Aruba 570EX シリーズ 危険区域対応の屋外アクセス・ポイント

油田、採掘施設、爆発の危険がある環境といった危険な屋外環境に高パフォーマンスの Wi-Fi 6 (802.11ax) 接続を提供。

究極の信頼性、高パフォーマンス

Class 1 Division 2 または ATEX Zone 2 の要件が課される非常に過酷な屋外環境に最高のパフォーマンスを提供。

Icon for high efficiency 高効率

高効率

Wi-Fi 6 規格を採用し、高密度の屋外接続のために設計された 570EX シリーズ AP は、パフォーマンスと効率を最大化します。OFDMA と MU-MIMO のテクノロジーをサポートし、クライアントとアクセス・ポイント間の通信効率を向上させます。

Icon for Iot location ready IoT プラットフォーム、ロケーション対応

IoT プラットフォーム、ロケーション対応

802.15.4/Zigbee と Bluetooth をサポートし、IoT ロケーションベースのサービス、アセット追跡サービス、セキュリティ・ソリューション、IoT センサーの導入と管理を簡素化。Target Wake Time (TWT、ターゲット起動時間) はクライアントの電力節約を向上させ、他のクライアントとの帯域の混雑を防止します。

Icon of a lock with four extending lines terminating in points 柔軟かつセキュアなインフラストラクチャ

柔軟かつセキュアなインフラストラクチャ

ゼロトラスト・セキュリティとダイナミック・セグメンテーションにより有線/無線クライアントにセキュアな統合接続を提供。クラウドベースまたはオンプレミスの管理により導入は簡単。

過酷な状況下で高パフォーマンスの一元的管理

大規模、屋外、過酷な条件・環境に対し、一元的なポリシー管理により予測可能、セキュア、最適な接続を確保。

Class 1 Division 2 および ATEX Zone 2 認定

可燃性のガス、蒸気、液体の発火の可能性が高い濃度の、過酷な屋内外エリアに最適。

危険区域環境で使える Wi-Fi 6

OFDMA および TWT 機能により複数のクライアントを処理し、効率を改善。

1 ラジオあたり 512 アソシエート・クライアントをサポート

1 ラジオあたり 2 つのクライアントを接続し、実速度最大 2.69 Gbps のアグリゲート・データ・レート (HE80/HE20) を実現。

IoT 対応 Bluetooth 5 & 802.15.4/Zigbee サポート

IoT ロケーション・サービス、アセット追跡サービス、セキュリティ・ソリューション、IoT センサーの導入と管理を簡素化。

柔軟な導入オプション

クラウドベース (Aruba Central) またはマルチベンダー (Aruba Airwave) で導入可能。コントローラーレス (仮想) またはコントローラーベースに対応。

Aruba 570EX シリーズ AP の詳細と仕様

高性能デュアルバンド Wi-Fi 6

デュアルバンド (4x4 5Ghz、2x2 2.4Ghz) をサポートする 11ax ラジオ

統合 IoT ラジオ

802.15.4/Zigbee と BLE をサポートする IoT ラジオ

デュアル PoE イーサネット・ポート (HazLoc グランド付属)

1x2.5Gbps、1x1Gbps PoE イーサネット・ポート (Intelligent Power Monitoring 搭載、HazLoc グランド付属)

