規制遵守

統合無線セキュリティ・コントロールによってコンプライアンスを達成

企業は、増え続ける規制要件や自社のITセキュリティポリシーに対応するために、ITアプリケーションとインフラストラクチャを保護する必要があります。 こうした複雑な要件に対応するには、無線LAN(WLAN)のセキュリティを確保する効果的な方法が必要となります。

Aruba WLANのアーキテクチャには、現代の厳しいセキュリティ要件に対応する、複数のレベルの保護機能が組み込まれています。 企業はアルバ製品を導入することで、よりシンプルかつコスト効率に優れた方法でセキュリティ・コンプライアンスを達成できます。

次のようにさまざまな分野の企業が、セキュリティ規定を遵守する必要があります。

  • 小売業/流通

    Payment Card Industry Data Security Standards(PCI DSS)(ペイメントカード業界データセキュリティ基準)は、クレジットカードやデビットカードを保存、伝送、処理するあらゆる組織に適用されます。 PCIでは、WLANが使用されていない場合であっても、無線トラフィックの定期的なスキャンが要求されます。 アルバの統合無線侵入防御機能は、グローバルにPCI要件を満たすことのできる、最もコスト効率の高い手段です。 詳細はこちら

  • 病院/医療機関

    Heath Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)、Health Information Technology for Economic and Clinical Health(HITECH)(経済的および臨床的健全性のための医療情報技術に関する法律)、ISO/IEC 27002規格およびベストプラクティスでは、個人の電子健康情報を保護するためのネットワーク・セキュリティ要件が定められています。 病院/医療機関はアルバの統合ロールベース・ファイアウォール、無線侵入防御、およびログイン機能を用いて、こうした要件に対応できます。 詳細はこちら

  • 政府/行政機関

    WLANの導入前には、各国および国際的な行政機関によって定義されたFederal Information Processing Standard(FIPS)(連邦情報処理標準)、CESG Manual Y、Common Criteria、およびDoD Directive 8100.2に対応する必要があります。 Aruba 802.11n WLANには、こうした要件に包括的に対応するセキュリティ機能および認定が組み込まれています。 詳細はこちら

  • 公開企業

    Sarbanes-Oxley Act(サーベンスオクスリー法)には、公開企業でのWLANやセキュリティの監査方法を規定する複数のセキュリティ基準が含まれています。 アルバの統合ロールベース・ファイアウォール、無線侵入防御機能、AirWave管理システムは、こうした要件に対応する効果的なツールとして機能します。 詳細はこちら