HPE Aruba Networking 503シリーズ屋内アクセスポイント

手頃な価格のWi-Fi 6アクセスポイント - 低密度から中密度のエンタープライズ環境に最適です。

HPE Aruba Networkingで最もコスト効率が高いWi-Fi 6アクセスポイント

手頃な価格でWi-Fi 6に対応し、ワイヤレス性能をアップグレードして需要の増大に対処できます。

効率化

効率化

Wi-Fi 6規格に準拠しWi-Fi CERTIFIED®認証を取得した503シリーズAPは、高スループットを実現するOFDMAと、IoTデバイスのバッテリ寿命を延ばすTarget Wake Timeをサポートしています。

シンプルでセキュアなアクセス

シンプルでセキュアなアクセス

HPE Aruba Networking 503シリーズ屋内アクセスポイントは、WPA3およびEnhanced Openでセキュリティを強化し、強力な暗号化とゲストアクセスを実現します。Trusted Platform Moduleは、認証情報、キー、ブートコードを保護し、Policy Enforcement Firewallはユーザーロール、デバイスタイプ、アプリケーション、およびロケーションに応じてポリシーを自動適用し、トラフィックを動的に分割します。

コスト効率が高く包括的なカバレッジを提供

コスト効率が高く包括的なカバレッジを提供

低密度から中密度環境向けの屋内Wi-Fiカバレッジを手頃な価格で提供するシングルパックと、環境にやさしい10台パックのオプションをご用意しています。IoTやLTEモデム対応のUSBプラグインもご利用いただけます。

低価格でWi-Fi 6に対応

最大1.49Gbpsの実効速度と802.11ax (Wi-Fi 6) をサポートする503シリーズは、低価格帯でありながら包括的なカバレッジを提供します。

最大1.49Gbpsの実効速度

HE80/HE20チャネルにより、初等中等教育機関やブランチオフィス、小売店に求められる高速性と信頼性を実現します。

ダイナミックセグメンテーション

有線/無線ネットワーク上のユーザー、デバイス、アプリケーションにポリシーを自動的に適用します。

Wi-Fiの最適化

Aruba ClientMatchはAIを使用してトラフィックを制御し、最適なAPへ振り分けます。また、Aruba AirMatchによりRFリソースが動的に割り当てられることで、カバレッジが改善され、ギャップが解消されます。

アプリケーションアシュアランス

Aruba Air Sliceは、無線リソースの動的な割り当てとチューニングを行うことで、アプリケーションのサービスレベルを確保し、ユーザーエクスペリエンスを最適化します。

