つながりを作る。どこででも。

Aruba の 20 年の歴史は、発想を転換するためのビジョンを特徴とする歴史でした。それにより、画期的なテクノロジーが生まれましたが、私たちのミッションは変わらずただひとつ、ビジネスと世界を動かすつながりを創造することです。それはやっと始まったばかりです。

Gartner によると、ハイブリッド・ワークについて考え直すことが必要です。

分散された従業員。増加する IoT デバイス。複雑なオペレーション。

従来のネットワークは、データ成長、接続デバイス、エッジ・コンピューティングを考慮した設計ではありません。新しいアプローチの導入が求められます。

トラブルシューティングの自動化

手作業によるシステムで扱うにはすでにデータが多すぎ、IT は接続性の問題を特定して診断するために労働時間の 70%を割いています。

セキュア

モビリティ、IoT、リモート・ワーカーによりネットワーク・セキュリティの課題が生まれています。ゼロトラストと SASE フレームワークのビルトインの基盤により完全な可視化、制御、エンフォースメントが実現できます。

管理

複数のサイロ型管理ツールにより、複雑さとリスクは増加しています。有線、無線、WAN ネットワークの管理を単一のクラウドネイティブ・プラットフォームに集約することで、リモート、ブランチ、キャンパス、およびデータセンターの接続を統合できます。

NaaS の詳細はこちら

ビジネスやネットワークの変化する要件への対応はかつてないほど困難になっています。HPE GreenLake for Aruba NaaS がビジネス成果を加速させるためにどのように役立つかご覧ください。

最も重要なものをどこからでも接続

昨日のネットワークでは今日の需要に対処できません。

コロナ禍により、ネットワークの刷新計画を保留にした後、IT リーダーは、「どこにいても仕事ができる」環境をサポートし、ネットワークを未来に対応させるために、先進化の取り組みを見直しています。

準備が整ったネットワークで従業員を迎える

HPE は先日、本社をテキサス州ヒューストンの先進的なオフィス空間に移しました。新たな「オフィス回帰」トレンドを紹介するウェビナーにご参加ください。HPE が革新的なネットワーク・テクノロジーを使用してどのように見事に復帰する従業員を迎えているかご覧ください。

アジャイルなネットワーキングを導入する

Aruba NaaS モデルにより、ネットワークの先進化ニーズに応じて、多額の設備投資を行う必要なく、ソリューション、調達、オペレーションの最適な組み合わせを活用することができます。

Aruba Central でクラウド的なアジリティをネットワークに実現

オペレーションを合理化し、面倒な作業を自動化し、エンドユーザーを満足させるエクスペリエンスを提供。

単一の管理ポイント

単一のクラウドネイティブのダッシュボードからネットワークをプロビジョニング、構成、維持します。Aruba Central は、ブランチからデータセンター、有線/無線 LAN、WAN にいたるまで、ネットワーク全体にエンド・ツー・エンドのオーケストレーションと自動化を提供します。

強力な AIOps

ユーザーが気づく前に問題を特定して解決します。AI 応用インサイト、アラート、トラブルシューティングにより、IT チームは最大 90% 早く問題を解決し、設定を簡単に調整できるため、ネットワークは最高レベルでビジネスを稼働させることができます。

セキュリティを強化し、複雑さを軽減

静的な VLAN および ACL に代えて、ポリシーベースの自動化、高度な脅威インテリジェンス、AI ベースのプロファイリングを導入することにより、ユーザーとネットワークを保護します。接続の方法や場所を問わず、ユーザーに信頼性の高いセキュアなアクセスを提供します。

自由な導入と活用

クラウドやオンプレミスで、またはマネージド・サービスとして導入でき、シンプルなサブスクリプションと柔軟なお支払いにより、予算に合わせて技術的要件や従業員要件に簡単に対応できます。

最新情報

Wi-Fi 6 / 6E にアップグレードする理由

今日のネットワーク・キャパシティを倍増させる次世代の AP やゲートウェイを導入できます。拡張性にも優れ、トラフィック、ユーザー、デバイスにおける将来的な成長もサポートします。 

NaaS とは

この 2 分ビデオ シリーズで NaaS について知っておくべき情報をご確認ください。ネットワークの投資とデリバリにおいて NaaS でどのように現状に対処できるかご覧ください。

Aruba によるサステナビリティへのコミットメント

Aruba によるサステナビリティへのコミットメントは、ビジネス・プラクティス、そして地球とのかかわり方の再構築に取り組む私たちの未来にとって、ますます重要になっています。

「当グループのネットワークは、電子センサーとコントロールの豊富な、大規模な公共施設の中枢システムとして機能しています。」と、テキサス・レンジャーズ IT ヴァイス・プレジデント、マイケル・ブロック氏は述べています。「Aruba のソリューションにより、活気ある施設を開発しながら、インテリジェントな自動化ネットワーキング・インフラストラクチャを提供することにより IT やバックオフィスのオーバーヘッドを最小化できます。」

米国の大型ディスカウント・スーパーマーケット チェーンの一社である、Save A Lot は、Aruba ESP ベースのネットワークを導入し、組織全体でテクノロジー変革イニシアチブをサポートしています。セントルイス (ミズーリ州) の本社、13 の卸売流通センター、1,000 近くの小売店舗で Aruba インフラストラクチャを展開することにより、 Save A Lot は、よりモダンなモバイルファースト、クラウドファーストの環境を実現します。

Circa は、サービス業向けアプリケーションにレイヤーを構築できる、包括的な Aruba ESP ベースの有線/無線ネットワーキング・ソリューションを導入することにより、優れたゲスト・エクスペリエンスを提供し、収益向上と総合的な成果達成を目指しています。777 の客室、35 階建て 125 万平方フィートの施設は、唯一無二のアメニティを揃えており、思い出に残るラスベガスの雰囲気が楽しめます。

「昨年、当社チームは国中をまわって、社のネットワーキング環境全体を刷新しました。Aruba Central を導入し、3 名のチーム・メンバーをトレーニングしました。メンバーはその後、自身の拠点を離れる必要もなく、迅速かつセキュアに構成を展開することができました。Aruba Central により、ネットワーク機能を最大化しながらも経費を最小限に抑えることができます。」

ブランネン・テイラー氏 (LendingTree のネットワーク・マネージャー)

さあ、始めましょう