統合脅威管理

ネットワーク・セキュリティは進化しています。複数の、地理的に分散したロケーションを管理し、高度な脅威から保護するために必要なツールとソリューションを手に入れましょう。

エッジ・ツー・クラウドからの統合脅威管理

分散型の環境であっても、脅威を防ぎ、封じ込めます。

完全統合された攻撃保護

Aruba の 高度脅威防御にはファイアウォールと侵入防御機能が備わっています。 また、多層防御用に追加でクラウドベース・セキュリティ・サービスを統合することもできます。

最小限のアクセスとマイクロセグメンテーション

Aruba のダイナミック・セグメンテーションで脅威を防いで封じ込めます。デバイスを速やかに認証して、ネットワーク上の正しいエンドポイントを指定します。

コンテキスト・アウェアな制御

Aruba ネットワーク・アクセス・コントロールで内部リスクと持続的な脅威に対処します。細かいセグメンテーションおよびユーザーとデバイスの進行中の監視を強化します。

統合脅威管理ポートフォリオ

エッジからクラウドまで、Aruba の製品がネットワークをどのようにセキュリティ保護できるのかをご覧ください。

ポリシー・エンフォースメント・ファイアウォール

エッジでファイアウォールを作成。有線/無線ネットワークでルールを設定。Aruba のインフラストラクチャや ClearPass Policy Manager とシームレスに連携して、ゼロトラスト原則を適用できます。

ダイナミック・セグメンテーション

最小限のアクセス権限とマイクロセグメンテーション権限を有線、無線、キャンパス、ブランチの各ネットワークで自動化します。

高度脅威防御

ステートフルかつアプリケーション・アウェアなファイアウォールでポリシーを確立し強化します。これにはアプリケーション分類と Web コンテンツフィルタリングを組み合わせたディープ・パケット・インスペクション (DPI) が含まれます。また、Aruba 9000 シリーズには侵入防御システム (IPS) が内蔵されています。

Aruba Central でネットワーク・セキュリティを管理する

フルサービスの AI インサイト、セキュリティ、ネットワーク全体にわたる統合管理をすべて 1 つの画面に表示できます。

実際の影響に関する AI インサイト

機械学習、自動化ワークフロー、継続的な監視で負荷を軽減し、問題に先手を打ちます。

拡張性と耐障害性の向上

Aruba Central をネットワークの運用全体でコマンドセンターとして機能させます。巨大キャンパスや分散型サイトも同様に中央ハブから操作します。

セキュリティの向上

ネットワーク・セグメンテーションを改善し、コンプライアンス要求に応え、有線と無線のネットワークにわたって事業運営を保護します。

さあ、始めましょう