ArubaOS

ArubaOSは、コントローラーで管理されるあらゆる無線LAN向けのオペレーティング・システムです。多数の組み込み型テクノロジーと機能を備えたArubaOSは、多様な重要キャンパス・モビリティ・サービスを提供することができ、豊富なコンテキスト情報をリアルタイムでサードパーティ製のビジネスおよびITアプリケーションと簡単に共有できるように設計されています。

ArubaOS 8のデータシートはこちら ArubaOS 6.5のデータシートはこちら

 

ArubaOS 8が求められる理由

ArubaOS 8は、常時オンのネットワーク、内蔵のインテリジェンスと自動化によるシームレスなローミング、高密度環境のサポートに必要なパフォーマンス、ユーザー・エクスペリエンス、セキュリティを提供します。ArubaOS 8は、モビリティ・マスターモビリティ・コントローラー仮想アプライアンス、ハードウェア・アプライアンスを管理します。
ArubaOS 8の概要はこちら

次の大きな変化はここにあります — モビリティ・マスター

Arubaモビリティ・マスターは、ArubaOS 8を実行する次世代のマスター・コントローラーです。仮想アプライアンス(VA)として、またはより多くのメモリとコンピューティング性能が必要な場合はx86ハードウェア・アプライアンスとして導入できます。モビリティ・マスターは、合理化されたエンタープライズ・ネットワーク・オペレーションと導入のための信頼性、自動化、拡張性を提供します。
詳細はこちら

 

一層の安定性とユーザー・エクスペリエンス

モビリティ・マスターは、最大12台のコントローラーを単一ユニットとして機能させ、1台のコントローラーに障害が発生した場合でもユーザーに影響を生じないヒットレス・フェイルオーバーを実現することで信頼性を向上させます。
ビデオはこちら

 

ダウンタイムなしでネットワークをアップグレード

モビリティ・マスターを導入することで、ダウンタイムなしでネットワーク全体を最新OSにアップグレードできます。また、ClientMatchやAirGroupなどの主要サービス機能をOSのアップグレードなしで更新できます。
ライブ・アップグレード・ビデオはこちら

高密度環境でも高パフォーマンスのWi-Fi

Adaptive Radio Management(ARM)はWi-Fiの安定性と予測可能性を最大化します。モビリティ・マスターのAirMatchはARMを進化させたものであり、高密度環境に合わせた最適化を行います。Aruba ClientMatchテクノロジーは、クライアントを最適なアクセス・ポイントに確実にアソシエートすることでWi-Fiのパフォーマンスを向上させます。
AirMatchの詳細はこちら
ClientMatchの詳細はこちら

 
 

複数テナントを備えたアクセス・ポイント

Aruba MultiZoneを使用することで、1つのアクセス・ポイントから複数の異なるセキュアなネットワークを運用できます。データのプライバシー、分離、ネットワーク・セキュリティが重視される環境にポリシーを簡単に実装できるため、この機能は政府機関、空港、小売店、大学キャンパスで特に便利です。
MultiZoneの詳細はこちら

ネットワーク上のアプリに関するインサイトの獲得

Aruba AppRFテクノロジーはディープ・パケット・インスペクションによってArubaOS 8のカスタム・アプリを含むアプリケーションを識別して優先順位を付け、新たなレベルの品質とセキュリティを提供します。
AppRFの詳細はこちら

求められるすべてのインサイトを提供し、開発者に対応

Arubaモビリティ・マスターは、ユーザー、デバイス、アプリのコンテキストとインフラストラクチャ・サービスへのアクセスをREST APIを介してリアルタイムに提供します。お客様とパートナーは、モビリティ・マスターとサードパーティ製システムを簡単に統合し、ネットワークの管理と監視を合理化できます。
エコシステム・パートナーはこちら