Multi-Gigabit Ethernet

HPE Smart RateマルチギガビットEthernetテクノロジーは、既存配線を使用して超高速パフォーマンスとPoEサポートを実現することにより、高速の802.11ac(Wi-Fi 5)および 802.11ax(Wi-Fi 6)アクセス・ポイントの基盤を築いています。

 

将来の有線インフラストラクチャに対応

無線およびIoTトラフィックの増加は、有線ネットワークはさらなる帯域幅の需要にも態勢を整える必要があることを指しています。HPE Smart RateマルチギガビットEthernetを装備したArubaスイッチは、お客様の投資を保護しながらデータレートを促進します。最高10Gbpsのスピードおよび高性能のIEEE 802.3btに対応する高速デバイスに備えましょう。
スイッチを見る

Wi-Fi速度を大幅にアップ

Arubaの新510シリーズ802.11axアクセス・ポイントは、統合HPE Smart Rateポートを搭載しています。これらのAPは、アプリケーションの高密度および多様性が問題となる環境において、モバイルおよびIoTデバイスに対し高性能の Wi-Fi 機能を実現します。各種クライアントおよびトラフィックタイプを同時に提供し、510は効率を実現しつつネットワーク全体のパフォーマンスを促進します。
新しい802.11ax AP を見る

 
 

マルチギガビットEthernetについて

現在のスマートデジタル対応のワークプレイスでは、キャンパス・ネットワークでの需要が急速に拡大しています。HPE Smart Rateは、既存の配線を使用してお客様の時間とコストを節減しながら、1GbE、2.5GbE、5GbE、10GbEの速度およびPoE機能で成功を収めることができます。
Smart Rateによるスピードの実現方法を読む

802.11ax でマルチギガビットが必要な理由

効率性の問題に対応できるようデザインされ、802.11ac APと比較して、新しいIEEE 802.11ax APはネットワーク容量を4倍まで増加することができます。マルチギガビット対応ネットワークスイッチは、高密度かつ需要の高い環境など、最も必要とされている場所におけるロードの増加に対応します。
802.11ax‬‬‬ の機能を詳しく見る

 

詳細はこちら

営業担当窓口