ご来場いただき、誠に有難うございました。
2020年のAtmosphereでまたお会いしましょう!

Atmosphere でお待ちしております

2019年9月24日~26日まで、シドニー国際会議場で開催されたArubaのアジア太平洋地域のプレミア・イベントは、おかげ様で大盛況のうちに閉幕しました。今回は1,200人を超えるお客様にご来場いただき、実りある会となりました。ご参加いただいた皆様、およびスポンサー企業の方々に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

グローバルや各リージョンから集まったArubaの代表と主要なパートナー様が、共にシドニーにて最新のネットワーク製品を披露し、テクニカル・トレーニングをご参加いただいた皆様に提供しました。

Atmosphere 2019 APACは、ワークショップや分科会のようなセッションが多く、昨年よりもさらに有意義で大規模なイベントとなりました。Arubaから近々発売される新製品についても紹介があり、ご参加いただいた皆様にとって、これからのネットワークの発展について大きな刺激をとなりました。

基調講演

テクニカル基調講演

Day 1ハイライト

Day 2ハイライト

Day 3ハイライト

講演者

キルティ・メルコーテ

Aruba、創業者兼社長

キルティ・メルコーテは、Hewlett Packard Enterprise カンパニーである Aruba の創業者であり、社長を務めています。あらゆる規模の企業にモビリティを提供するというビジョンとともに、Aruba Networks を 2002 年に設立しました。まず最初に取り組んだのは、エンタープライズ規模の無線 LAN を展開するための安全なモビリティ・プラットフォームの構築でした。2007 年の IPO オファリングを通じて Aruba を率い、エンタープライズ・モビリティ・ソリューションのリーディング・プロバイダーとして成長、拡大する上で、戦略的方向性を主導してきました。Aruba の設立以前は、Cisco、Inetal、Shasta Networks などのネットワーキング・スタートアップの製品管理、技術マーケティング、エンジニアリング部門で、指導的役割を担いました。パデュー大学で理学修士(MSEE)、JNTU ハイデラバードで技術学士(ECE)を取得しています。ネットワークと通信の分野で複数の特許を取得しているほか、2009年にはパデュー大学から優秀電気・コンピュータ・エンジニアとして表彰を受けています。また、無線、セキュリティ、データセンター、ソーシャル・ネットワーキング、医療、スポーツ、建設など、さまざまな業界の変革に向けてテクノロジーを応用するシリコンバレーで躍進する複数のスタートアップ企業の、顧問とエンジェル投資家としても活動しています。一部を表示

パーサ・ナラシンハン

Aruba、最高技術責任者(CTO)

パーサ・ナラシンハンは、Hewlett Packard Enterprise カンパニーである Aruba の CTO を務めており、設立当初の 2002 年から在籍しています。Aruba では、エンジニアリング部門で無線製品開発を指揮し、後にエンタープライズ向けネットワーキング部門の CTO となりました。HP による買収後は、Hewlett Packard Enterprise(HPE)でネットワーキング組織の CTO を務めています。現在は、ネットワーキングの技術的展望と戦略を担当するチームを率いており、その範囲はキャンパスとデータセンターの各ネットワークにまたがります。ラトガーズ大学で博士号を取得後、キャリアを通じて複数のネットワーキング・テクノロジー企業に務めた経験があります。IEEE 802.11 と IETF における標準化プロセスに参加しています。一部を表示

登録

2019年9月24~26日
に開催されるAPAC Atmosphereに是非ご参加ください