Aruba 203H シリーズ屋内用サービス業向け Wi-Fi 5 アクセス・ポイント

このコンパクトでコスト効率に優れた Wi-Fi 5 アクセス・ポイントは、ブランチ・オフィスやサービス業に最適です。高いセキュリティを備えた 203H は、企業のアプリケーションがリモートで中断なく動作することを保証します。

リモート・ワーカー向けに設計された Wi-Fi エクスペリエンス

このコスト効率に優れたセキュアなアクセス・ポイントには有線/無線のオプションがあり、導入と運用のモードを選択できます。

Icon for cost-effective Wi-Fi for working from home どこからでも仕事ができる、コスト効率に優れたアクセス・ポイント

どこからでも仕事ができる、コスト効率に優れたアクセス・ポイント

小型で効率的な 203H シリーズ Wi-Fi 5 規格 AP は、コストと複雑さを最小限に抑えながら、信頼性が高くセキュアな接続性を実現します。

Icon for improved power consumption 電力消費の改善

電力消費の改善

PoE を搭載した 203H シリーズ AP は、消費電力を最小限に抑えることができます。無線/有線のアクセスを 1 台の小型デバイスで実現しながら、効率的で信頼性の高い無線ネットワークを簡単に利用できるようにします。

Icon for secure and reliable performance 高度にセキュア、優れた信頼性

高度にセキュア、優れた信頼性

統合された無線侵入、IP 評価、セキュリティ・サービスが悪意のあるファイル、URL、IP を識別して分類し、ブロックすることにより、オンラインの高度な脅威を包括的に防ぎます。

Icon for multiple deployment options and a choice of routes to take 導入と運用のモードを選択

導入と運用のモードを選択

柔軟性の高い 203H シリーズ AP は、体系的な既存のケーブル・システムを利用して簡単に壁に取り付けることも、オプションのデスク取り付けキットを使用してデスク取り付け型のアクセス・ポイントに変換することも可能です。また、コントローラーベースまたはコントローラレスのどちらのモードでも導入できます。

リモート・ワークに最適な 802.11ac アクセス・ポイント

セキュアで高速な 203H シリーズ AP は、ブランチ・オフィスやサービス業向けに、企業リソースへのコスト効率に優れたネットワーク・アクセスを提供します。

柔軟なラジオ・アーキテクチャ

ソフトウェアにより、1x1 デュアル・ラジオ・モードまたは 2x2 シングル・ラジオ・デュアルバンド・モードのいずれかで動作するように設定可能です。

5GHz 帯では最大 867Mbps (2SS/VHT80 クライアント使用時)、2.4GHz 帯では最大 400Mbps (2SS/VHT40 クライアント使用時) に対応します。1x1 デュアル・ラジオ・モードでは、これらの最大速度は 433Mbps (5GHz) および 200Mbps (2.4GHz) となります。

ARM で RF 干渉を軽減

Adaptive Radio Management (ARM) テクノロジーにより、チャネルおよび送信出力設定を自動的に割り当て、エアタイム・フェアネスを確保し、RF 干渉源からアクセス・ポイントを保護して、信頼性に優れた高パフォーマンス WLAN を提供します。

