マルチクラウドネットワーキング (MCN) とは

マルチクラウドネットワーキングでは、複数のパブリッククラウド環境でネットワークの設計、展開、運用を行えます。MCN製品では、一元管理により、複数のクラウド環境で共通のネットワークポリシー、セキュリティ、ガバナンス、可視性を実現できます。

マルチクラウドは、通常は1つのプロバイダーが提供するプライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境を組み合わせるハイブリッドクラウドとは異なります。マルチクラウドにはプライベート/パブリッククラウドが含まれますが、さまざまなプロバイダーが提供する最適なサービスを利用して、組織固有のニーズに合ったカスタムソリューションを作成できます。

マルチクラウドネットワーキングの概要

マルチクラウドネットワーキング (MCN) は、複数のクラウド内およびクラウド間で分散型ワークロードの接続およびネットワークサービスに必要とされる、自動化されたポリシーベースのネットワークを提供します。ネットワークソフトウェアまたはサービスとして提供されるMCNは、マネージド型かつオンデマンドのセキュアなソリューションであり、柔軟に拡張可能で可用性に優れています。

企業はMCNにより、複数のプライベート/パブリッククラウドリソースとデータセンターの間を移動する、ネットワーク上のデータを制御、保護、管理できます。MCNアーキテクチャーはソフトウェアベースであり、ネットワーク接続における制御性、可視性、セキュリティを確保しながら、異なるITリソースをインテリジェントに接続できます。

マルチクラウドは通常、1つのアーキテクチャーに2つ以上のクラウドサービスが含まれています。つまり、内部アプリケーションはGoogle Cloud Platform、顧客向けアプリケーションはAmazon Web Services (AWS) など、異なるクラウドスタックが異なるタスクに対応します。

マルチクラウドネットワーキングの仕組み

MCNテクノロジーは、複数のプライベートクラウド、データセンター、SaaSプロバイダー、およびパブリッククラウドにわたって、ソフトウェア定義のセキュアな論理ネットワークを構築する機能をクラウドアプリケーションに提供します。MCNソリューションは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、Alibaba Cloud、Oracle Cloudなど、主要なパブリッククラウドプロバイダーにも広がっています。

MCNソリューションには、異なるクラウド間のネットワークを簡素化するローコード最適化が含まれており、接続されていないクラウドAPIとクラウド向けネットワーク構成の複雑さ、運用負荷、関連コストを軽減します。また、MCNソリューションにより、クラウド内およびクラウド間のネットワークパフォーマンスを最適化できます。

単一のクラウドプロバイダーを利用すると、アプリケーションの移行が複雑になり、コストもかかることでベンダーロックインが生じる場合があります。MCNを利用すれば、ベンダーロックインと複雑化を回避し、次の3つの方法でインフラストラクチャの自律を実現できます。

  1. MCNでは、異なるワークロードに複数のベンダーを使用できるため、1つのベンダーが値上げした場合や障害が発生した場合、簡単に低コストで別のベンダーに切り替えることができます。
  2. MCNは、データを異なる場所に保存してアクセスできるベンダーを制限することで、データの制御性を強化します。それによって機密データを、ハッカーの攻撃を受けやすいパブリッククラウドから隔離できます。
  3. MCNでは、ビジネスニーズに合わせてインフラストラクチャを簡単にカスタマイズできます。複数のベンダーを利用していると、単一ベンダーのソリューションを強制的に使用するのではなく、要件に合わせて最適なソリューションを選択できます。

マルチクラウドネットワーキング

マルチクラウドネットワーキングのメリット

  • 単一のパブリッククラウドプロバイダーではなく、複数のクラウドにデータとアプリケーションを分散させることで、災害によるビジネスリスクを軽減できます。
  • 組織は、各クラウドプラットフォームに固有の機能を活用して、各プラットフォームの強み (優れた拡張性、コスト削減など) を生かすことでROIを最大化できます。
  • 柔軟性とアジリティが向上し、企業は、アプリケーションの要件に応じてインフラストラクチャをカスタマイズすることで、ニーズの変化にも簡単かつ迅速に対応できます。

