Aruba 630 シリーズ Wi-Fi 6E AP

6GHz 帯を開放して、高速、高耐性、セキュアな Wi-Fi 6E 接続を実現。

初のエンタープライズ・グレード Wi-Fi 6E ソリューション

Aruba 630 シリーズ AP は、より多くの無線キャパシティとより広範なチャネルが必要な企業のために、3 つの専用ラジオで 6GHz 帯を活用。

高パフォーマンス、キャパシティの増加

高パフォーマンス、キャパシティの増加

630 シリーズ AP は、6GHz 帯を活用するように設計されているため、速度が格段に向上し、マルチギガビット・トラフィックのためのチャネルが広がり、干渉が軽減されます。3 つの帯域すべてで最大アグリゲート・データ・レート 3.9Gbps トライ・ラジオ、2x2:2 MIMO (アグリゲート・ピーク 3.9Gbps) を実現します。

Icon for less interference 干渉を軽減

干渉を軽減

630 シリーズ AP には、Aruba 独自のウルトラ・トライバンド・フィルタリングが搭載されており、企業は信号の干渉やパフォーマンスの低下を感じることなく、ハイエンドの 5GHz 帯とローエンドの 6GHz 帯を活用できます。

Icon for high efficiency 究極の効率

究極の効率

630 シリーズ AP は 802.11ax 規格に基づいているため、その効率とセキュリティの強化はすべて 6GHz 帯にも反映されています。Aruba の Wi-Fi 6 アクセス・ポイントには、直交周波数分割多重アクセス (OFDMA)、マルチユーザー MIMO などの機能が搭載されています。

Icon for Iot location ready IoT とロケーション対応

IoT とロケーション対応

630 シリーズは、Bluetooth 5 と 802.15.4 ラジオを内蔵しており、Zigbee にも対応しているため、IoT ベースのロケーション・サービス、アセット追跡サービス、セキュリティ・ソリューション、IoT センサーなどの導入と管理がシンプルになります。

ウルトラ・トライバンド・フィルタリングで無線キャパシティを増量

Aruba 630 シリーズ AP は、6GHz 帯を活用し、ウルトラ・トライバンド・フィルタリングとデュアル 2.5 Gbps Ethernet ・ポートの搭載によって、信号の死角を排除し、高速でセキュアな接続を実現します。

ビジネス継続性

2.5Gbps のHPE® Smart Rate Ethernet ポートを 2 基搭載し、データと電源の両方をヒットレスでフェイルオーバーすることで高可用性を確保し、ミッションクリティカルなアプリケーションのビジネス継続性を実現。

内蔵のセキュリティ機能

Wi-Fi 6E 規格である WPA3 と Enhanced Open、WPA2-MPSK を搭載し、より強固な暗号化と認証を実現。

役割ベースのアクセス

有線/無線ネットワーク上でユーザー、アプリケーション、デバイスの適切なアクセス権限を定義する役割ベースのポリシーを IT が一元的に設定し、それが自動的に適用されるため、セキュリティが向上し管理が簡単。

クライアント・ステアリング

デバイスの性能に基づいて、ノイズの多い 2.4GHz 帯から、より好ましい 5GHz 帯または 6GHz 帯にトラフィックを誘導し、トラフィックを動的に誘導して AP のロードバランシングを実施。

Aruba 630 シリーズ AP の詳細と仕様

※2021/11時点、日本国内において6Ghz帯周波数拡張は総務省にて検討中の段階です。日本では現行の制度に沿った、2.4Ghz / 5Ghz対応モデルとして販売しております。注意事項もございますので、詳しくは弊社営業までお問合せください。