共通の屋外アクセス・ポイント取り付け

共通の取り付け用レールによるシンプルな屋外アクセス・ポイント取り付け

Aruba 570EX シリーズ AP の詳細と仕様

仕様

  • ハードウェア型式
    • AP-575EX
      • 内蔵の全方向性アンテナ
      • 5 GHzアンテナ5dBi
      • 2.4 GHzアンテナ3.4dBi
      • BLE/Zigbee: 全方向性アンテナ内蔵、
        最大利得は 6dBi
    • AP-577EX
      • 90°H x 90°V 指向性アンテナ内蔵
      • 5 GHzアンテナ5.6dBi
      • 2.4 GHzアンテナ6.8dBi
      • BLE/Zigbee: 全方向性アンテナ内蔵、
        最大利得は 8.4dBi
    Wi-Fi無線ラジオ仕様
    • APタイプ:
      • 屋外高耐性、Wi-Fi 6 デュアル・ラジオ、5 GHz 4x4 MIMO および 2.4 GHz 2x2 MIMO
    • 5GHz (ラジオ0)と2.4GHz (ラジオ1)に対応したソフトウェアによる設定が可能なデュアルラジオ
    • 5GHz:
      • 4 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で個々の 4SS HE160 Wi-Fi 6 クライアント・デバイスに最大 4.8Gbps の無線データ・レートを提供 (最大)
      • 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で個々の 2SS HE80 Wi-Fi 6 クライアント・デバイスに最大 1.2 Gbps の無線データ・レートを提供 (一般)
      • 4空間ストリームのマルチユーザー(MU)MIMOで最大4台の1SSまたは2台の2SS
        HE160 Wi-Fi 6 DL-MU-MIMO対応クライアント・デバイスに同時に最大4.8Gbpsの無線データ・レートを提供(最大)
      • 4空間ストリームのマルチユーザー(MU)MIMOで最大4台の1SSまたは2台の2SS HE80 Wi-Fi 6 DL-MU-MIMO対応クライアント・デバイスに同時に最大2.4Gbpsの無線データ・レートを提供(一般)
    • 2.4GHz:
      • 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で
        個々の 2SS HE40 Wi-Fi 6 クライアント・デバイスに最大 575 Mbps の無線データ・レートを提供 (最大)
      • 2 空間ストリームのシングル・ユーザー (SU) MIMO で
        個々の 2SS HE20 Wi-Fi 6 クライアント・デバイスに最大 287 Mbps の無線データ・レートを提供 (一般)
      • 1ラジオあたりの最大アソシエート・クライアント・デバイス数は512、最大BSSID数は16
      • 対応周波数帯(各国の規制適用):
        • 2.400~2.4835GHz
        • 5.150~5.250GHz
        • 5.250~5.350GHz
        • 5.470~5.725GHz
        • 5.725~5.850GHz
        • 5.825~5.875GHz
      • 使用可能チャネル:設定されている規制範囲による
      • 動的周波数選択(DFS)による使用可能RFスペクトラムの最適利用。
      • 対応無線テクノロジー:
        • 802.11b:直接拡散方式(DSSS)
        • 802.11a/g/n/ac:直交周波数分割多重方式(OFDM)
        • 802.11ax: 直交周波数分割多重方式アクセス (OFDMA) に最大 16 のリソース・ユニット (RU)
      • 対応変調タイプ:
        • 802.11b:BPSK、QPSK、CCK
        • 802.11a/g/n:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM
          (独自の機能拡張)
        • 802.11ac:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM(独自の機能拡張)
        • 802.11ax:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM
      • 802.11nハイスループット(HT)サポート:HT 20/40 802.11ac 超高速スループット(VHT)サポート:VHT 20/40/80/160
      • 802.11ax高効率(HE)サポート:HE20/40/80/160
      • 対応データ・レート(Mbps):
        • 802.11b:1、2、5.5、11
        • 802.11a/g:6、9、12、18、24、36、48、54
        • 802.11n (2.4GHz):6.5~300 (MCS0~MCS15、HT20~HT40)
        • 802.11n (5GHz):6.5~600 (MCS0~MCS31、HT20~HT40)
        • 802.11ac: (5 GHz): 6.5 ~ 3,467 (MCS0 ~ MCS9、NSS = 1 ~ 4、VHT20 ~ VHT160)
        • 802.11ax (2.4GHz):8.6~574(MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE40)
        • 802.11ax (5GHz):8.6~4,803(MCS0~MCS11、NSS = 1~4、HE20~HE160)
      • 802.11n/acパケット集約:A-MPDU、A-MSDU
      • 送信出力:0.5dBm単位で設定可能
      • 最大(実行)送信出力(地域の規制要件による制限あり):
        • 2.4 GHz帯域:+22 dBm(チェーンあたり)、+25 dBm(集約、2x2)
        • 5 GHz帯域:+22 dBm(チェーンあたり)、+28 dBm(集約、4x4)
        • 注:実行合計送信出力にはアンテナ利得が含まれません。
      • 最大EIRP(地域の規制要件による制限あり):
        • 2.4GHz帯:
          • 575EX:29.0 dBm EIRP
          • 577EX:34.4 dBm EIRP
        • 5GHz帯:
          • 575EX:32.6 dBm EIRP
          • 577EX:36 dBm EIRP
      • Advanced Cellular Coexistence (ACC)がセルラー・ネットワークからの干渉を最小限に抑制。
      • 最大比合成(MRC)による受信性能の向上。
      • 巡回遅延/シフト・ダイバーシティ (CDD/CSD) による複数の送信アンテナの使用可。
      • 20、40、80、160MHzチャネルのショート・ガード・インターバル。
      • 時空間ブロック符号(STBC)によるエリア拡張と受信強化。
      • 低密度パリティ検査(LDPC)による誤り訂正の効率化とスループットの強化。
      • 送信ビームフォーミング(TxBF)による信号の信頼性と範囲の強化。
    追加インターフェイス
    • E0:HPE Smart Rateポートx1(RJ-45)
      • リンク速度(100/1000/2500BASE-T)とMDI/MDXのオートセンシング
      • 速度2.5GbpsはNBase-Tおよび802.3bz仕様に対応
      • PoE-PD:48Vdc(公称)802.3at/bt(クラス 4 以上)
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet(EEE)
    • E1:10/100/1000BASE-T (RJ-45)
      • リンク速度およびMDI/MDXのオートセンシング
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet(EEE)
      • PoE-PD:48Vdc(公称)802.3at/bt(クラス 4 以上)
    • 冗長性とキャパシティ拡大のために両ネットワーク・ポート間のリンク・アグリゲーション(LACP)をサポート
    • Bluetooth 5 および 802.15.4 ラジオ
      • 2.4 GHz
      • Bluetooth 5:最大8dBmの送信出力と-95dBmの受信感度
      • Zigbee:最大8dBmの送信出力と-97dBmの受信感度
      • 最大4dBmの送信出力(クラス2)と-91dBmの受信感度
    • インジケータ(多色LED):
      • システムとラジオのステータスを表示
    • リセット・ボタン:
      • 工場出荷時設定にリセット(デバイスの起動時)
    • USB-C コンソール・インターフェイス
  • 電源
    • 最大消費電力:
      • PoE 電源供給 (デュアル・ポート): 32.0W
      • PoE 電源供給 (シングル・ポート、完全機能): 26.1W
    • アイドル・モードでの最大消費電力:
      • 14.0W (シングル PoE) または 16.0W (デュアル PoE)
    • ディープスリープ・モードでの最大消費電力:
      • 2.9W (シングル PoE) または 3.9W (デュアル PoE)
    • APはPoE(Power over Ethernet):ポートE0とE1に対応
    • PoE電力が両方のイーサネット・ポートに供給される場合、電源の組み合わせまたは優先処理をAPに設定可能
    • 電源は別売、詳細については、「オーダーガイド」を参照
    • 1x 802.3at (クラス 4) PoE 給電を使用し、IPM 機能が無効になっている場合は、AP の他方のイーサネット・ポートは無効になります。同じ構成で IPM が有効になっている場合は、AP は無制限モードで起動しますが、PoE バジェットと実際の電源量に応じて制限が動的に適用されることもあります。機能の制限とその順序はプログラム可能です。
    • シングルまたはデュアル 802.3af (クラス 3 以下) の PoE 電源では AP は動作しません。
    取り付け
    • AP-270-MNT-V1
    • AP-270-MNT-V2
    • AP-270-MNT-H1
    • AP-270-MNT-H2
    物理仕様
    • AP-575EX
      • 寸法/重量(マウント部分を除く):
        • (幅) 24cm x (奥行) 24cm x (高さ) 27cm
        • 2.5kg
    • AP-577EX
      • 寸法/重量(マウント部分を除く):
        • (幅) 23cm x (奥行) 22cm x (高さ) 14cm
        • 2.1kg
    環境仕様
    • 動作時:
      • 温度:-40°C~+65°C(-40°F~+149°F)全太陽光負荷
      • 湿度: 5 ~ 93% (結露なきこと)
      • あらゆる天候での動作に対応確認済み
    • 保管/輸送時:
      • 温度:-40~+70°C
    • 動作高度:3,000m
    • 水と埃:IP66/67
    • 耐塩性:ASTM B117-07A塩スプレーで200時間テスト
    • 耐風性:最大165Mph
    • 衝撃と振動:ETSI 300-19-2-4
    規制の遵守
    • FCC/ISED
    • CEマーク
    • RED Directive 2014/53/EU
    • EMC Directive 2014/30/EU
    • Low Voltage Directive 2014/35/EU
    • UL/IEC/EN 60950
    • EN 60601-1-1、EN60601-1-2

