Aruba 560EX シリーズ Wi-Fi 6 危険場所対応アクセス・ポイント (802.11ax)

Aruba 560EX シリーズの AP は、Class 1 Division 2 または ATEX Zone 2 の認定が要求される非常に過酷な環境で Wi-Fi 6 のパフォーマンスとセキュリティを実現します。

Wi-Fi 6 でマルチユーザーに効率的に対応

560EX シリーズ危険場所対応 AP は、Class 1 Division 2 および ATEX Zone 2 に認定されており、石油やガスなどの危険場所や爆発の危険性がある環境でも動作します。さらに、Wi-Fi 6 により、クリティカルなアクセスと IoT 機能に対応します。

Icon for high efficiency 究極の効率

究極の効率

より高い速度とユーザー密度に対応する 560EX シリーズ・アクセス・ポイントは、OFDMA および MU-MIMO テクノロジーに対応することで、パフォーマンスと効率性を最大限に高め、クライアントとアクセス・ポイントの間で非常に効率的な通信を実現します。

Icon for Iot location ready IoT、ロケーション対応

IoT、ロケーション対応

Aruba Wi-Fi 6 は、802.15.4/Zigbee、Bluetooth、およびサードパーティのオーバーレイに対応するため、IoT サービス、アセット追跡サービス、セキュリティ・ソリューション、IoT センサーの導入と管理が簡単です。頻度の低い IoT の通信に最適です。

Drawn icon of a lock with a keyhole シンプルかつセキュアなアクセス

シンプルかつセキュアなアクセス

ネットワーク上の新規クライアントごとに内蔵のポリシー・ファイアウォール (レイヤー 7) を適用し、Aruba ClearPass Policy Manager を使用してポリシーを一元管理します。560EX シリーズ AP では、セキュリティを強化するために、認証情報、鍵、および起動を保存できます。

Wi-Fi 6 の画期的な能力

1 台のデバイスで最大 1.5 Gbps の無線スループット、1 ラジオあたり 256 のアソシエート・クライアントの有線/無線接続に対応します。

最大 1.5 Gbps の速度 (HE80/HE20)

オイルやガス、爆発の危険性がある環境など、危険場所でスピードと信頼性を実現します。

OFDMA/WPA3 向け Wi-Fi 6

デバイスやトラフィックの種類に関わらず複数のクライアントに対応します。また、WPA3 と Advanced Open が企業のセキュリティを強化します。

IoT 対応 Bluetooth 5 & 802.15.4/Zigbee サポート

IoT ロケーション・サービス、アセット追跡サービス、セキュリティ・ソリューション、IoT センサーの導入と管理を簡素化。

ダイナミック・セグメンテーションとポリシー・エンフォースメント・ファイアウォール

すべてのネットワークに一貫したポリシーを (自動的に) 適用し、ユーザーとデバイスのセキュリティを維持します。

AI 応用、AirMatch 搭載の Wi-Fi RF

AI 学習を活用する Air Match は、RF を自動的に最適化し、ネットワーク全体のアナリティクスを確認します。

SLA グレードのパフォーマンスを確保する Air Slice

Air Slice アプリケーションにより、トラフィックに優先順位を付け、タイム・センシティブなデータの受信を保証して、予測可能なユーザー・エクスペリエンスを実現します。

Aruba 560EX シリーズ AP の詳細と仕様

エントリーレベルのデュアルバンド Wi-Fi 6

デュアルバンド 2x2 をサポートする 11ax ラジオ

統合 IoT ラジオ

802.15.4/Zigbee と BLE をサポートする IoT ラジオ

1G PoE イーサネット・ポート (インテリジェント電源監視機能付き)

1Gbps イーサネット (IP66/67 グランド付き)