フレキシブルな展開方法

503シリーズAPはキャンパス、ブランチ、リモート拠点に展開でき、クラウドベースまたはオンプレミスで管理できます。

AP 503

HPE Aruba Networking 503シリーズAPの詳細と仕様

HPE Aruba Networking 503シリーズAPの詳細と仕様
  • ハードウェア型式
    • AP-503: キャンパスAPプラットフォーム、アンテナ内蔵
    Wi-Fi無線仕様
    • APタイプ: 屋内、デュアル無線、2.4GHzおよび5GHz (デュアルコンカレント) 802.11ax 2x2 MIMO
    • 2.4GHz無線: 2空間ストリームのシングルユーザー (SU) MIMOで、2SS HE40 802.11axクライアントデバイスとの間で最大574Mbpsの無線データレートを実現 (HE20の場合は287Mbps)
    • 5GHz無線: 2空間ストリームのシングルユーザー (SU) MIMOで、2SS HE80 802.11axクライアントデバイスとの間で最大1.2Gbpsの無線データレートを実現
    • 周波数帯あたり最大256の関連クライアントデバイス、および周波数帯あたり最大16のBSSID
    • 対応周波数帯 (各国の規制適用):
      • 2.400~2.4835GHz ISM
      • 5.150~5.250GHz U-NII-1
      • 5.250~5.350GHz U-NII-2A
      • 5.470~5.725GHz U-NII-2C
      • 5.725~5.850GHz U-NII-3/ISM
      • 5.850~5.895GHz U-NII-4
    • 利用可能な周波数帯とチャネル: 設定されている規制範囲による
    • 5GHz帯で動的周波数選択 (DFS) により、利用可能なRF範囲の使用を最適化
    • サポートされている無線テクノロジー:
      • 802.11b: 直接拡散方式 (DSSS)
      • 802.11a/g/n/ac: 直交波周波数分割多重方式 (OFDM)
      • 802.11ax: 最大8のリソースユニットを利用できる直交周波数分割多重方式アクセス (OFDMA)
    • サポートされている変調形式:
      • 802.11b: BPSK、QPSK、CCK
      • 802.11a/g/n: BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM (独自の機能拡張)
      • 802.11ac: BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM (独自の機能拡張)
      • 802.11ax: BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM
    • 802.11n高スループット (HT) サポート: HT20/40
    • 802.11ac超高速スループット (VHT) サポート: VHT20/40/80
    • 802.11ax高効率 (HE) サポート: HE20/40/80
    • サポートされているデータレート (Mbps):
      • 802.11b: 1、2、5.5、11
      • 802.11a/g: 6、9、12、18、24、36、48、54
      • 802.11n: 6.5~300 (MCS0~MCS15、HT20~HT40)、400 (256-QAM) (独自の機能拡張)
      • 802.11ac: 6.5~867 (MCS0~MCS9、NSS = 1~2、VHT20~VHT80)、1083 (1024-QAM) (MCS10およびMCS11、独自の機能拡張)
      • 802.11ax (2.4GHz): 3.6~574 (MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE40)
      • 802.11ax (5GHz): 3.6~1,201 (MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE80)
    • 802.11n/acパケット集約: A-MPDU、A-MSDU
    • 送信出力: 0.5dBm単位で構成可能
    • 最大 (アグリゲーション、実行合計) 送信出力 (地域の規制により制限):
      • 周波数帯 (2.4GHz/5GHz) あたり: +21dBm (チェーンあたり18dBm)
      • 注: 実行送信出力にアンテナ利得は含まれません。総 (EIRP) 送信出力を算出するには、アンテナ利得を加算する必要があります。
    • Advanced Cellular Coexistence (ACC) がセルラーネットワークからの干渉の影響を最小限に抑制
    • 最大比合成 (MRC) による受信性能の向上
    • ダウンリンクのRFパフォーマンスを改善する巡回遅延/シフトダイバーシティ (CDD/CSD)
    • 時空間ブロック符号 (STBC) によるエリア拡張と受信強化
    • 低密度パリティチェック (LDPC) によるエラー訂正の効率化とスループットの強化
    • 送信ビームフォーミング (TxBF) による信号の信頼性と範囲の強化
    • 802.11ax Target Wait Time (TWT) で低消費電力のクライアントデバイスをサポート
    Wi-Fiアンテナ
    • AP-503: 最大アンテナ利得1.7dBi (2.4GHz) および4.8dBi (5GHz) の2x2 MIMO対応ダウンチルト全方向性内蔵アンテナ。内蔵アンテナは、APが天井面に水平に設置された場合に最適なパフォーマンスとなります。利得が最大になるダウンチルト角度は約30度です。
      • MIMO無線の各アンテナのパターンを組み合わせた場合、合計最大利得の平均パターンは2.4GHzで1.5dBi、5GHzで3.9dBiです。
    その他のインターフェイス
