WLAN とは

WLAN とは

WLAN があれば、どこにいようと、デバイスをネットワークやインターネットに接続できます。インターネットへの接続にケーブルを使用する代わりに、デバイスはラジオ無線接続 (Wi-Fi) を使用します。Wi-Fi 信号は空気中を伝送されるため、無線ネットワークのセキュリティを確保することは極めて重要です。

Aruba エンタープライズ WLAN が提供するもの

  • Wi-Fi 6 認定を取得し、旧世代の Wi-Fi 規格との相互運用性を持つ、高パフォーマンスでセキュアな企業向け無線 LAN
  • Wi-Fi 6E 対応により、Wi-Fi 6 を 6GHz 帯に拡張し、連続性の高いスペクトルと干渉の軽減を実現
  • モビリティー、IoT、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みの拡大に対応し、高まるユーザーの期待に応える
  • 特許取得済みの RF 最適化と AI による自動化で、ユーザー・エクスペリエンスと事業者の効率を改善
  • ダイナミック・セグメンテーションによる内蔵セキュリティにより、セキュアなゲスト・アクセス、IoT デバイスの接続を確保し、Wi-Fi ネットワークを脅威から保護

WLAN を使用する理由

  • モビリティと IoT の増加: IDC によると、IoT デバイスの数は 2025 年までに 416 億台にまで増加し、79.4 ゼタバイトのデータを生成すると予測されています。モビリティ、ローミング、クラウド、セルラー・オフロード、デバイス・オンボーディング、セキュリティの問題から、Wi-Fi は融合、スループットの向上、そして RF 使用の効率化を実現する必要があります。
  • アプリケーションの多様化の進行: 遅延に敏感な動画アプリケーションが台頭しており、2023 年まで年間 45% の増加が見込まれています。UCC の支出は、2021 年までに 442 億ドルに拡大します。
  • ユーザーの期待の高まり: ネットワーク・パフォーマンスに低ければユーザーは不満を募らせ、経営者にとっての圧力となります。ネットワークとアプリケーションは、信頼性が高く、セキュアで、常に稼働していなければなりません。

デジタル・トランスフォーメーションを加速し、IoT を将来に備えるために、Aruba WLAN は、インテリジェントでセキュアかつ高速なエッジ接続を実現します。AI 搭載のモビリティとエンタープライズクラスの設計を備えた Aruba AP では、他のベンダーのデバイスに付随する複雑な手間なしに、優れたサービスとセグメンテーションを行えます。Wi-Fi 6 規格をベースにした Aruba は、モバイル・ユーザー、IoT、遅延に敏感なアプリに必須のセキュリティと信頼性を提供し、ハイブリッド・ワークプレイスのサポートを向上させます。

WLAN ユースケース

活用事例問題ソリューション

アプリケーション・アシュアランス

音声や動画がより多くの帯域を消費するようになるにつれ、ユーザーのサービス品質が低下する

Wi-Fi 6 機能 (OFDMA および MU-MIMO) と Aruba Air Slice (ユーザー・エクスペリエンスを最適化し、エンタープライズ・アプリケーションへの QoA を保証する) により、ラジオ・リソースを最適化します。

 

Wi-Fi 通話

セルラー通信の屋内でのカバレッジが不安定

セルラーハンドオフ用の Aruba Air Pass を使用して、パスポイント対応の無線ネットワークにシームレスに接続できます。

IoT 接続性

IoT に追加のオーバーレイ・ゲートウェイやサーバーが必要

既存の AP インフラを利用して、Bluetooth Low Energy (BLE)、802.15.4/Zigbee、USB ポートの拡張をサポートし、エッジで IoT 接続を行えるようにします。

セキュアなゲスト・アクセス

ゲスト・トラフィックが暗号化なしで通過する

Enhanced Open などの内蔵 Wi-Fi 6 暗号化と、Aruba ClearPass などのネットワーク・アクセス・コントロール・ソリューションを活用します。

デジタル・トランスフォーメーション

WLAN 接続が遅い、または信頼性が低い

デジタル・トランスフォーメーション・イニシアチブを確実に成功させるために、AIOps をクローズド・ループ・リコメンデーションやピア・ベンチマーキングに使用します。

さあ、始めましょう