VPNに永遠のお別れを

ゼロトラストとシームレスなエンドユーザーエクスペリエンスが融合 企業がVPNをゼロトラストネットワークアクセス (ZTNA) に交換できるようアクティブにサポートします。

約60%のチームがVPNに代わるものを探しています。

現在のハイブリッドワーカー向けの設計ではないVPN

リモートワークやハイブリッドワークの拡大は、デジタルトランスフォーメーションにとっては良いことですが、セキュアなアクセスという点ではこれまでになかった課題を生み出しています。 制限があることは明らかですが、96%の企業がこれまで通りVPNサービスを使用しています。
  • 92%が、VPNによって環境のセキュリティが危険に晒されることを懸念している
  • 81%が、VPNエクスペリエンスに不満を持っている
  • 56%が、従来のVPNに代わるリモートアクセスを検討している

ZTNA: 今日の職場にセキュアなリモートアクセスを実現

ITリーダーは、ハイブリッドワーカー、最先端のデバイス、ハイブリッドクラウド環境で構成される現代の職場のVPNを、ビジネスにとって最も重要なアプリケーションに安全に接続できるように、ZTNAに置き換えています。

ユニバーサルアクセスが簡単に

自宅でもオフィスでも、すべてのビジネスリソースにユーザーが一貫して高速にアクセスできる必要があります。

より高速なアクセス

ユーザーやIT部門が介入せずに、要求されたリソースへの最速かつ最適なパスでトラフィックを自動的にルーティングすることで、生産性を向上させ、トラフィックの遅延を削減します。

ゼロトラストで攻撃対象領域を縮小

プライベートリソースをインターネットから見えないようにし、未認可ユーザーには最小限の特権アクセスでネットワークにアクセスできないようにします。

管理オーバーヘッドを削減

VPNをなくしてインバウンドセキュリティスタック全体を排除し負荷を軽減 単一のインターフェイスでリモートアクセスを展開、管理、スケールし、すべてのポリシー、アプリケーション、デバイス、ユーザー、データなどを管理します。

VPNとZTNA: アーキテクチャーの比較

VPN

  • 繰り返しログインが必要なためユーザーエクスペリエンスが低下
  • トラフィックがデータセンターにバックホールされ、生産性を阻害
  • 固有の信頼関係に依存して従業員やサードパーティが企業ネットワークにアクセスできるため、セキュリティリスクが増大
  • ランサムウェアなどの脅威にさらされるインフラストラクチャがある
  • 管理が複雑なネットワークセグメンテーションを使用する

ZTNA

  • IDP統合と常時稼動設計によりシームレスなエクスペリエンスを実現
  • 500か所におよぶグローバルなエッジロケーション全体で、承認されたビジネスリソースへの仲介アクセスを提供
  • ユーザーは企業ネットワークへのアクセスを許可せずにアプリにアクセスでき、リスクを軽減
  • インターネットからプライベートリソースを見えないようにし、ユーザーが許可されていないアプリを表示できないようにして、セキュリティを強化
  • アプリケーションレベルのセグメンテーションごとにアクセスを簡単に管理

ZTNAのメリットを体験しましょう

VPNの落とし穴に落ちることなく、ビジネスアプリケーションへの高速かつセキュアなリモートアクセスを提供します。ZTNAはビジネスリスクを増大させることなく、あらゆるデバイスからの、あらゆるユーザーへのアクセスを簡単に拡張できます。

コンテキストに基づいて自動適用されるポリシーベースのアクセスを採用する

Web、VOIP、ICMP、さらにはAS400を含むプライベートアプリケーションへのセキュアなアクセス

完全にシームレスなエンドユーザーエクスペリエンス (SSH、RDP、Git、TBなど) のためのエージェントレスアクセスを提供

アクセスセッション全体を通して可視性を確保

トラフィックを検査してユーザーアクティビティを追跡、詳細なログを表示、コンプライアンスを確保

直感的で単一のUIで環境全体を管理

[HPE Aruba Networking SSE] には当社のアプリケーション、デバイス、ネットワークへのアクセスを保護するということに関して「A+」の評価を差し上げたいですね。非常に良い仕事をしてくれています。当社のセキュリティ担当者が抜け穴を見つけようとして分析を行いましたが、まったく見つかりませんでした」

Visionworks of America社、ソリューションアーキテクト、Robert Oglesbee氏

「The Parts Authorityでの私たちの使命は、従業員が業務上必要なデータに安全にアクセスできるよう、ゼロトラストを採り入れることです。[HPE Aruba Networking SSE] プラットフォームを使用することで、必要な制御が可能になるだけでなく、従業員から高く評価されるユーザーエクスペリエンスを提供することができます」 

The Parts Authority社、ITディレクター、Josh Gomez氏

「Axis [HPE Aruba Networking SSE] の良い点は、何千人ものユーザーにリソースへのセキュアな接続を提供し、セキュリティチームに必要な可視性を提供するためのゼロトラストポリシーを簡単に使用でき、さらには容易にスケールして先進的なワークプレイスを支えられることです。クラウドの採用後も、データに常に安全にアクセスできています」

Copart社、CISO、Joshua Danielson氏

「Axis [HPE Aruba Networking SSE] と協業して、次世代のセキュアサービスエッジを当社で構築できることを嬉しく思います」

Kayak社、IT担当VP兼CISO、Tom Parker氏