インテリジェント・エッジとは

インテリジェント・エッジとは

「エッジ」とは、人やデバイス、IoT がネットワーク・エッジにつながる場所です。

インテリジェント・エッジは、最新の IT インフラを活用して、このようなエッジの活動やデータを実践的なインサイトに変換し、業績の向上、業務の最適化、製品やエクスペリエンスの強化を実現します。

Robot stocking the shelves at a warehouse

インテリジェント・エッジが重要である理由

モバイルとクラウドの時代のメリットを糧に拡大が続いた先に次の大きなシフトが起こり、データとインサイトの時代が到来しています。ユーザー、デバイス、IoT からの大量のエッジ・データを収集し、分析し、AI と自動化を使ってアクションをとることで、ビジネス・インテリジェンス、オペレーション、成果が向上します。

従来、企業のネットワークは、従業員をデータ、アプリケーション、サービスに接続していました。今、ネットワークは、特に IoT に由来するデータ、トラフィック、ソースの量、速度、種類の増加を管理し、活用する必要があります。

新たなビジネス成果は、何十億もの IoT デバイスやアプリケーションに由来するすべてのデータを中央のデータセンターやクラウドに送信するのではなく、エッジでリアルタイムまたはほぼリアルタイムでデータを活用するコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、アプリケーションを組み合わせることで生まれています。しかも、クラウドとのセキュアで信頼性の高い接続性は維持されます。

エッジ・ネットワークのパフォーマンスと価値を最大限に引き出すには、最新のインフラ、セキュリティ、分析、ツールが不可欠です。

Aruba ESP がインテリジェント・エッジにどのように役立つか

Aruba ESP (エッジ・サービス・プラットフォーム) は、エッジを自動化、統合、保護する業界初の AI 応用クラウドネイティブ・プラットフォームです。Aruba ESP を使用するアーキテクチャには以下の利点があります。

  • 統一: 全ドメインのコンテキスト、可視性、制御を難なく効率的に手に入れることができます。Aruba の統合インフラストラクチャは、キャンパス、ブランチ、リモート・ワーカー、データセンターの拠点において WLAN、LAN、SD-WAN をクラウドネイティブの単一画面で管理することにより、IT と IoT のオペレーションを簡素化し、改善します。
  • AI 主導型かつ自動: Wi-Fi、有線、SD-WAN の環境を Aruba AIOps で自動的に監視して修正します。15 億のデータ・ポイントから日々収集し得られる実践的なインサイトで、問題がユーザーに影響を及ぼす前に予測して対処すること、問題解決までの平均時間を最大 90% 短縮すること、またネットワーク容量を 25% 増加させることができます。
  • セキュア: ネットワークの複雑さを増すことなく保護を強化します。Aruba ESP はエッジ・ツー・クラウドのセキュリティを備え、ゼロトラストと SASE のフレームワーク用基盤を内蔵しています。このため、分散型で IoT 密度の高いネットワーク・インフラの要件に応えるための、可視性、制御、ポリシー適用にまたがる総合的な機能をすべて備えています。
  • 柔軟な aaS とファイナンスのオプション: 急速に変化するビジネス要件に対応し、厳しい予算を管理し、最新のネットワーク・テクノロジーを簡単にデプロイできます。Aruba のインフラはサービスとして提供されます。柔軟なファイナンス・オプションは、aaS と組み合わせて、または単独でご利用いただけます。
Aruba エッジ・サービス・プラットフォーム (ESP) アーキテクチャ

さあ、始めましょう

フィードバック