリューション提案力を拡充強化するための基盤として位置づけられ、全社を挙げた取り組みが急ピッチで進められることになりました。

同社執行役員であり情報システムセンタ長を務める髙倉敏行氏は次のように述べています。
「2016年4月に全社への無線 LAN環境の導入に着手しました。社員をデスク から解放し、会議室や打ち合わせスペースなど、 会社のどこにいても自分のデスクと同じように 業務を行える――そうしたPCを活用できる環境整備を目指しました。これと並行してフリーアクセスの試行、クラウドベースのコミュニケーションツールによる情報へのアクセスや共有、会議や打合わせ方法の見直しなど、社員が働き方に対する意識を変えていけるよう包括的に取り組んでいます。ネットワークにつながらなければ仕事にならない」という意味でのモバイルファーストの時代が到来した今、私たちは、お客さまの働き方や働く場所の可能性を広げ、業務効率を高 め、ムダやストレスを解消し、より大きなビジネスの成果を手にしていた だけるよう、HPE Aruba製品を活用したセキュアかつ高速な無線LAN ソリューションの価値を磨き上げていきたいと考えています」

HPE Aruba 選定の決め手と構成

こうして自社内での利用のみならず、顧客に最高のシステムを提案するための構成要素としてのきわめて厳しい基準の中、様々な検証を経て今回選定されたのが、HPE Arubaの無線LANコントローラー 内蔵のアクセスポイント「HPE Aruba Instant Access Point(IAP)」、統合的なネットワーク監視を実現する「HPE Aruba AirWave」、統合認証基盤「HPE Aruba ClearPass」です。

選定の主な理由は下記の通りです。

  • ビジネス要求を満たす高品質なアクセスを実現できること
    同じ IEEE802.11ac規格に基づく製品でも、負荷分散や電波自動 調整、デバイス接続とローミングの制御、アプリ ケーション識別など先進機能が搭載されたHPE Aruba製品は顧客体験が大きく異なる。また世界的評価が高く。顧客に快適なモビリティ体験を提供できることが期待できた。
  • 導入にかかるコスト と工期を抑えられること
    HPE Aruba のIAPには、コントローラー機能が 内蔵されているため、コントローラー 製品が不要で、1セグメントあたり50台規模の IAPが自律的に動作し、かつ一元的に管理できる 。コントローラー製品が必要な他社製品の6割程度のコストで、無線LAN環境を 構築できた
  • スモールスタートと 拡張が容易
    HPE Aruba のIAPは、小規模な環境から始めて 段階的に利用範囲を拡大していくことが容易 。また、ネットワークサービス の状態監視を行うソリューション、HPE Aruba AirWaveが、IAPご との負荷状況、アプリケーションごとの帯域使用量、ユーザーやデバイスのヘルス状態などを可視化する。Wi-Fiの有効範囲を可視化するヒートマップもサポートされ、構築前 のアセスメントにも活用できた。
  • 強固なネット ワークセキュリティの実現
    ポリシーベースの AAA(認証・認可・アカウンティング)ソリュー ション、HPE Aruba ClearPassにより、あらゆるユーザー・デバイスに対し 適切なネットワークアクセスが実現できる。不審な挙動を検知して自動的にブロックするなど、アク セス権限を変更するような実運用に即した機能を備える。
  • 快適なアクセス 環境を維持するための運用負荷が低いこと
    ClearPass Onboard機能を利用することで、ユーザーが自身の ユーザーIDで登録用SSIDにアクセスし、デバイスのネットワーク設定とクライアント証明書が自動的にデバイスにインストール・適用される仕組みが用意できる。ユーザー・デバイス認証のための設定作業を安全・確実に、しかもセルフサービスで実現できる。

 

導入状況と今後の展開

検証期間、試用期間 を経て2016年9月末に本番運用がスタート。検証機を兼ねた3台のHPE Aruba IAPの設定情報を引き継ぎ、IAPを増設するだけで武蔵野本社の展開を実現しました。

