マルチギガビット Ethernet とは

マルチギガビット Ethernet の概要

マルチギガビット Ethernet は、既存配線を使用して超高速パフォーマンスと PoE サポートを実現することにより、高速の Wi-Fi 5 および Wi-Fi 6 アクセス・ポイントの基盤を築いています。

マルチギガビット Eithernet を使用すると、既存の CAT5e や CAT6 のツイスト・ペア・ケーブルを利用できるため、新しい配線インフラにかかる費用がかからず、複雑さが軽減されます。

マルチギガビット Ethernet が重要である理由

今日のスマート・デジタル・ワークプレイスでは、キャンパス・ネットワークへの要求が非常に厳しくなっています。マルチギガビット Ethernet (IEEE 802.3bz 規格) は、2.5GbE と 5GbE の PoE 給電速度を提供し、既存のケーブルを使用して時間とコストを節減し、この問題を解決します。

急増するスマートフォン、タブレット、IoT デバイスの使用、そして無線ネットワーク上を移動する高帯域ワークロードの要求を満たすためには、ネットワーク・インフラを進化させることが要求されます。この変革により、企業は WLAN インフラをアップグレードして、増加するトラフィック、パフォーマンス、セキュリティの要件に対応しなければなりません。無線アクセスに依存するモバイル・デバイスや IoT デバイス数の増加にともない、ネットワークはキャパシティのニーズ、そしてさまざまなデバイス、アプリケーション、サービスが混在する環境に対応する能力を備えている必要があります。

現在、世界中でデプロイされている Ethernet ケーブルのほとんどは 100m で 1Gbps に制限されています。これまでは、帯域幅を追加するためには、新たな配線という大きな投資を行う必要がありました。

マルチギガビット Ethernet のメリット

  • 最新のアクセス・ポイントや IoT デバイスに必要な速度を追加する。
  • 既存の配線を使用するため、既存の配線インフラを全面的に撤去して新しいインフラに交換する必要がない。
  • PoE (Power over Ethernet) 規格に対応し、AP やセキュリティ・カメラ、その他のデバイスへの電源供給が可能。
  • IEEE 802.11ax AP ではネットワーク容量が 4 倍に増え、1 ギガバイト以上の速度が要求される。

HPE Smart Rate マルチギガビット Ethernet とは

HPE Smart Rate テクノロジーは、業界標準の IEEE 802.3bz に対応し、既存のツイスト・ペア・ケーブルを全面的に撤去して交換せずにトラフィックのボトルネックを解消します。既存の配線インフラを活用することで、今までの投資を保護し、より高速なソリューションへのアップグレードをシンプルに行えます。

  • Smart Rate は、既存の配線インフラから 2.5 ~ 10 倍の帯域幅を得ることができますが、高価で煩雑なケーブルのアップグレードは不要です。
  • Smart Rate マルチギガ・スイッチ・ポートは、2.5GbE と 5GbE の速度に対応しています。一部のスイッチは 100Mbps、1GbE、10GbE にも対応しています。(製品のデータシートをご覧ください。)
  • 高出力の IEEE 802.3bt スイッチを使用した場合、Smart Rate スイッチ・ポートからは、ポートの速度にかかわらず、最大 60W の PoE を得られます。Smart Rate は、ツイスト・ペア構造の配線を介して給電および受電するメカニズムを採用しており、IEEE 802.3bt と IEEE 802.3at の PoE 仕様に完全に対応しています。
  • Smart Rate スイッチング・ポートは、自動ネゴシエーション機能を備えており、配線の構成に応じて Ethernet リンクが最高速度を得られるようになっています。
  • Aruba の 510 シリーズ 802.11ax アクセス・ポイントには、HPE Smart Rate ポートが内蔵されており、アプリケーションの高密度化や多様化が課題となる環境で、モバイル・デバイスや IoT デバイスが高パフォーマンスの Wi-Fi を利用できるようになります。

Smart Rate が速度を上げる仕組みはこちら

さあ、始めましょう

フィードバック