glossary-ai-networking

AIネットワーキングとは

AIネットワーキングは、ITオペレーションのためのAI (AIOps) のWi-Fi、スイッチング、WAN環境への適用を表すために導入された新しい用語です。

AIネットワーキングの解説

ネットワーク担当のITプロフェッショナルの元には、人工知能に関するニュースやアドバイス、ソリューション概要がひっきりなしに届きますが、それらはネットワークの運用に役立つとは限りません。意味を明確にするため、新しい用語が導入されました。
  • AIネットワーキングは、AIOpsのサブセットとして定義され、Day 2ネットワーク運用の管理をより効率的に表すために役立ちます。
  • ネットワークの設計、セットアップ、ネットワークパフォーマンス最適化のための動的なアドバイスに関しては、Day 0とDay 1の機能をサポートします。
  • 要するに、AIOpsは広範囲の情報と運用 (I&O) を対象にするのに対し、AIネットワーキングは有線、無線、SD-WANに関する問題に特化しています。
AI networking, AIOps

AIネットワーキングが必要な理由

AIOpsとそのユースケース、成熟度レベルに関しては、あいまいさが存在します。ベンダーはAI機能によってネットワーク運用の管理を効率化できると宣伝してきましたが、そういった大風呂敷のために実際の価値が見えにくくなる場合があります。ネットワーキングとセキュリティのユースケースでのAIの使用に関して、以下のような点が考慮されます。

  • AIネットワーキングは、ネットワークとセキュリティのユースケースで、AIによる可用性と最適化の改善をITチームが把握するために役立つ可能性があります。
  • AIネットワーキングベースのソリューションへの移行の実例や成果を見ることで、ITチームは、自動化を利用して同じまたはより少ないリソースでより多くの結果を出すことができます。
  • ベンダーは、広範囲のインフラストラクチャ環境を包括する水平型のAIOpsソリューションとの違いをより明確に定義できます。

AIネットワーキングのメリット

ネットワーキングの観点からは、AIOpsについて言われてきたことの多くが、「イネーブルメント」の目的としてAIネットワーキングを採用した場合にも引き続き当てはまります。今後は新しい用語の使用が次第に増えていきますが、これまで紹介された、あるいはロードマップに載っているユースケースの多くは今後も当てはまります。

  • APまたはスイッチのCPUやメモリの故障といったハードウェア障害の確率を判定することで、機能停止を事前に回避すること。
  • 自然言語インターフェイスや目標を絞ったアラートを通じて、推奨されるトラブルシューティングのガイダンスを提供すること。
  • トラブルシューティングやインストール作業などの特定の機能の時間とコストを節約し、サイトへの出張を最小化すること。

AIOpsとAIネットワーキングの比較

 AIOpsAIネットワーキング
用語の誕生

2017年にGartner, Inc.が考案

2023年にGartner, Inc.が考案

一般的定義

自然言語処理や機械学習といったAI機能を応用して、広い意味での運用ワークフローを自動化し、合理化すること。

Day 0からDay 2までのネットワークのトラブルシューティング、最適化、IT管理の効率性に特化。

ネットワークとセキュリティのためのAIの使用

具体的にはなし。AIの利用は、ストレージ運用、インシデント、顧客関係管理といった広い文脈で語られます。

使用します。フルスタックのインプリメンテーションには、Wi-Fi、スイッチング、WAN、セキュリティに関する有益な情報が含まれます。

代表的なプロバイダーの例
  • ServiceNow
  • Broadcom
  • ScienceLogic
  • その他
  • HPE Aruba Networking
  • その他

さあ、始めましょう