スピーカー

キルティ・メルコーテ

Aruba 創業者兼ジェネラル・マネージャー

キルティ・メルコーテは、Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyの創業者兼ジェネラル・マネージャーです。 メルコーテは、あらゆる規模の企業にモビリティを提供するというビジョンのもと、2002年にAruba Networksを設立しました。 最初に手掛けたのは、エンタープライズ級の無線LAN導入のためのセキュア・モビリティ・プラットフォームの構築でした。 メルコーテの指揮のもと、Arubaは2007年にIPO(新規株式公開)を果たします。その後も、Arubaがエンタープライズ・モビリティ・ソリューションのリーディング・プロバイダーへと成長するなか、メルコーテは戦略面で舵を取り続けています。 Arubaを設立する以前は、CiscoやIntelのほか、Shasta Networksなどの有力なネットワーク新興企業で製品管理、技術マーケティング、エンジニアリングの部門を率いていました。 メルコーテはインド・ハイデラバードのジャワハーラール・ネルー技術大学で技術学士号を、アメリカのパデュー大学で電気工学修士号を取得しています。 ネットワークと通信の分野で複数の特許を取得しているほか、2009年にはパデュー大学から電気・コンピューター分野の優秀エンジニアとして表彰を受けています。また、無線、セキュリティ、データセンター、ソーシャル・ネットワーキング、医療、スポーツ、建設など、さまざまな業界の変革に向けてテクノロジーを応用しているシリコンバレーの複数の新興企業の顧問およびエンジェル・インベスターとしても活動しています。

パーサ・ナラシンハン

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company、最高技術責任者

パーサ・ナラシムハンは、Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyの最高技術責任者(CTO)です。 ナラシムハンは、2002年のArubaの設立当初からのメンバーです。 エンジニアリング部門で無線製品開発の指揮をとり、その後、エンタープライズ・ネットワーキングのCTOとなりました。 HPによる買収以降は、Hewlett Packard Enterprise(HPE)内のネットワーキング組織でCTOを務めています。 現在は、キャンパス、データセンター両方のネットワークを対象としたネットワーキングのテクノロジー・ビジョンと戦略を担当するチームを率いています。 ラトガース大学で博士号を取得して以来、ナラシムハンは複数のネットワーキング・テクノロジーを担当してきました。 IEEE 802.11とIETFで行われる標準化プロセスにも参加しています。

*

バンコクでお会いしましょう

今登録すれば早期申し込み割引が適用されます!

登録
登録

2018年9月4~6日
に開催されるAPAC Atmosphereに是非ご参加ください