Aruba 501無線クライアント・ブリッジ

無線のネイティブ・サポートなしでデバイスをWLANに簡単に統合できます

お問い合わせ
  • このクライアント・ブリッジは、既存の無線ネットワークが多様なプロトコルにアクセスできるように、レガシー・ネットワーキング・プロトコルを実行する最大15台のEthernetクライアント・デバイスをWLANに接続できます。

    TCP/IPコンバーターへの内蔵シリアルにより、RS-232非同期ターミナル・デバイスはネットワーク上の互換ステーションと通信することができ、電子キャッシュ・レジスター、計測器、サーバー、プリンター、医療機器などのデバイスに無線モビリティのメリットを提供します。

    暗号化はハードウェアで迅速に処理され、WPA2/AESセキュリティの使用時に優れたパフォーマンスを提供します。

    • マルチベンダー・ソリューション

      Arubaのモバイルファースト・アーキテクチャと統合され、マルチベンダー環境への配備に対応します。
    • エンタープライズ・クラスのセキュリティ

      エンタープライズ・クラスの強力なセキュリティ機能により、ネットワークへの侵入から保護します。
    • 場所を選ばない配備

      WLAN信号が届く場所であればどこにでも設置できるため、時間とコストを節約できます。
    • I/Oポートとスロット
      • RJ-45オートセンシング10/100/1000ポート x1、通信方式:10BASE-T/100BASE-TX:半二重または全二重、1000BASE-T:全二重のみ(IEEE 802.3 Type 10BASE-T、IEEE 802.3u Type 100BASE-TX、IEEE 802.3ab Type 1000BASE-T)
      • RS-232Cシリアル・コンソール・ポート x1
      特性
      • ラジオ(内蔵):
        • 802.11a/b/g/n/ac
      • ラジオ動作モード:
        • クライアント・ブリッジ
      • Wi-Fi Alliance認定:
        • a/b/g/n/ac Wi-Fi認定
      • アンテナ・コネクタ:
        • RP-SMA x3
      • アンテナ:
        • 2dBiデュアルバンド、全方向性
      • 外付けアンテナ数: 3
      • 3空間ストリーム、最大1.3GbpsのPHYデータ・レート
      • 多様なアンテナ・オプションに対応するRP-SMAコネクタ x3
        (注記:屋外アンテナを使用する際は、RP-SMA対タイプNのアダプターを用意する必要があります)
      物理特性
      • 寸法:
        • 13.97cm x 3.3cm x 12.7cm (幅 x 奥行 x 高さ)
      • 重量:
        • 0.91kg
      環境仕様
      • 動作温度:
        • 0~50°C
      • 動作相対湿度:
        • 5~95%、結露なきこと
      • 非動作/保管温度:
        • -40~70°C
      • 非動作/保管相対湿度:
        • 5~95%、結露なきこと
      • 衝撃/振動:
        • EN 61373
      • 高度:
        • 3,048m
      電気特性
      • 説明:
        • IEEE 802.3af PoE互換、または外部DC電源からの5~15VDC
      • 最大定格電力:
        • 9W (外部DC電源使用時)
        • 11W (PoE電源使用時)
    • 無線ラジオ仕様
      • 屋内用、シングルラジオ、5GHz 80211ac/2.4GHz 802.11n
      • ソフトウェアが5GHzおよび2.4GHz帯でAPを自動的に検索
      • 3x3 MIMO、3空間ストリーム、最大1.3Gbpsの無線データ・レート
      • 対応周波数帯(各国の規制適用):
        • 2.4000~2.4835GHz
        • 5.150~5.250GHz
        • 5.250~5.350GHz
        • 5.470~5.725GHz
        • 5.725~5.850GHz
      • 使用可能チャネル:設定されている規制範囲による
      • 動的周波数選択(DFS)による使用可能RFスペクトラムの最適利用
      • 最大送信出力は国により異なる
      • 対応無線テクノロジー:
        • 802.11b:直接拡散方式(DSSS)
        • 802.11a/g/n/ac:直交周波数分割多重方式(OFDM)
        • 802.11n/ac:3x3 MIMO (最大3空間ストリーム)
      • 対応変調タイプ:
        • 802.11b:BPSK、QPSK、CCK
        • 802.11a/g/n:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM
        • 802.11ac:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM
      • チェーンあたりの送信出力データであり、Aruba 501無線クライアント・ブリッジに付属するダイポール・アンテナの利得が含まれます。受信感度にもダイポール・アンテナの利得が含まれます。
      • 最大比合成(MRC)による受信性能の向上
      • ダウンリンクのRFパフォーマンスを改善する巡回遅延ダイバーシティ(CDD)
      • 20MHz、40MHz、80MHzチャネルのショート・ガード・インターバル
      • 時空間ブロック符号(STBC)によるエリア拡張と受信強化
      • 低密度パリティ検査(LDPC)による誤り訂正の効率化とスループットの強化
      • 対応データ・レート(Mbps):
        • 802.11b: 1、2、5.5、11
        • 802.11a/g: 6、9、12、18、24、36、48、54
        • 802.11n:6.5~450 (MCS0~MCS23)
        • 802.11ac:6.5~1,300 (MCS0~MCS9、NSS = 1~3)
        • 802.11n高スループット(HT)サポート:HT 20/40
        • 802.11ac超高速スループット(VHT)サポート:VHT 20/40/80
        • 802.11n/acパケット集約:A-MPDU、A-MSDU
      規制
      • ラジオ
        • FCC Part 15.247、EN 300 328、FCC Part 15.407、MIC Notice No. 88 - App. 43 & 45、EN 301 893、RSS-210
      • 安全規格
        • UL 2043、UL 60950-1、EN 60950-1、CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
      • RF曝露
        • FCC Bulletin OET-65C、RSS-102、EN 62311
      • 電磁適合性規格(エミッション)
        • EN 55022 Class B、EN 60601-1-2、EN 301 489-1、EN 301 489-17、ICES-003 Class B、FCC Part 15 - VCCI Class B
      規制モデル番号
      • MRLBB-1302
      セキュリティ
      • IEEE 802.1XのサポートはEAP-TLSおよびPEAPのサポートによるユーザー認証を提供します。認証済みクライアントとアクセス・ポイントの間の無線トラフィックの保護にはAES (Advanced Encryption Standard)、TKIP (Temporal Key Integrity Protocol)、WEP (Wired Equivalent Privacy)暗号化の選択肢があります。
      • IEEE、WPA2、WPA、またはWEPの選択により、無線トラフィックのデータ整合性は強力なAESまたはTKIP暗号化によって保護されます。
      保証とサポート