Aruba 203Rシリーズ・リモート・アクセス・ポイント

家庭および小規模ブランチ・オフィス向け多機能802.11ac

お問い合わせ
  • コスト効率に優れたこの小型リモート・アクセス・ポイントはソフトウェアによる設定に対応し、1x1デュアル・ラジオ・モードまたは2x2シングル・ラジオ・モードで動作します。

    Arubaモビリティ・コントローラーによって管理される203Rは、一元的な構成、データ暗号化、ポリシー適用、ネットワーク・サービスをサポートします。データセンターへのサイト間VPNトンネルを確立することで、企業リソースをリモート・ロケーションにまで拡張します。

    エンタープライズクラスの多様な機能が用意されており、企業の本社と同等な高品質Wi-Fiエクスペリエンスをリモート・ワーカーにも提供できます。

    • パフォーマンスが大幅にアップ

      特許テクノロジーClientMatch™がパフォーマンスを高め、ローミング時のスティッキー・クライアント状態を解消します。
    • 無線のサービス品質を保護

      AppRFテクノロジーが、Microsoft Lyncといったビジネスに不可欠な業務用アプリを優先し、ポリシーの適用を可能にします。
    • 選択は自由

      RAP-203Rは壁に取り付けて使用することも(サービス業向け)、デスク・スタンド型で使用することもできます(リモート・オフィス向け)。
    • RAP-203Rシリーズの仕様
      • ユニファイド・フレキシブル・ラジオ802.11acリモートAP (アンテナ内蔵)
      • 壁の電源ボックスに取り付け可能、デスク・スタンド型への変更も可能
      Wi-Fi無線ラジオ仕様
      • APタイプ:屋内用、フレキシブル・ラジオ:
        • 5GHz 802.11ac 2x2 MIMOまたは2.4GHz 802.11n 2x2 MIMO1、または
        • 5GHz 802.11ac 1x1および2.4GHz 802.11n 1x11
      • ソフトウェアによる設定が可能なラジオ、5GHz (ラジオ0)および/または2.4GHz (ラジオ1)に対応
      • 5GHz:2空間ストリームのシングル・ユーザーMIMO (SU-MIMO)で個々の2x2 VHT80クライアント・デバイスに最大867Mbpsの無線データ・レートを提供
      • 2.4GHz:2空間ストリームのシングル・ユーザーMIMO (SU-MIMO)で個々の2x2 VHT40クライアントに最大400Mbpsの無線データ・レートを提供(HT40 802.11nクライアント・デバイスでは300Mbps)
      • 1ラジオあたりの最大アソシエート・クライアント・デバイス数は256、最大BSSID数は16
      • 対応周波数帯(各国の規制適用):
        • 2.400~2.4835GHz
        • 5.150~5.250GHz
        • 5.250~5.350GHz
        • 5.470~5.725GHz
        • 5.725~5.850GHz
      • 使用可能チャネル:設定されている規制範囲による
      • 動的周波数選択(DFS)による使用可能RFスペクトラムの最適利用
      • 対応無線テクノロジー:
        • 802.11b:直接拡散方式(DSSS)
        • 802.11a/g/n/ac:直交周波数分割多重方式(OFDM)
      • 対応変調タイプ:
        • 802.11b:BPSK、QPSK、CCK
        • 802.11a/g/n/ac:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM
      • 送信出力:0.5dBm単位で設定可能
      • 最大(実行)送信出力(地域の規制要件による制限あり):
        • 2.4GHz帯:+18dBm (チェーンあたり)、+21dBm (集約、2x2モード)
        • 5GHz帯:+18dBm (チェーンあたり)、+21dBm (集約、2x2モード)
        • 注:実行合計送信出力にはアンテナ利得が含まれないため、実効放射電力(EIRP)を得るにはアンテナ利得を加算する必要があります
      • Advanced Cellular Coexistence(ACC)がセルラー・ネットワークからの干渉を最小限に抑制
      • 最大比合成(MRC)による受信性能の向上
      • ダウンリンクのRF特性を改善する巡回遅延/シフト・ダイバーシティ(CDD/CSD)
      • 20、40、80MHzチャネルのショート・ガード・インターバル
      • 時空間ブロック符号(STBC)によるエリア拡張と受信強化
      • 低密度パリティ検査(LDPC)による誤り訂正の効率化とスループットの強化
      • 送信ビームフォーミング(TxBF)による信号の信頼性と範囲の強化
      • 対応データ・レート(Mbps):
        • 802.11b: 1、2、5.5、11
        • 802.11a/g: 6、9、12、18、24、36、48、54
        • 802.11n:6.5~300 (MCS0~MCS15)
        • 802.11ac:6.5~867 (VHT20/40/80ではMCS0~MCS9、NSS = 1~2)
      • 802.11n高スループット(HT)サポート:HT 20/40
      • 802.11ac超高速スループット(VHT)サポート:VHT 20/40/80
      • 802.11n/acパケット集約:A-MPDU、A-MSDU
      Wi-Fiアンテナ
