Multi-Gigabit Ethernet

HPE Smart Rate Multi-Gigabit Ethernetテクノロジーは、キャンパスの既存配線を使用して超高速接続とPoE給電を実現することにより、802.11ac Wave 2、さらにはその先への歩みを進めています。

 

将来の有線インフラストラクチャに対応

モバイル・デバイスとIoTデバイスの急増により、企業の有線ネットワークでは、より高キャパシティの無線テクノロジーの処理が求められています。Aruba 3810スイッチと5400Rスイッチに搭載されたHPE Smart Rateは、データ・レートを引き上げると同時に、将来に対応したネットワーク・インフラストラクチャを求めるユーザーの投資を保護します。
Arubaのスイッチをチェック

Wi-Fi速度を大幅にアップ

Arubaの新製品330シリーズAPは、HPE Smart Rateポート・アップリンクを搭載し、高密度環境に優れたパフォーマンスを提供します。さらに、マルチユーザーMIMO (MU-MIMO)と4空間ストリーム(4SS)をサポートします。また、ClientMatchテクノロジーがすべてのデバイスを常に最高速度で接続するため、ネットワーク・キャパシティが増え、ネットワーク効率が向上します。
330シリーズの紹介

 
 

Multi-Gigabit Ethernetがなぜ重要か?

デジタル・ワークプレイスにより、キャンパス・ネットワークでの需要が急速に拡大しています。802.11ac Wave 2の出現により無線のパフォーマンスは大幅に向上していますが、今度は有線ネットワーク側で負担を和らげる機能が必要になってきました。HPE Smart Rateは既存の配線を活用して高速化と給電を行うため、時間とコストを節約しながらこの状況に対応することができます。
ソリューションの概要はこちら

企業がこぞって802.11acを展開する理由は?

さあ、準備を始めましょう。現在、802.11ac認定を受けているモバイル・デバイスは1,000種以上。これらのデバイスが今後、御社のワークプレイスに登場します。802.11acデバイスの流入に備え、企業はネットワークへの対応を急いでいます。
802.11ac対応度チェックリストはこちら

 
 

デジタル・ワークプレイスがあなたのすぐそばに

コラボレーション型のワークプレイスの増加、モバイル・デバイスとIoTデバイスの急増、モバイルによる業務スピードのアップ、百万ドル単位の問題を生み出しかねない#GenMobileワーカーの登場。御社のITインフラストラクチャは、このような事態に備えていますか?将来に備えたネットワークを構築するArubaのモバイルファースト・アプローチをご覧ください。
デジタル・ワークプレイスの事例はこちら

詳しくはこちらまで

お問い合わせ