ネットワークの複雑さ、パフォーマンス、コストの問題を解決する

エッジを自動化、統合、保護する業界初の AI 応用クラウドネイティブ・プラットフォームをご覧ください。

Atmosphere ’21 に参加できませんでしたか?

分散された従業員。増加する IoT デバイス。複雑なオペレーション。 Array Array

従来のネットワークは、データ成長、接続デバイス、エッジ・コンピューティングを考慮した設計ではありません。新しいアプローチの導入が求められます。オペレーションを合理化し、面倒な作業を自動化し、エンドユーザーを満足させるエクスペリエンスを提供。

トラブルシューティング

手作業によるシステムで扱うにはすでにデータが多すぎ、IT は接続性の問題を特定して診断するために労働時間の 70%を割いています。

セキュリティ

組織はスピードを求めますが、リモートワーカーの保護と増え続ける IoT デバイスのセキュリティの監視には時間がかかります。

管理

複数のサイロ型管理ツールにより、複雑さとリスクは増加しています。有線、無線、WAN ネットワークの管理を単一のクラウドネイティブ・プラットフォームに集約することで、リモート、ブランチ、キャンパス、およびデータセンターの接続を統合できます。

予算

特にこのような厳しい時代には、リソースや予算は縮小しているにもかかわらず、ビジネスへの期待は高まっています。

最も大きな懸念は何でしょうか?

レガシーネットワーク、複雑な管理、増加する費用です。

より多くのワーカーがリモートになっています。IoT 接続のデバイスが急速に増えています。そしてクラウドやデータセンターでホストされるサービスには常にセキュアな接続を提供できることが求められます。この広く分散されたエッジ環境をサポートするにはどうすれば良いでしょうか?

ネットワークをアフターコロナの世界に対応させる

組織は、新しい IoT やクラウド・サービスを導入し、スペースの最大化、プロセスの合理化、アジリティの向上に努めていますが、これらのテクノロジーにより、ネットワークや新しいデバイス、アプリ、データに課題が生まれ、従来のインフラストラクチャやオペレーションでは対処しきれません。Aruba のウェビナーに参加して実用的な対応手順をご覧ください。

昨日のネットワークでは今日の需要に対処できません。

ネットワークは、新しいデジタル体験を顧客、従業員、ゲストに提供する中心的役割を担い続けますが、より複雑になるネットワーク、劣化するハードウェア、上昇する TCO は、ビジネス成果を阻害します。そこで Aruba が役立ちます。

Aruba Central でクラウド的なアジリティをネットワークに実現

オペレーションを合理化し、面倒な作業を自動化し、エンドユーザーを満足させるエクスペリエンスを提供。
Icon for AIOps

単一の管理ポイント

単一のクラウドネイティブのダッシュボードからネットワークをプロビジョニング、構成、維持します。Aruba Central は、ブランチからデータセンター、有線/無線 LAN、WAN にいたるまで、ネットワーク全体にエンドツーエンドのオーケストレーションと自動化を提供します。

Icon for contact tracing

強力な AIOps

ユーザーが気づく前に問題を特定して解決します。AI 応用インサイト、アラート、トラブルシューティングにより、IT チームは最大 90% 早く問題を解決し、設定を簡単に調整できるため、ネットワークは最高レベルでビジネスを稼働させることができます。

Icon for application access

セキュリティを強化し、複雑さを軽減

静的な VLAN および ACL に代えて、ポリシーベースの自動化、高度な脅威インテリジェンス、AI ベースのプロファイリングを導入することにより、ユーザーとネットワークを保護します。接続の方法や場所を問わず、ユーザーに信頼性の高いセキュアなアクセスを提供します。

Icon for flexible options

自由な導入と活用

クラウドやオンプレミスで、またはマネージド・サービスとして導入でき、シンプルなサブスクリプションと柔軟なお支払いにより、予算に合わせて技術的要件や従業員要件に簡単に対応できます。

最新情報

Mobility Field Day 6

7 月 14 日開催の Mobility Field Day ライブ配信にご参加ください。業界のインフルエンサーや Aruba 製品開発チームによる、業界初のエンタープライズグレードの Wi-Fi 6E ソリューション、Aruba 630 シリーズなどの最新の Wi-Fi 6E テクノロジーをご紹介します。

Aruba エッジ・ツー・クラウド・セキュリティ

企業のアーキテクチャは変化しています。ユーザーは、オフィス勤務、在宅での勤務または学習など、さまざまな場所に点在し、またアプリケーションもさまざまな場所で使用されています。これらのエッジ拠点でクラウドやアプリケーションにセキュアかつシームレスに接続するにはどうすれば良いでしょうか?

エンタープライズグレードの Wi‑Fi 6E ソリューションの登場

Aruba Wi-Fi 6E ソリューションは、Wi-Fi 6 機能を 6 GHz 帯に拡大します。これによりキャパシティは向上し、幅広いチャンネルが利用できるようになり、干渉が軽減されます。

Dropbox logo

「一元的な視覚化と管理が鍵となり、ネットワークの全体的な健全性を 1 か所で確認できるようになりました」

Dropbox コーポレート・ネットワーク・チーム、アンドリュー・ブレイユ氏

KEMET logo

「Aruba と Aruba Central により、当社のインフラストラクチャは、世界中にスムーズかつシームレスに拡大できます。全体的に、まだ簡単な使い方しかしていません。今後さらに活用して、当社のネットワーキング・プラットフォームを一つ上のレベルへと高めるのが楽しみです。」

KEMET Electronics Corporation グローバル IT インフラストラクチャ ディレクター、ジョージ・ウルタド氏

「日々変化する教育と学習において、セキュアかつセルフ管理型の Aruba の有線/無線ネットワーキング・インフラストラクチャにより、生徒に最高のデジタル環境を提供でき、将来的な変化にも備えることができます。」

Vestavia Hills City Schools、テクノロジー・ディレクター、キース・プライス氏

革新的なマルチエージェンシー、Wi-Fi Bus による「概念の実証」では、Aruba の SD-Branch ゲートウェイ、Wi-Fi、Central を使用して、サービスが十分に提供されていないコミュニティに接続を提供しています。

さあ、始めましょう