      • 2x2 MIMO対応デュアルバンド全方向性アンテナx2を内蔵、最大個別アンテナ利得は2.4GHz帯で0.9dBi、5GHz帯で2.9dBi。内蔵アンテナはAPを垂直方向に取り付けた状態で最適化。
        • MIMOラジオの各アンテナのパターンを組み合わせた場合の有効アンテナ・パターンあたりの最大利得は2.4GHz帯で-1dBi、5GHz帯で0.9dBi。
      その他のインターフェイス
      • アップリンク:10/100/1000BASE-T Ethernet (RJ-45、背面)
        • リンク速度およびMDI/MDXのオートセンシング
        • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
      • ローカル:10/100/1000BASE-T Ethernet x2 (RJ-45、背面)
        • リンク速度およびMDI/MDXのオートセンシング
        • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
        • 1ポート(E2):PoE-PSE (出力):48Vdc (公称) 802.3af PoE (AP-203RPモデル)
      • Bluetooth Low Energy (BLE)ラジオ
        • 最大4dBmの送信出力(クラス2)と-93dBmの受信感度
        • 内蔵アンテナは中程度の指向性パターンを持ち、最大利得は1dBi
      • USB 2.0ホスト・インターフェイス(Type Aコネクター、上部)
        • 3G/4Gセルラー・モデム
        • デバイスの給電ポート
        • 接続したデバイスに最大1A/5Wの給電が可能
      • AC電源インターフェイス:2極IEC 60320-1 C8電源ソケット(背面)
      • インジケータ(LED、正面):
        • 電源/システム・ステータス
        • ラジオ・ステータス
        • ローカル・ネットワーク・ポート・ステータス(x2)
          • PoE-PSEステータスを含む(AP-203RPモデル)
      • リセット/LEDコントロール・ボタン(クリップの先などの細い棒で押す、下部)
        • 工場出荷時設定にリセット(デバイスの再起動時に有効化)
        • LEDコントロール:オフ/通常動作の切り替え
      • シリアル・コンソール・インターフェイス(カスタムuUSB物理ジャック、下部)
      1 256-QAMモジュレーション(802.11ac)は2.4GHzラジオでもサポート。
    • 暗号化スループット
      • IPsecによる有線での最大暗号化スループット:20Mbps
      電源と消費電力
      • APが対応する直接AC電源:90~265V、47~63Hz
        • 本体にはAC電源コード(IEC C7)は含まれません。APの発注時に各地域に適したコードを選択して追加する必要があります。
      • 最大消費電力:7.5W
        • 外部のUSBおよび/またはPoE-PDデバイスが消費する電力(および内部損失)を除く(5W/1A USBデバイスで最大6W、802.3af PoE-PDデバイスの最大負荷時(15.4W)で18Wに相当)
      • アイドル・モードでの最大消費電力:4.6W
      取り付け
      • APは、追加アクセサリなしでデスク・スタンド型に対応します。コネクタ、ケーブル、製品ラベルを覆うためのカバーがAPに付属します。
      • カバーを利用することで壁への取り付けにも対応できます。
      機械仕様
      • 寸法/重量(本体、ケーブル・カバー使用時):
        • 155mm x 50mm x 95mm (幅 x 奥行 x 高さ)
        • 320g (AP-203R)、340g (AP-203RP)
      • 寸法/重量(梱包後):
        • 224mm x 159mm x 78mm (幅 x 奥行 x 高さ)
        • 510g (AP-203R)、590g (AP-203RP)
      環境仕様
      • 動作時:
        • 温度:0~40°C
        • 湿度:5~93% (結露なきこと)
      • 保管/輸送時:
        • 温度:-40~70°C
      規制
      • FCC/Industry Canada (カナダ産業省)
      • CEマーク
      • R&TTE指令1995/5/EC
      • 低電圧指令72/23/EEC
      • EN 300 328
      • EN 301 489
      • EN 301 893
      • UL/IEC/EN 60950
      • EN 60601-1-1、EN 60601-1-2
      国別規制や承認の詳細については、Aruba代理店にお問い合わせください。
      信頼性
      • 動作温度25C°でのMTBF:
        • AP-203R:324,000時間(37年間)
        • AP-203RP:308,000時間(35年間)
      規制モデル番号
      • AP-203R-xx (全機種):APINR203
      • AP-203RP-xx (全機種):APINP203
      認定
      • CBスキームの安全保証、cTUVus
      • Wi-Fi Alliance (WFA)認定802.11a/b/g/n/ac
      保証
      制限付きライフタイム保証
      ソフトウェアの最低バージョン
      • ArubaOS™ 6.5.2.0/8.2.0.0
      • Aruba InstantOS™ 6.5.2.0/8.2.0.0