802.11ax(Wi-Fi 6)とは何か?

高密度ネットワークの接続性の問題に対処できるように作られた新しい802.11ax(Wi-Fi 6)規格により、ネットワーク全体のパフォーマンスが改善されています。新しい機能では、802.11acの4倍以上までネットワーク・キャパシティを高めて、複数のクライアントが同時に送信できるようになります。
「802.11axとは何か?」のビデオを見る(英語)

 

802.11axの機能性

802.11ax(Wi-Fi 6)なら、OFDMA(直交周波数分割多元接続)、マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)、BSSカラーリングを使用して高密度環境の複数のアクセス・ポイントで複数のデバイスに送信できます。
802.11axの利点について詳しくはこちら(英語)
このホワイトペーパーのWi-Fi 6に関するマルチユーザー・キャパシティについて詳細はこちら(英語)

エクスパートから学ぶ802.11ax

ウェビナーでさらに詳しく学ぶ(英語)

 

今すぐ802.11axの詳細を知りたい方。

「クイック・リファレンス・ガイド」で基本を身につけることが新しいテクノロジーを学ぶ最善の方法である場合もあります。
こちらからダウンロード(英語)

802.11axにMulti-Gigabit Ethernetを使用する理由。

802.11axを導入すると、1Gbps以上のデータ転送レートで送信できるようになります。しかし、ボトルネックが残ってしまいます。APが接続されている既存の配線インフラストラクチャとスイッチ・ポートの速度です。何が必要か見ていきましょう。
ソリューションの概要はこちら(英語)

 
 

Why multi-gigabit Ethernet for 802.11ax?

When deploying 802.11ax, you will be transmitting more than 1Gbps data rates. However, one bottleneck remains — the existing cabling infrastructure and the speed of the switch port that the AP is connected to. Find out what is needed.
Read the solution brief