一般的な屋外用アクセス・ポイント取り付け

共通の取り付け用レールによるシンプルな屋外アクセス・ポイント取り付け

Aruba 560EX シリーズ AP の詳細と仕様

仕様

  • ハードウェアの型式
    • AP-565EX
      • 全方向性アンテナ内蔵
      • 5 GHz アンテナ 5.4 dBi
      • 2.4 GHz アンテナ 3.2 dBi
      • BLE/802.15.4 アンテナ 3.3d Bi
    • AP-567EX
      • 90°H x 90°V 指向性アンテナ内蔵
      • 5 GHz アンテナ 6.8 dBi
      • 2.4 GHz アンテナ 7.1 dBi
      • BLE/802.15.4 アンテナ 3.0 dBi
    Wi-Fi ラジオ仕様
    • AP タイプ:
      • 屋外高耐性、Wi-Fi 6 デュアル・ラジオ、5 GHz 2x2 MIMO および 2.4 GHz 2x2 MIMO
    • 5 GHz (ラジオ 0) と 2.4 GHz (ラジオ 1) に対応した、ソフトウェアによる設定が可能なデュアルラジオ
    • 5GHz:
      • 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で、個々の 2SS HE80 802.11ax クライアント・デバイス、または 2 台の 1SS HE80 802.11ax MU-MIMO 対応クライアント・デバイスに同時に最大 1.2 Gbps の無線データ・レートを提供
    • 2.4GHz:
      • 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で個々の 2SS HE40 (HE20) 802.11ax クライアント・デバイスまたは 2 台の 1SS HE40 (HE20) 802.11ax MU-MIMO 対応クライアント・デバイスに同時に最大 574 Mbps (287 Mbps) の無線データ・レートを提供
    • 1 ラジオあたりの最大アソシエート・クライアント・デバイス数は 256
    • 1 ラジオあたり最大 16 BSSID
    • 対応周波数帯 (各国の規制適用):
      • 2.400~2.4835GHz
      • 5.150~5.250GHz
    • 最大 EIRP (地域の規制要件による制限あり):
      • 2.4 GHz 帯:
        • 565: 29.2 dBm EIRP
        • 567: 33 dBm EIRP
      • 5 GHz 帯:
        • 565: 31.4 dBm EIRP
        • 567: 32.7 dBm EIRP
    • Advanced Cellular Coexistence (ACC) がセルラー・ネットワークからの干渉を最小限に抑制
    • 最大比合成 (MRC) による受信性能の向上
    • 巡回遅延/シフト・ダイバーシティ (CDD/CSD) による複数の送信アンテナの使用可
    • 20MHz、40MHz、80MHz のショート・ガード・インターバル
    • 時空間ブロック符号 (STBC) によるエリア拡張と受信強化
    • 低密度パリティ検査 (LDPC) による誤り訂正の効率化とスループットの強化
    • 送信ビームフォーミング (TxBF) による信号の信頼性と範囲の強化
    電源
    • 最大消費電力:
      • 15.6W
    • アイドル・モードでの最大消費電力:
      • 4.2W
    • ディープスリープ・モードでの最大消費電力:
      • 1.7
    • 電源は別売り
    • PoE+ (Power over Ethernet):
      • 802.3at 互換電源
    • 1x 802.3at 給電の場合、制限なし
    • 1x 802.3af 給電を使用し、IPM 機能が有効になっている場合は、AP は無制限モードで起動しますが、PoE バジェットと実際の電源量に応じて制限が動的に適用されることがあります。機能の制限はプログラム可能です。
    • 1x 802.3af 給電を使用し、IPM 機能が無効になっている場合は、AP の 2.4Ghz ラジオは 1x1:1 に低下
  • 追加インターフェイス
    • E0: 10/100/1000BASE-T (RJ-45)
      • リンク速度および MDI/MDX のオートセンシング
      • PoE-PD: 48Vdc (公称) 802.3at/bt (クラス 3 以上)
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
    • Bluetooth 5 および 802.15.4 ラジオ
