Arubaネットワーク・スイッチ・ソフトウェア

Arubaのスイッチング・ソフトウェアは、今日の要求の高い現状に合わせ、自動化、セキュリティ、および高可用性を提供します。Arubaは現在の複雑なキャンパス・ネットワークの運用を、ポリシー・ベースのセグメンテーションとAIを活用した自動化機能により簡素化します。

 

ユーザーとIoT向けにセキュアでシンプルなアクセスを提供。

ダイナミック・セグメンテーションにより、VLANとアクセス・リストを手動で構成する必要がなくなり、セキュリティ運用が簡素化されます。これにより、適切なアクセスおよびセキュリティ・ポリシーが常に適用され、ユーザーとIoTデバイス向けに維持されていることを確実にできます。
動的セグメンテーションのブログを読む(英語)

ネットワーク全体の可視性と自動化

Arubaのデータベース駆動OSは、IT運用を自動化し簡素化するために開発されました。ArubaOS-CXは、完全にプログラムが可能な、比類のない可視性と分析機能を提供し、ネットワークを確かなものにします。
キャンパス・コアがよりスマートになった様子を見る(英語)  
ブログ:モバイルおよびIoT時代向けの、現代のプログラム可能なネットワーク(英語)

 
 

強力な自動化とトラブルシューティング

Arubaのネットワーク解析エンジン(NAE)は、ネットワークの健全性に影響を与えるあらゆるイベントを調べ、分析します。NAEは異常事態や機能停止に対する前例のない可視性を提供し、診断とデータ収集を行い迅速に解決します。
NAEの仕組みをみる(英語)  
NAEエージェント・ライブラリ(英語)

オーケストレーションされたネットワーク全体の構成。

Aruba NetEditにより、ITチームは、検索、編集、検証、展開、監査などのインテリジェントな機能を使用して、スイッチの構成の変更をオーケストレーションできます。これにより、ITチームはエンド・ツー・エンドのサービスの導入をスムーズかつ安全に調和させることができます。
NetEditのデータシートを見る(英語)

 
 

簡素化されたキャリアクラスの高可用性。

Arubaの仮想スイッチ拡張(VSX)により、ハードウェアとソフトウェア両方での冗長性のあるアーキテクチャが実現します。VSXは独自に複数シャーシの高可用性向けにコントロール・プレーンの同期を行います。
VSXソリューションの概要を読む(英語)

オープン仮想アプライアンス(OVA)搭載ArubaOS-CXを試用

 

最新バージョンのArubaOS-CXシミュレーション・ソフトウェア は、個人使用およびトレーニング用にご利用いただけます。Arubaの新しいコア・スイッチングOSを使用して、ネットワークのさまざまなシナリオをシミュレーションいただけます。詳しくは、サポート・ポータルおよびArubaOS-CX OVAを試用をご覧ください。
ArubaOS-CX OVAのエンド・ユーザー・ライセンス契約
ArubaOS-CX OVAその他のライセンス認証

 

Airheadsコミュニティに参加

 

コミュニティを活用し、情報共有や質問などを通じてユーザー同士つながることが可能に。
コミュニティ・ページはこちら
Aruba Solution Exchangeとつながる
サポートへのお問い合わせ