Arubaの無線技術

無線は進化し続ける必要があり、モビリティ、IoT、およびクラウド時代の増え続ける要求に対応するために、新たな標準が導入されています。802.11acに加え、802.11axや802.11adなどのさらに新しい標準が、高密度な環境や屋外でのコネクティビティに対するニーズにこたえます。

 

802.11axがなぜ次の大きな波なのか。

802.11axは最新のIEEE WLAN標準であり、IoTデバイス数の増加、トラフィックの多様性、重複するネットワークの密度など、業界が直面している新たな課題に対応しています。802.11axは、一部のシナリオではWi-Fiの効率性を4倍向上させることが保証されています。
  802.11axが最適かどうか調べる

802.11acがどのように現在のネットワークの課題を解決するのか。

Aruba 802.11ac Wave 2 アクセス・ポイントは、新たな標準となっています。従来の802.11n APは、マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)、ビーム形成、高い帯域幅チャンネルを特長とした、高パフォーマンスの無線アクセス・ポイントに取って代わられています。
  誰もが802.11acを展開する理由を学ぶ

 
 

802.11adはWi-Fiネットワークの拡張に役立つか。

WiGigとしても知られる802.11adは、ポイント・ツー・ポイントまたはポイント・ツー・マルチポイント運用の新たな無線標準です。60Ghzチャンネルを使用することで、接続された建物間やその他の屋外インフラストラクチャのネットワークを拡張できます。

Can 802.11ad help extend your Wi-Fi network?

802.11ad, also known as WiGig, is a new wireless standard for Point-to-Point or Point-to-Multipoint operations. The use of 60Ghz channels will let you extend the network between connected buildings or other outdoor infrastructure.

 
 

New wireless security protections.

WPA3™ provides higher encryption, streamlined configuration and improved resistance to offline dictionary attacks. Enhanced Open™ gives open networks a security boost with default protections for guests the moment they associate to Wi-Fi.
Download the WPA3 and Enhanced Open whitepaper