Arubaモバイル・ファースト・プラットフォーム

洞察力に富み、使いやすく、開発者に対応

以前は、接続性だけが問題でした。 これからは違います。 Arubaモバイル・ファースト・プラットフォームは、接続性をモバイル・ユーザー向けに豊かなエクスペリエンスに変え、ビジネスおよびITリーダー向けに実用的なインサイトに変えるインテリジェントなソフトウェア・レイヤーです。 これは、モバイルおよびIoTイニシアティブの採用を迅速化し、ビジネスを周囲から差異化できるように設計されています。

モバイル・ファースト・プラットフォームのビデオはこちらエグゼクティブ・サマリはこちら

 

エンタープライズ無線ネットワークがシンプルに

大規模無線ネットワークの頭脳として機能するArubaOS 8は、モバイル・ユーザーに最高レベルの信頼性を提供できるように設計されています。 REST APIを介してノースバウンドITおよびビジネス・アプリケーションを統合し、ネットワークの状態に関するコンテキスト情報をリアルタイムに共有できます。また、カスタム・アプリ・シグネチャによってネットワーク・インフラストラクチャをプログラミングできるようにします。 ArubaOS 8はサーバー・アプライアンスに導入できるので、極めて容易な使用モデルが実現します。
ArubaOS 8の詳細はこちら

モバイルとIoTのスピードに対応したセキュリティ

エンタープライズ内のデジタル・リソースを保護するために、IT部門はモバイルとIoTの激増に適応する必要があります。 ITアプリケーションとセキュリティ・サービスの開発者は、Aruba ClearPassを利用することで、ネットワーク・アクセス・ポリシーに簡単に影響を与え、ユーザーに関するポリシー情報にリアルタイムでアクセスできます。また、新規および不明デバイスのネットワークへのセキュアなオンボーディングを自動化できます。
エコシステムの詳細はこちら

 
 

ネットワーク・サービスを今度はクラウドから

パートナーとお客様は、REST APIまたは内蔵の管理ダッシュボードを介してArubaの有線、Wi-Fi、WANに関する情報にリアルタイムにアクセスできます。 Aruba Centralを利用したマルチテナント・オペレーション機能により、Arubaの再販業者とエンドユーザーは複数の異なるネットワークを一元的な場所から管理できます。
クラウド・ネットワークの詳細はこちら

運用コストとしてのインフラストラクチャ

モバイルとITのイノベーションのスピードは、インフラストラクチャへの投資について従来とは異なる考え方を企業に迫っています。 HPE PointNext、Accenture、DeloitteとのパートナーシップによるNaaS(Network-as-a-Service)オプションは、ハードウェアの入手、設計、設置の総コストを運用コストに転換できるようにします。 また、北米のAT&Tのお客様は、1回のクリック操作でArubaの有線、Wi-Fi、WANテクノロジーを既存のブロードバンド・サービスに追加できるようになりました。

 
 

よりスマートなビジネス判断と優れたユーザー・エクスペリエンス

Aruba MeridianとAruba Beaconを利用することで、開発者は、ユーザー同士が各自の所在地をリアルタイムに特定し、物理空間と対話するための屋内ロケーション・サービスをモバイル・アプリとして開発できます。 また、新たにMeridian Goalsが登場したことで、ビジネス・リーダーは単純なビーコン・アナリティクスを超えて最新キャンペーンの成否に関するインサイトを獲得できます。
詳細はこちら