      • 2.4 GHz
      • Bluetooth 5: 最大 8 dBm の送信出力と -95 dBm の受信感度
      • Zigbee: 最大 8 dBm の送信出力と -97 dBm の受信感度
      • 最大 4 dBm の送信出力 (クラス 2) と -91 dBm の受信感度
    • インジケータ (マルチカラー LED): システムとラジオのステータスを表示
    • リセット・ボタン: 工場出荷時設定にリセット(デバイスの起動時)
    • USB-C コンソール・インターフェイス
    取り付け
    • AP-270-MNT-V1
    • AP-270-MNT-V2
    • AP-270-MNT-H1
    • AP-270-MNT-H2
    • AP-270-MNT-H3
    物理仕様
    • AP-565EX
      • 寸法/重量 (マウント部分を除く):
        • 16.5 cm (幅) x 16.5 cm (奥行) x 11 cm (高さ)
        • 6.5 インチ (幅) x 6.5 インチ (奥行) x 4.3 インチ (高さ)
        • 1.03 kg
    • AP-567EX
      • 寸法/重量 (マウント部分を除く):
        • 16.5 cm (幅) x 16.5 cm (奥行) x 11 cm (高さ)
        • 6.5 インチ (幅) x 6.5 インチ (奥行) x 4.3 インチ (高さ)
        • 1.09 kg
    環境仕様
    • 動作時:
      • 温度: -40°C~+55°C (-40°F~+140°F) 全太陽光負荷
      • 湿度: 5 ~ 95% (結露なきこと)
      • あらゆる天候での動作に対応確認済み
    • 保管/輸送時:
      • 温度: -40~+70°C
    • 動作高度: 3,000 m
    • 水と埃: IP66/67
    • 耐塩性: ASTM B117-07A 塩スプレーで 200 時間テスト
    • 耐風性: 最大 165 Mph
    • 衝撃と振動 ETSI 300-19-2-4
    規制の遵守
    • FCC/ISED
    • CE マーク
    • RED Directive 2014/53/EU
    • EMC Directive 2014/30/EU
    • Low Voltage Directive 2014/35/EU
    • UL/IEC/EN 60950
    • EN 60601-1-1、EN60601-1-2
    • 国別規制や承認の詳細については、Aruba 代理店にお問い合わせください。
    規制モデル番号
    • AP-565EX: APEX0565
    • AP-567EX: APEX0567
    認定
    • CB スキームの安全保証、cTUVus
    • UL2043 プレナム・レーティング
    • Wi-Fi Alliance 認定 802.11a/b/g/n/
    • Wi-Fi Alliance 認定 Wi-Fi 6 (802.11ax)
    • Wi-Fi CERTIFIED™ ac (Wave 2 機能あり)
    • Passpoint® (リリース 2) に ArubaOS および Instant 8.3+
    • Class 1 Division 2 認定
    • ATEX Zone 2 認定
    オペレーティング・システム・ソフトウェアの最低バージョン
    • ArubaOS および Aruba InstantOS 8.7.1.0
    保証
エッジをリードする Aruba

エッジをリードする Aruba

Aruba は、ガートナーによる 2020 年マジック・クアドラントの有線・無線 LAN アクセス部門で再びリーダーに選出され、2020 年クリティカル・ケイパビリティ レポートでは 6 つのユースケースのすべてにおいて最高のスコアを獲得しました。

関連製品

560EX シリーズ AP をサポートする Aruba 製品、またはお客様のニーズにより適合する可能性のあるその他のソリューションもご覧ください。

Aruba 570EX outdoor rugged access points

570EX シリーズ AP

  • 高パフォーマンス Wi-Fi 6 屋外用アクセス・ポイント
  • 最大のカバレッジを提供
  • 危険場所や過酷な屋外環境に最適
Side by side image of 370EX Access point front and back

370EX シリーズ AP

  • コスト効率の高い Wi-Fi 5 屋外用アクセス・ポイント
  • 危険場所に最適
  • ファイバー・アップリンクが必要な屋外環境に最適

さあ、始めましょう