ポリシーベースのアクセス制御

ダイナミック・セグメンテーションにより、Aruba の有線/無線ネットワーク上で、デバイスレベルのアクセス・ポリシーをリアルタイムに適用します。

AppRF でアプリのインテリジェントな可視化

AppRF テクノロジーがディープ・パケット・インスペクションを使用して広範なカテゴリのアプリケーションを分類し、ブロック、優先処理、帯域幅制限を行います。

Aruba 203H シリーズ AP の詳細と仕様

デュアルバンド対応 Wi-Fi 5 柔軟なラジオ

シングルバンド 2x2 またはデュアルバンド 1x1 対応 11ac ラジオ

USB IoT ラジオに対応

ロケーション・サービス用プラグイン USB IoT ラジオ・モジュール (LS-BT1USB) に対応

壁/デスク取り付けに対応

壁/デスク取り付けソリューション対応、アップグレードを容易にする 303H ブラケット使用可能

アップリンク用 1G イーサネット

アクセス・ポイント背面にアップリンク用 1x1Gbps PoE イーサネット・ポート

2x1G ローカル・イーサネット

有線ダウンリンク用の 2x1G ローカル・イーサネット

Aruba 203H シリーズ AP の詳細と仕様

仕様

  • AP-203Hシリーズの仕様
    • ユニファイド・フレキシブル・ラジオ802.11ac 2x2:2SSサービス業およびブランチ向けAP (アンテナ内蔵)
    • 壁の電源ボックスに取り付け可能、デスク・スタンド型への変更も可能
    Wi-Fi無線ラジオ仕様
    • APタイプ:屋内用、フレキシブル・ラジオ:
      • 5GHz 802.11ac 2x2 MIMOまたは2.4GHz 802.11n 2x2 MIMO1、または
      • 5GHz 802.11ac 1x1および2.4GHz 802.11n 1x11
    • ソフトウェアによる設定が可能なラジオ、5GHz (ラジオ0)および/または2.4GHz (ラジオ1)に対応
    • 5GHz:2空間ストリームのシングル・ユーザーMIMO (SU-MIMO)で個々の2x2 VHT80クライアント・デバイスに最大867Mbpsの無線データ・レートを提供
    • 2.4GHz:2空間ストリームのシングル・ユーザーMIMO (SU-MIMO)で個々の2x2 VHT40クライアントに最大400Mbpsの無線データ・レートを提供(HT40 802.11nクライアント・デバイスでは300Mbps)
    • 1ラジオあたりの最大アソシエート・クライアント・デバイス数は32、最大BSSID数は8
    • 対応周波数帯(各国の規制適用):
      • 2.400~2.4835GHz
      • 5.150~5.250GHz
      • 5.250~5.350GHz
      • 5.470~5.725GHz
      • 5.725~5.850GHz
    • 使用可能チャネル:設定されている規制範囲による
    • 動的周波数選択(DFS)による使用可能RFスペクトラムの最適利用
    • 対応無線テクノロジー:
      • 802.11b:直接拡散方式(DSSS)
      • 802.11a/g/n/ac:直交周波数分割多重方式(OFDM)
    • 対応変調タイプ:
      • 802.11b:BPSK、QPSK、CCK
      • 802.11a/g/n/ac:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM
    • 送信出力:0.5dBm単位で設定可能
    • 最大(実行)送信出力(地域の規制要件による制限あり):
      • 2.4GHz帯:+18dBm (チェーンあたり)、+21dBm (集約、2x2モード)
      • 5GHz帯:+16dBm (チェーンあたり)、+19dBm (集約、2x2モード)
      • 注:実行合計送信出力にはアンテナ利得が含まれないため、実効放射電力(EIRP)を得るにはアンテナ利得を加算する必要があります
    • 最大比合成(MRC)による受信性能の向上
    • ダウンリンクのRF特性を改善する巡回遅延/シフト・ダイバーシティ(CDD/CSD)
    • 20、40、80MHzチャネルのショート・ガード・インターバル
    • 時空間ブロック符号(STBC)によるエリア拡張と受信強化
    • 低密度パリティ検査(LDPC)による誤り訂正の効率化とスループットの強化
    • 送信ビームフォーミング(TxBF)による信号の信頼性と範囲の強化(2x2モード)
    • 対応データ・レート(Mbps):
      • 802.11b: 1、2、5.5、11
      • 802.11a/g: 6、9、12、18、24、36、48、54
      • 802.11n:6.5~300 (MCS0~MCS15)
      • 802.11ac:6.5~867 (VHT20/40/80ではMCS0~MCS9、NSS = 1~2)
    • 802.11n高スループット(HT)サポート:HT 20/40
    • 802.11ac超高速スループット(VHT)サポート:VHT 20/40/80
    • 802.11n/acパケット集約:A-MPDU、A-MSDU