マルチクラウドネットワーキングのユースケース

ネットワーキングのニーズ増大につながる、3つの一般的なMCNユースケースは次のとおりです。

  • サイロ化されたアプリケーション
    現在、マルチクラウドネットワーキングの最も一般的な導入例は、異なるIaaSプロバイダーでホストされたアプリケーションがサイロ化しているケースです。MCNでは、アプリケーションごとに最もコスト効率に優れたオプションを複数のベンダーから選択できます。ただし、この方法では、複数のコンソールのログインと構成を維持するためにクラウドインフラストラクチャITの専門知識が必要となり、IT管理が複雑化する場合があります。
  • ディザスタリカバリ (DR)
    DRが重要なユースケースとなっているのは、1つ目のクラウドで障害が発生した場合に、プライマリクラウドで実行しているアプリケーションをセカンダリクラウドに移行できるからです。この冗長性によってアップタイムが向上しますが、維持コストは高くなる場合があります。
  • ワークロードモビリティ
    MCNでは、ワークロードを2番目のクラウドプロバイダーに移行するようにDRを自動化し、障害が発生した場合にのみ有効にすることができます。ワークロードモビリティとは、異なるクラウド環境間でワークロード (アプリケーションを構成するコンピューティングタスク) を移動できることをいいます。MCNでは、クラウドネットワーキングポリシーが設定済みのオーケストレーションコンソールを使用して、ITスタッフがワークロードを1つのクラウドプロバイダーから別のクラウドプロバイダーへと簡単に移行できます。

HPE Aruba Networkingによるマルチクラウドネットワーキングソリューションの構築

当初、SD-WANの利用は、ブランチ拠点から出ていくアプリケーションに限定されていました。ブランチ拠点とクラウドサービス、または企業ネットワークをより効率的に、コスト効率よく接続する手段として考案されたSD-WANは、エッジにおいてより効率的なルーターとなります。ここ数年でエンタープライズSD-WANの要件が変わり、ブランチとクラウドの直接接続も含まれるようになりました。

SD-WANが、クラウドへの直接接続によってMCNをサポートすることで、クラウドのラストマイルに至るまで、アプリケーションのインテリジェンス、可視性、制御性などの機能を拡張できます。ここ数年は、パブリッククラウドプロバイダーのインフラストラクチャ内での仮想SD-WANアプライアンスの展開により、SD-WANがクラウドにまで拡張されるなかで、こうした機能が拡大してきました。

Aruba EdgeConnect SD-WANプラットフォームがマルチクラウドネットワーキングをサポートする仕組み

HPE Aruba Networkingは、マルチクラウドネットワーキングを追加することで、独自のSD-WANプラットフォームであるAruba EdgeConnectの当初の役割を拡大しました。たとえば、EdgeConnect仮想アプライアンスのクラウド環境への展開により、お客様が各種クラウドサービス (Alibaba Cloud、Amazon、Google Cloud、Microsoft Azure、Oracleの「ビッグ5」を含む) にオーバーレイネットワークを構築できるようにしました。EdgeConnect SD-WANマルチクラウドプラットフォームはグローバルSD-WANファブリックをサポートしているため、ユーザーは、複数のクラウド間であらゆるEdgeConnect SD-WAN対応エッジ拠点からアプリケーションに相互接続し、ファブリック全体でエンドツーエンドのアプリケーションパフォーマンスを確保できます。お客様は、HPE Aruba NetworkingのオーバーレイSD-WANファブリックを使用して複数のクラウドネットワークを接続することで、スケーラブルなグローバルマルチクラウドネットワークを即座に構築できます。

また、SD-WANマルチクラウドネットワーキングは、アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を利用して、SD-WANプラットフォームからのクラウドアプリケーションワークロードの自動オーケストレーションおよび可視化を実現しています。EdgeConnect SD-WANは、AWS CloudWANMicrosoft Virtual WAN (vWAN)Google Network Connectivity Centerなどの主要なパブリッククラウドプロバイダーのバックボーン、およびEquinix、Megaport、Alkiraなどの中間のクラウド接続サービスと統合されています。

Aruba EdgeConnectのマルチクラウドネットワーキング
Aruba EdgeConnectのマルチクラウドネットワーキングによる柔軟でセキュアなSD-WANクラウド接続

さあ、始めましょう