仕様

  • ハードウェア型式
    • AP-635: 内部アンテナ・モデル
    Wi-Fi 無線ラジオ仕様
    • AP タイプ:屋内用、トライ・ラジオ、2.4GHz、5GHz、6GHz (同時運用) 802.11ax 2x2 MIMO
    • 2.4GHz ラジオ: 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で 2SS HE40 802.11ax クライアント・デバイスに最大 574 Mbps の無線データ・レートを提供
    • 5GHz ラジオ: 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で 2SS HE80 802.11ax クライアント・デバイスに最大 1.2 Gbps の無線データ・レートを提供
    • 6GHz ラジオ: 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で 2SS HE160 802.11ax クライアント・デバイスに最大 2.4 Gbps の無線データ・レートを提供
    • 1 ラジオあたりの最大アソシエート・クライアント・デバイス数は 512、最大 BSSID 数は 16
    • 対応周波数帯 (各国の規制適用):
      • 2.400 ~ 2.4835GHz ISM
      • 5.150 ~ 5.250GHz U-NII-1
      • 5.250 ~ 5.350GHz U-NII-2
      • 5.470 ~ 5.725GHz U-NII-2E
      • 5.725 ~ 5.850GHz U-NII-3/ISM
      • 5.850 ~ 5.895GHz U-NII-4
      • 5.925 ~ 6.425GHz U-NII-5
      • 6.425 ~ 6.525GHz U-NII-6
      • 6.525 ~ 6.875GHz U-NII-7
      • 6.875 ~ 7.125GHz U-NII-8
    • 使用可能周波数帯とチャネル: 設定されている規制範囲 (国) による
    • 5GHz 帯で動的周波数選択 (DFS) による使用可能 RF スペクトラムの最適利用
    • 対応無線テクノロジー:
      • 802.11b: 直接拡散方式 (DSSS)
      • 802.11a/g/n/ac: 直交周波数分割多重方式 (OFDM)
      • 802.11Ax: 直交周波数分割多重方式アクセス (OFDMA) に最大8のリソース・ユニット
    • 対応変調タイプ:
      • 802.11b: BPSK、QPSK、CCK
      • 802.11a/g/n: BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM (独自の機能拡張)
      • 802.11ac: BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM (独自の機能拡張)
      • 802.11ax: BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM、4096-QAM (独自の機能拡張)
    • 802.11N 高スループット (HT) サポート: HT20/40
    • 802.11Ac 超高速スループット (VHT) サポート: VHT20/40/80
    • 802.11Ax 高効率 (HE) サポート: HE20/40/80/160
    • 対応データ・レート (Mbps):
      • 802.11b: 1、2、5.5、11
      • 802.11a/g: 6、9、12、18、24、36、48、54
      • 802.11n: 6.5~300 (MCS0~MCS15、HT20~HT40)、400 (256-QAM)
      • 802.11ac: 6.5~867 (MCS0~MCS9、NSS = 1~2、VHT20~VHT80); 1,083 (1024-QAM)
      • 802.11ax (2.4GHz): 3.6~574 (MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE40)
      • 802.11ax (5GHz): 3.6~1,201 (MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE80)
      • 802.11ax (6GHz): 3.6~2,402 (MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE160); 2,882 (4096-QAM) (MCS 12 および MCS13、独自の機能拡張)
    • 802.11N/ac パケット集約: A-MPDU、A-MSDU
    • 送信出力: 0.5 dBm 単位で設定可能
    • 最大 (アグリゲート、実行合計) 送信出力 (地域の規制要件による制限あり):
      • ラジオ/周波数帯ごとに (2.4GHz / 5GHz / 6GHz): +21 dBm (チェーンごとに 18dBm)
      • 注: 実行合計送信出力にはアンテナ利得が含まれないため、実効放射電力 (EIRP) を得るにはアンテナ利得を加算する必要があります。
    • Advanced Cellular Coexistence (ACC) がセルラー・ネットワークからの干渉の影響を最小限に抑制
    • 2.4GHz 帯の複数ラジオの同時運用を可能にする Advanced IOT Coexistence (AIC) を搭載
    • ウルトラ・トライバンド (UTB) により、パフォーマンスを落とすことなく、5GHz と 6GHz のチャネル選択に究極の柔軟性を実現*
    • 最大比合成 (MRC) による受信性能の向上
    • ダウンリンクの RF パフォーマンスを改善する巡回遅延/シフト・ダイバーシティ (CDD/CSD)
    • 時空間ブロック符号 (STBC) によるエリア拡張と受信強化
    • 低密度パリティ検査 (LDPC) による誤り訂正の効率化とスループットの強化
    • 送信ビームフォーミング (TxBF) による信号の信頼性と範囲の強化
    • 802.11axのターゲット待ち時間 (TWT) で低消費電力のクライアント・デバイスをサポート