    国別規制や承認の詳細については、Aruba代理店にお問い合わせください。

    規制モデル番号
    • AP-575EX:APEX0575
    • AP-577EX:APEX0577
    認定
    • CBスキームの安全保証、cTUVus
    • UL2043プレナム・レーティング
    • Wi-Fi Alliance認定802.11a/b/g/n/
    • Wi-Fi CERTIFIED™ 6(802.11ax)
    • Wi-Fi CERTIFIED™ ac(Wave 2機能あり)
    • Passpoint®(リリース2)にAOSおよびInstant
    オペレーティング・システム・ソフトウェアの最低バージョン
    • ArubaOSおよびAruba InstantOS 8.7.0.0
    保証

関連製品

570EX シリーズ AP をサポートする Aruba 製品、またはお客様のニーズにより適合する可能性のあるその他のソリューションもご覧ください。

Side by side image of 370EX Access point front and back

370EX シリーズ AP

石油ガス環境や爆発の危険がある環境などの危険な場所向けの高性能 Wi-Fi 5 802.11ac Wave 2 屋外アクセス・ポイント

  • AP-375EX: C1D2 準拠 全方向アンテナ
  • AP-377EX: C1D2 準拠 指向性アンテナ
  • AP-375ATEX: ATEX Zone 2 準拠 全方向アンテナ
Antennas for access points with wire extensions

アンテナ

カバレッジの最適化については、アンテナのポートフォリオをご覧ください。

危険場所や過酷な屋外環境で使える高性能 Wi-Fi 6