Wi-Fi 6E とは?

6 GHz: Wi-Fi を 6 GHz 帯に拡張

Wi-Fi 6E は、OFDMA、WPA3、ターゲット起動時間 (TWT) などの Wi-Fi 6 からの効率向上機能を引き継ぎ、これらを 6 GHz 帯に拡張し、途切れや干渉を抑えた信号を提供します。Wi-Fi 6E により、企業は、高精度動画などのマルチギガビット速度が求められる新しいユースケースをサポートできます。
Young people working on laptops at a sunny café

Wi-Fi 6E の仕組みは?

今日の Wi-Fi は、2.4GHz および 5GHz の 2 つの帯域を使用しています。Wi-Fi 6E は、3 つ目の帯域、6 GHz を使用します。Wi-Fi 6E は、Wi-Fi 6 と同じ機能を 6 GHz に拡張し、効率、スループット、セキュリティを向上させます。

Wi-Fi 6E を選ぶ理由

  • 6 GHz 帯ではキャパシティが向上するため、接続と混雑の問題を解決できます。
  • 最大 160 MHz の幅広いチャンネルが利用でき、高精細動画や VR に最適です。
  • 6E 対応デバイスのみがこの帯域を使用できるため、電子レンジなどによる干渉はありません。

どのような種類のデバイスが Wi-Fi 6E をサポートしていますか?

  • 標準消費電力 (SP) AP: 屋内外のオペレーションをサポートする標準消費電力 AP は、自動周波数調整 (AFC) により調整され、公共の安全や携帯電話回線のバックホール、マイクロ波中継装置、衛星サービス、テレビ・ブロードバンド・サービスといった現行サービスの干渉から 6Ghz Wi-Fi を保護します。
  • 低消費電力 (LPI) AP: この固定屋内専用クラスは、低消費電力で、AFC を必要としません。企業の屋内導入で使用される LPI AP は、今日の Wi-Fi 6 AP と同じカバレッジをサポートし、今日の 5 Ghz 無線と同様の 6 Ghz カバレッジを提供することが計画されています。
  • 超低消費電力 (VLP) AP: VLP は、小規模のセルカバレッジ、ホットスポットなどのユースケース向けのモバイル・クライアントによる屋内外のモバイル使用を提供します。

これら 3 台のデバイス・クラスの使用は、地域や規制上の許可により変わります。

6 GHz 対応のクライアント・デバイス (Wi-Fi 6E デバイス) の状況は?

デバイスが 6 GHz 帯を利用できるにようになるにはまず、この帯域をサポートするチップセットが必要です。いくつもの企業がチップセットを発表しており、さらにハイエンドのゲーミングフォンは、Wi-Fi 6E サポートと共に市場に参入しています。Wi-Fi Alliance は、Wi-Fi 6E の認定プログラムを立ち上げ、6E 対応製品リストを設けています。これは、Wi-Fi 6E がマスマーケット参入に対応していることを意味します。

Wi-Fi 6E ベンダーはどのように選べばいいでしょうか?

以下を実証するベンダーをお選びください

  • 実証されたイノベーションの記録
  • 業界標準の認定にコミットメント (Wi-Fi Alliance)
  • 屋内、屋外、危険区域 (HazLoc)、リモート・ワーカーをサポートする完全ポートフォリオ

Wi-Fi 6E の規制状況は?

世界的に、米国、韓国、サウジアラビア、ブラジル、チリ、グアテマラは、1200 MHz 帯を開放しています。2020 年 11 月、欧州郵便電気通信主管庁会議 (CEPT) は、屋内外で使用される、低消費電力 (LPI) デバイスおよび超低消費電力 (VLP) デバイスに 480 MHz 帯の開放を決定しました。

米国とヨーロッパ・中東・アフリカでの Wi-Fi 6E の違いは?

ヨーロッパでは、5945 ~ 6425 MHz 帯を Wi-Fi に割り当てる規定があり、完全な 6 GHz 帯ではないとはいえ、多くの帯域が追加されています。しかし、世界的に規制を調和し、スケールメリットを活用し、未来の帯域幅ニーズに対応するために、Wi-Fi 業界は、ヨーロッパの規制機関と共に 6425 ~ 7125 MHz 帯の開放に取り組んでいます。

ヨーロッパ内でも、英国とデンマークは欧州規定とは少し異なります。英国では、わずかにより高い送信電力をサポートし、より多くの帯域 (5925 ~ 6425 MHz) を開放しています。

Wi-Fi 6 と Wi-Fi 6E の比較

 Wi-Fi 6Wi-Fi 6E (6 GHz)
帯域

2.4 および 5.0 GHz 帯

2.4、5、6 GHz 帯 (要 6 GHz 対応デバイス)

機能
  • マルチユーザーの効率性、マルチユーザー入力/出力 (MU-MIMO) で混雑を排除
  • OFDMA により音声データなどの小さなパケットは複数ユーザーで帯域を分割利用可能
  • ターゲット起動時間 (TWT) により AP はより長い間隔を設けて IoT デバイスと通信でき、トラフィックを軽減し、バッテリー時続時間を向上
  • WPA3 と Enhanced Open によりゲスト・アクセス・セキュリティを強化

Wi-Fi 6 のすべての機能と以下の機能

  • 6 GHz 帯でキャパシティ向上
  • 最大 160 MHz の幅広いチャンネルが利用でき、高精細動画や VR に最適
  • 6E 対応デバイスのみがこの帯域を使用できるため、電子レンジなどによる干渉なし
メリット

向上した効率性により同じ数の AP でもより高いスループットを提供し、集中した環境や IoT デバイスが多い場合に最適

高いキャパシティや幅広いチャンネルによりマルチギガビットのトラフィックをサポートし、高精細動画や AR/VR (拡張現実/仮想現実) に最適

さあ、始めましょう