    * UTB 機能の完全なサポートは、630 シリーズのハードウェアに段階的に導入予定

    Wi-Fi アンテナ
    • AP-635: 2x2 MIMO 対応の統合ダウンチルト全方向性アンテナ x2 を内蔵、最大アンテナ利得は 2.4GHz で 4.6dBi、5GHz で 7.0dBi、6GHz で 6.3dBi。内蔵アンテナは AP の水平天井面取り付け方向で最適化。利得が最大になるダウンチルト角度は約 30~40 度。
      • MIMO ラジオの各アンテナのパターンを組み合わせた場合の、平均的なパターンの総最大利得は 2.4GHz で 2.9dBi、5GHz で 4.9dBi、6GHz で 4.3dBi。
    その他のインターフェイスと機能
    • E0、E1: Ethernet 有線ネットワーク・ポート (RJ-45)
      • リンク速度 (100/1000/2500BASE-T) と MDI/MDX のオートセンシング
      • 速度 2.5Gbps は NBase-T および 802.3bz 仕様に対応
      • PoE-PD: 48Vdc (公称) 802.3at/bt PoE (クラス 4 以上)
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
    • DC 電源インターフェイス: 12Vdc (公称、+/- 5%)、直径 2.1/5.5mm、長さ 9.5mm の中心正極丸型プラグに対応
    • USB 2.0 ホスト・インターフェイス (Type A コネクタ)
      • 接続したデバイスに最大 1A/5W の給電が可能
    • Bluetooth Low Energy (BLE5.0) および Zigbee (802.15.4) ラジオ
      • BLE: 最大 5dBm の送信出力 (クラス 1) と -100dBm の受信感度 (125kbps)
      • Zigbee: 最大 5dBm の送信出力と -97dBm の受信感度 (250kbps)
      • 約 30~40 度のダウンチルトと最大利得 3.0dBi の全方向性内蔵アンテナ
    • 2.4GHz 帯の複数ラジオの同時運用を可能にする Advanced IOT Coexistence (AIC) を搭載
    • Trusted Platform Module (TPM) を内蔵し、セキュリティと偽造防止を強化
    • インジケータ (4 色マルチカラー LED): システム (1x) とラジオ (3x) のステータスを表示
    • リセット・ボタン: 工場出荷時設定にリセット、LED モード・コントロール (通常/オフ)
    • シリアル・コンソール・インターフェイス (専用、micro-B USB 物理ジャック)
    • Kensington セキュリティ・スロット
    • 自動サーマル・シャットダウンとリカバリー機能
  • 電源と消費電力
    • AP は DC 直接電源と PoE (Power over Ethernet、ポート E0 および/または E1) に対応
    • DC と PoE の両方の電源が使用できる場合は、PoE よりも DC 電源を優先
    • PoE 電力が両方のEthernet ポートに供給される場合、どちらのポートもアクティブな電源として設定可能
    • 非アクティブ/スタンバイ状態の POE 電源を使用して、ヒットレス・フェイルオーバーを実現
    • 電源は別売り、詳細については「630シリーズ注文ガイド」を参照
    • 電源に DC または 802.3bt (クラス 5) PoEを使用する場合、AP は制限なしに動作
    • 電源に 802.3at (クラス 4) PoE を使用する場合、IPM 機能が無効になっていると、USB ポートは無効化される
    • IPM が有効になっている場合は、APは (電源に関係なく) 無制限モードで起動するが、利用可能なパワーバジェットと実際の消費電力量に応じて制限が動的にされることがある。機能制限とその適用順序は構成可能
    • 最大消費電力 (USBデバイス接続あり/なし):
      • DC 電源供給: 20.7W/26.4W
      • PoE 電源供給: 23.8W/29.4W
      • 接続されている USB デバイスに最大 5W が供給されているものとする
    • アイドル・モードでの最大消費電力: 8.7W/14.2W (DC) または 11.7W/17.2W (PoE)
    • ディープスリープ・モードでの最大消費電力: 1.1W (DC) または 1.9W (PoE)
    取り付け詳細
    • 取り付けブラケットは AP の背面にあらかじめ付属しています。このブラケットを使用して AP を取り付けキット (別売り) に固定します。詳細については、後述の「630 シリーズ注文ガイド」を参照してください。
    機械的仕様
    • 寸法/重量 (AP-635、本体、取り付けブラケットを除く):
      • 220 mm (幅) x 220 mm (奥行) x 51 mm (高さ)
      • 1300g
    • 寸法/重量 (AP-635、梱包時):
      • 250 mm (幅) x 240 mm (奥行) x 85 mm (高さ)
      • 1650g
    環境仕様
    • 動作条件
      • 温度: 0~+50°C
      • 相対湿度: 5%~95%
      • ETS 300 019 クラス 3.2 環境
      • AP はエアハンドリング・スペースでの使用に適したプレナムです
    • 保管/輸送時条件
      • 温度: -40~+70°C
      • 相対湿度:10%~100%
      • ETS 300 019 クラス 1.2 (保管) および 2.3 (輸送) 環境
    信頼性
    • 平均故障間隔 (MTBF): 動作温度+25°C で 520,000 時間 (59 年間)
    規制の遵守
    • FCC/ISED
    • CE マーク
    • RED Directive 2014/53/EU
    • EMC Directive 2014/30/EU
    • Low Voltage Directive 2014/35/EU
    • UL/IEC/EN 60950
    • IEC/EN 62368-1
    • EN 60601-1-1、EN60601-1-2
    • 国別規制や承認の詳細については、Aruba 代理店にお問い合わせください。
    規制モデル番号
    • AP-635 (全モデル): APIN0635
    認定
    • UL2043 プレナム・レーティング
    • Wi-Fi Alliance:
      • Wi-Fi 認定a、b、g、n、ac
      • Wi-Fi 認定 6E (ax、6GHz)
      • WPA, WPA2 and WPA3 – Enterprise with CNSA option, Personal(SAE), Enhanced Open(OWE)
      • WMM、WMM-PS、Wi-Fi Vantage、W-Fi Agile Multiband
      • Wi-Fiロケーション
      • パスポイント(リリース2)
    • Bluetooth SIG*
    • Zigbee Alliance
    • Ethernet Alliance (PoE、PDデバイス、クラス5)**

    *この認定のターゲットは Q3CY21
    **この認定のターゲットは Q4CY21

    保証
    オペレーティング・システム・ソフトウェアの最低バージョン
    • ArubaOS および Aruba InstantOS 8.9.0.0

関連製品

630 シリーズ AP をサポートする Aruba 製品、またはお客様のニーズにより適合する可能性のあるその他のソリューションもご覧ください。

Aruba 530 series access points

530 シリーズ

高密度の屋内モバイル/IoT 環境向けに設計された、デュアル 4x4 MIMO ラジオ、デュアル Smart-Rate ポート搭載の高性能 Wi-Fi 6 認定アクセス・ポイント。

さあ、始めましょう