    • E0: イーサネット有線ネットワークポート (RJ-45)
      • リンク速度 (10/100/1000BASE-T) およびMDI/MDXのオートセンシング
      • POE-PD: 48Vdc (公称) 802.3af PoE (クラス3以上)
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
    • USB 2.0ホストインターフェイス (Type Aコネクター)
      • 接続されているデバイスに最大100mA/500mWの給電が可能
    • Trusted Platform Module (TPM) を内蔵し、セキュリティと偽造防止を強化
    • インジケーター (2色マルチカラーLED): システムと無線のステータスを表示
    • リセットボタン: 工場出荷時設定にリセット、LEDモードコントロール (通常/オフ)
    • シリアルコンソールインターフェイス (専用、micro-B USB物理ジャック)
    • 自動サーマルシャットダウンおよびリカバリ機能
  • 電源と消費電力
    • Power over Ethernet (PoE) 対応AP (ポートE0)
    • 電源は別売です。詳細については、503シリーズ注文ガイドをご覧ください
    • 最大 (最悪の場合) 消費電力: 10.9W
    • アイドルモードでの最大 (最悪の場合) 消費電力: 4.7W
    • いずれの数値も、USBインターフェイスから電力が供給されないことを前提とする
      • USBインターフェイスから0.5Wが供給されると、APの最大消費電力が最大0.7W増加
    取り付け方法
    • AP-503を天井吊り下げレールに取り付けるための、汎用マウンティングブラケットがAPに同梱されています。代替または予備のブラケットは別途ご注文いただけます。詳細については、503シリーズ注文ガイドを参照してください。
    機械的仕様
    • 寸法/重量 (AP-503、本体、マウンティングブラケットを含む):
      • 145mm (W) x 145mm (D) x 51mm (H)
      • 270g
    • 寸法/重量 (AP-503、本体、マウンティングブラケットを除く):
      • 145mm (W) x 145mm (D) x 35mm (H)
      • 255g
    • 寸法/重量 (AP-503、出荷時):
      • 196mm (W) x 183mm (D) x 67mm (H)
      • 515g
    環境仕様
    • 動作条件
      • 温度: 0~+40°C/+32~+104°F
      • 相対湿度: 5%~95%
      • ETS 300 019クラス3.2環境
      • アクセスポイントは空調スペースでの使用に適したプレナム定格
    • 保管条件
      • 温度: -25~+55°C/-13~+131°F
      • 相対湿度: 10%~100%
      • ETS 300 019クラス1.2環境
    • 輸送条件
      • 温度: -40~+70°C/-40~+158°F
      • 相対湿度: 最大95%
      • ETS 300 019クラス2.3環境
    信頼性
    • 平均故障間隔 (MTBF): 動作温度+25°Cで930,000時間 (106年間)
    法規制の遵守
    • FCC/ISED
    • CEマーク準拠
    • RED指令2014/53/EU
    • EMC指令2014/30/EU
    • 低電圧指令2014/35/EU
    • UL/IEC/EN 60950
    • IEC/EN 62368-1
    • 国別規制や承認の詳細については、HPE Aruba Networking代理店にお問い合わせください。
    規制モデル番号
    • AP-503 (全モデル): APIN0503
    認定資格
    • UL2043プレナム定格
    • Wi-Fi Alliance (WFA):
      • Wi-Fi CERTIFIED a、b、g、n、ac
      • Wi-Fi CERTIFIED 6
      • WPA、WPA2、およびWPA3 – Enterprise (CNSAオプション付き)、Personal (SAE)、Enhanced Open (OWE)
      • WMM、WMM-PS、Wi-Fi Agile Multiband
      • Passpoint (リリース2)
    • Ethernet Alliance (PoE、PDデバイス、クラス3)
    保証
    オペレーティングシステムの最小ソフトウェアバージョン
    • ArubaOSおよびAruba InstantOS 8.11.1.0
    • ArubaOS 10.5.0.0

関連製品

503シリーズ屋内APをサポートするHPE Aruba Networking製品、またはお客様のニーズにより適合する可能性のあるその他のソリューションもご覧ください。

500シリーズAP

  • エントリーレベルのWi-Fi 6屋内アクセスポイント
  • 802.3af PoEのフル機能サポート
  • BluetoothおよびZigbee IoT対応
ARUBA 510 シリーズ・アクセス・ポイント

510シリーズAP

  • ミッドレンジのWi-Fi 6キャンパス向けアクセスポイント
  • 5Gbps Smart Rateポート
  • キャンパス環境に最適

610シリーズAP

  • コンパクトで手頃な価格のWi-Fi 6Eアクセスポイント
  • デュアル無線/トライバンドアーキテクチャー
  • 合計最大3.6Gbpsのピークデータレート (5GHzおよび6GHz帯使用時)
IOT Expansion Radio

IoT拡張ラジオ

  • 802.15.4/Zigbeeへの即時アクセス
  • USBによるシンプルな設置

さあ、始めましょう