既に構築された新しいWLAN環境は、起点となった武蔵野本社に16台、続く新宿本社に14台のHPE Aruba IAPが 設置されており、 2017年3月を目標に全国計12拠点に順次展開される予定です。すべてのHPE Aruba IAPは、HPE Aruba AirWaveのWebベースの管理インタフェースにより稼働状況が把握され、設定情報 やファームウェアの一元管理・更新も可能になっています。既存環境にHPE Aruba IAP、HPE Aruba AirWaveサーバー、HPE Aruba ClearPass サーバーを追加するだけで、セキュアかつ快適 な無線LAN環境を実現でき、他社製品で同等の環境を構築するよりもはるかにシンプルな 構成で済み、コストも大幅に削減できたと高く評価されています。

同社システム事業本部 エンジニアリング事業部 事業推進部長の松尾太輔氏は次のように述べています。「PCレンタルサービス、データレスPCソリューション「Flex Work Place」、HPE Arubaの無線LANソリューションを組み合わせ、お客さまが求めるワークスペースの全てをサービスとして提供する『Workspace as a Service』のコンセプトを具現化していきます。『所有から利用へ』という潮流は、私たちがレンタルビジネスで培ったノウハウを生かせる領域です。自社導入プロジェクトを通じて得たノウハウを、HPE Aruba製品の導入アセ スメント・設計・構築・運用支援などのサービスと して整備しつつ、お客さまへの『ワークスタイル 変革ソリューション』提案を強化していきます」

<関連資料>

*本件に関する導入事例ホワイトペーパーは、以下よりご参照下さい
http://h50146.www5.hpe.com/products/networking/case_studies/yokogawa/pdfs/CNT13581-01.pdf

横河レンタ・リース株式会社について
商号: 横河レンタ・リ-ス株式会社

事業内容:
レンタル事業:『所有から利用へ』をコンセプトにIT機器から計測器、マイクロプロセッサ開発支援装置まで、最新鋭機器をレンタルで提供し、研究・開発から生産・保守メンテナンスまでお客さまの事業活動を幅広くサポートします。また計画・調達・導入・運用・廃棄処分もしくはリプレースまでのライフサイクル全般を支える総合的なソリューションの充実を進めています。

システム事業:日本ヒューレット・パッカード社のプラチナパートナーとして、お客さまのITインフラの運用コスト削減、堅牢性と柔軟性の向上を目指した提案をします。IT機器の販売からシステム基盤設計・構築・保守まで、お客さまの業務に最大限有効にご活用いただけるための広範なソリューションを取りそろえています。
詳細は https://www.yrl.com/ をご覧ください

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyてについ

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyは、全世界のあらゆる規模の企業に次世代ネットワーク・ソリューションを提供する主要プロバイダです。モバイルに精通し、仕事やプライベートのあらゆる場面でクラウドベースのビジネス・アプリを活用する新世代の能力を企業が最大に引き出せるよう支援するITソリューションを提供しています。

HPE Arubaについての詳細は、http://www.arubanetworks.co.jpをご覧ください。リアルタイムで更新される最新情報については、TwitterおよびFacebookでHPE Arubaをフォローしてください。また、Airheads Social(https://community.arubanetworks.com)では、モビリティとAPE Aruba製品に関する最新の技術的討論を覧いただけます。

2017 Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company
Aruba Networks®, Aruba The Mobile Edge Company® (stylized), Aruba Mobility-Defined Networks™, Aruba Mobility Management System®, People Move Networks Must Follow®, Mobile Edge Architecture®, RFProtect®, Green Island®, ETips®, ClientMatch®, Virtual Intranet Access™, ClearPass Access Management Systems™, Aruba Instant™, ArubaOS™, xSec™, ServiceEdge™, Aruba ClearPass Access Management System™, Airmesh™, AirWave™, Aruba Central™, ARUBA@WORK™を含むAruba Networksの商標はすべて登録済です。
その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産権です。

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード株式会社 マーケティング 杉江
TEL: 03-6809-1540
Email: jinfo@arubanetworks.com

広報代行 株式会社プラップジャパン
TEL: 03-4570-3191
Email: aruba_pr@ml.prap.co.jp

​​