Aruba AirWaveネットワーク管理

有線・無線ネットワークを細かく可視化できるAirWaveは、モバイル・デバイスとアプリを念頭に設計された唯一の管理プラットフォームです。接続しているすべてのものに関してその状態とパフォーマンスをプロアクティブに監視できるため、ITはデジタル・ワークプレイスのサポートに必要な分析結果を得ることができます。

 

接続の問題を事前に解決

新しいAruba Clarityモジュールにより、AirWaveはRF以外の重要な指標をプロアクティブに監視します。RF以外の重要な指標とは、モバイル・デバイスがWi-Fiラジオのアソシエート、RADIUSサーバーによる認証、DHCPによるIPアドレスの収集、DNSサービスによる名前解決に要する時間を指します。カスタム・アラート通知機能とクライアントのシミュレーション・テスト機能を備えたClarityを使用すると、今後発生しうるパフォーマンス上の問題に備えてプロアクティブな措置をとることができます。
詳細はこちら

AirWaveを使用すると、クライアント動作の監視やアプリケーションのプロアクティブなトラブルシューティング、さらにキャパシティ・プランニングを行うことができます。

 

モバイル・アプリの内部をすべて可視化

Aruba AppRFを搭載したAirWaveは、モバイル・アプリとWebアプリのパフォーマンスと使用状況を詳しく可視化することができます。評価レポートを基に、高リスクのサイトに迅速に対処し、アプリのカテゴリごとにWi-Fi使用率を管理することができます。また、ユーザー・ロール、デバイス・タイプ、場所ごとに分析結果が出力されるため、基幹業務アプリを保護するための迅速な判断を下すことができます。
AppRFとAirWaveの事例はこちら

Wi-Fiカバレッジをオンデマンドで監視

AirWaveのVisualRFでは、Wi-Fiカバレッジ・データを経時的に取得できます。そのため、無線ネットワークのエンジニアは、RFヒート・マップを24時間記録し、再生することができます。さらにVisualRFでは、モバイル・アプリとWebアプリの使用率、モバイル・デバイスのパフォーマンス、モバイルUCの音声・動画の品質などを、場所ごとに視覚的に分析することができます。
レビューはこちら

 
 

マルチベンダー・ネットワークの管理をシンプルに

アクセス・インフラストラクチャ全体を細かく可視化し、あらゆるベンダーの複数世代の製品で構成された有線および無線ネットワークを管理しましょう。コントローラーレスからコントローラー管理型まで、さらにレガシーWi-Fiから最新の802.11ac WLANまで、さまざまな製品を管理できます。
AirWaveの詳細はこちら

Airheadsコミュニティへ

コミュニティに関する議論

有線アクセスと無線アクセスの統合

詳細はこちら