Jリーグクラブ「セレッソ大阪」 がAruba Instant Onを採用し 安全で安定した高速な無線LANで社員と来訪者を支援

~使いやすい通信環境で社員の働き方改革を後押し、試合時に来訪する数百名規模の関係者、コワーキングスペースの利用者に提供~

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(米国カリフォルニア州サンノゼ、以下「Aruba」)は本日、J リーグ加盟のプロサッカークラブ、セレッソ大阪の運営会社、株式会社セレッソ大阪(本社、大阪市住吉区、代表取締役社長 森島 寛晃)が、新たに整備されたヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)内の新オフィスとコワーキングスペースの無線LAN環境を、Aruba Instant On で構築したことを発表します。

プロサッカークラブ「セレッソ大阪」の運営会社、株式会社セレッソ大阪は、クラブや所属選手のマネジメント、サポーターとの接点作り、 スポンサーとの交渉など多様な業務を担っています。同社では、2021年4月に終えたヨドコウ桜スタジアムの改修に併せ、オフィスをフリーアドレス化し、またメインスタンド 3Fには、外部のお客様も使えるコワーキングスペース『いいオフィス長居公園 by セレッソ大阪』を新設しました。社員の多様な働き方を支援し、コワーキングスペースの利用者に加え、試合時に来訪する数百名規模におよぶ相手チームの関係者、サッカー協会やJリーグ、マスコミなど様々な人々に安全で安定した高速な通信環境を提供できることが望まれました。

施設内を移動してもストレスなくネットワークを利用し続け、WEB会議なども円滑に行うにあたって、一層の安定性、信頼性、高速性、拡張性、耐久性の要件を満たすアクセス・ポイントとして選定されたのが、Aruba Instant Onです。Client Match機能により、端末にとって最適なアクセスポイントに接続される点も高く評価されました。

株式会社セレッソ大阪 管理部 管理グループ グループ長 兼 チーム統括部管理グループ 課長の前田 晋男氏は次のように述べています。
「本プロジェクトをリードする上で、お客様に快適な通信環境を提供し、働き方改革を促進する上でも使いやすいネットワーク環境を重視しました。メインスタンド内のどこでも仕事ができるようにすることはもちろん、セキュリティ面も安心できるスピードが担保される無線 LAN環境をAruba Instant Onが実現してくれています。多くのサポーターに応援いただけるよう、SNS を通じた広報活動にも一層力を入れるなど、様々な工夫をしていくにあたっても優れたネットワーク環境に期待しています」

ネットワークの構築と運用を担っている、株式会社ニコニコテクノサービスがAruba Instant On AP11を選定しました。既存のお客様への導入でも安定して稼働している実績、設定の容易性、リモートで状況が把握でき、必要があれば再起動もリモートで行える運用性がセレッソ大阪のシームレスでストレスのない無線LAN環境を実現しています。

日本ヒューレット・パッカード合同会社 執行役員 Aruba事業統括本部長 本田 昌和は次のように述べています。
「セレッソ大阪様にAruba Instant Onをご利用いただいていることを大変嬉しく思います。また、ニコニコテクノサービス様が無線LANの構築にあたって、実機での検証から設置、運用も含め対応いただいていますが、Aruba Instant Onが生産性の向上に欠かせない通信インフラとして大きく貢献することを期待しています」

Aruba Instant Onは、ArubaのWi-Fiソリューションで、小規模のビジネスや在宅勤務でも信頼性、安全性に優れた高速な通信を実現します。無料の専用のモバイル・アプリを通じて、数分でネットワークをセットアップし、建物の内外で高速アクセスを開始でき、顧客や従業員などの利用者は最新のセキュリティによって自動的に保護されます。
Aruba Instant Onの詳細:https://www.arubainstanton.com/ja/


関連資料

*本件に関する導入事例ホワイトペーパーは、以下よりご参照下さい。
https://www.arubainstanton.com/files/Customer-Success_Cerezo-Osaka_ja.pdf

株式会社セレッソ大阪について

大阪府大阪市と堺市をホームタウンとする J リーグ加盟のプロサッカークラブ、セレッソ大阪の運営会社。 クラブのホームスタジアムであるヨドコウ桜スタジアム(大阪市東住吉区長居公園)内にオフィスを構える。 https://www.cerezo.jp/

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company について

Hewlett Packard Enterpriseの傘下にあるArubaは、セキュアでインテリジェントな edge-to-cloud ネットワーク・ソリューションのグローバルリーダーで、AIによるネットワークの自動化、および着実にビジネス成果を得るためのデータ活用を推進しています。HPE GreenLakeファミリーであるAruba ESP(Edge Services Platform)およびas a ServiceオプションによりArubaは、クラウドネイティブなアプローチを提供し、お客様のキャンパス、支店、データセンター、リモートワーク環境にわたる接続性、セキュリティ、財務要件を満たす、有線、無線LAN、広域ネットワーク(WAN)のあらゆる要素を網羅しています。
Arubaの詳細は、http://www.arubanetworks.com/ja/をご覧ください。また、Airheads Social(http://community.arubanetworks.com)では、モビリティとAruba製品に関する最新の技術的討論を覧いただけます。

 © 2023 Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company

本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード合同会社 広報 八木橋(やぎはし)
プレスルーム(報道機関向け窓口) フォームを利用してお問い合わせください。

広報代行 株式会社プラップジャパン 髙橋、谷本
Email:aruba_pr@ml.prap.co.jp