    1 256-QAMモジュレーション(802.11ac)は2.4GHzラジオでもサポート

    Wi-Fiアンテナ
    • 2x2 MIMO対応デュアルバンド中程度指向性アンテナ x2を内蔵、最大アンテナ利得は2.4GHz帯で4.9dBi、5GHz帯で6.0dBi。内蔵アンテナはAPを垂直方向に取り付けた状態で最適化。水平方向のビーム幅は約120度。
      • MIMOラジオ(2x2モード)の各アンテナのパターンを組み合わせた場合の有効アンテナ・パターンあたりの最大利得は2.4GHz帯で2.3dBi、5GHz帯で3.4dBi。
    その他のインターフェイス
    • アップリンク:10/100/1000BASE-T Ethernet (RJ-45、背面)
      • リンク速度およびMDI/MDXのオートセンシング
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
      • PoE-PD (入力):48Vdc (公称) 802.3af/at PoE
    • ローカル:10/100/1000BASE-T Ethernet (RJ-45、下部)
      • リンク速度およびMDI/MDXのオートセンシング
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet (EEE)
    • パッシブ・パススルー・インターフェイス (RJ-45 x2、背面と下部)
      • USBホスト・インターフェイス(Type Aコネクター)
      • Aruba LS-BT1USB BLEラジオ・モジュール専用
    • インジケータ(LED):
      • 電源/システム・ステータス
      • ラジオ・ステータス
      • ローカル・ネットワーク・ポート・ステータス
    • リセット/LEDコントロール・ボタン(クリップの先などの細い棒で押す)
      • 工場出荷時設定にリセット(デバイスの再起動時に有効化)
      • LEDコントロール:オフ/通常動作の切り替え
    • シリアル・コンソール・インターフェイス(カスタムuUSB物理ジャック)
  • 暗号化スループット
    • IPsecによる有線での最大暗号化スループット:20Mbps
    電源と消費電力
    • APへの給電にはPoE (Power over Ethernet)を使用
    • オプションのPoEパワー・インジェクタは別売り
    • PoE (Power over Ethernet):48Vdc (公称) 802.3af/802.3at互換電源
    • 最大消費電力:7.4W
    • 接続USB BLEモジュール向けの最大100mWを含む
    • アイドル・モードでの最大消費電力:3.9W
    取り付け
    • APにはシングル・ギャング式電源ボックス(多くの国で使用)に取り付けるためのプレートが付属します。APはプレートにしっかり固定されるため、プレートからAPを外すときは製品に付属するカスタム・セキュリティ・ツールを使用します。
    • APをデュアル・ギャング式電源ボックスに取り付ける、壁に直接取り付ける、またはデスク・スタンド型にするための取り付けキットがオプションとして用意されています。
    機械仕様
    • 寸法/重量(本体、シングル・ギャング式電源ボックス用取り付けプレート使用時):
      • 86mm x 26.5mm x 140mm (幅 x 奥行 x 高さ)
      • 225g
    • 寸法/重量(梱包後):
      • 115mm x 47mm x 165mm (幅 x 奥行 x 高さ)
      • 290g
    環境仕様
    • 動作時:
      • 温度:0~40°C
      • 湿度:5~93% (結露なきこと)
    • 保管/輸送時:
      • 温度:-40~70°C
    規制
    • FCC/Industry Canada (カナダ産業省)
    • CEマーク
    • R&TTE指令1995/5/EC
    • 低電圧指令72/23/EEC
    • EN 300 328
    • EN 301 489
    • EN 301 893
    • UL/IEC/EN 60950
    • EN 60601-1-1、EN 60601-1-2
    • 国別規制や承認の詳細については、Aruba代理店にお問い合わせください。
    信頼性
    • MTBF:動作温度25°Cで780,000時間(89年間)
    規制モデル番号
    • AP-203H-xx (全機種):APINH203
    認定
    • CBスキームの安全保証、cTUVus
    • UL2043プレナム・レーティング
    • Wi-Fi Alliance (WFA)認定802.11a/b/g/n/ac
    保証
    ソフトウェアの最低バージョン
    • ArubaOS™ 6.5.2.0/8.2.0.0
    • Aruba InstantOS™ 6.5.3.0/8.2.0.0
セキュアな常時接続でリモート・ワーク

セキュアな常時接続でリモート・ワーク

チームが世界中の遠隔地に分散している現在、ワークプレイスは劇的に変化しています。接続、コラボレーション、そして成功に必要なツールやデータにアクセスする能力は、今やミッションクリティカルです。Aruba がこれをどのように実現しているかご確認ください。

関連製品

203H シリーズ AP を補完およびサポートする Aruba 製品や、お客様のニーズに合ったその他のソリューションの情報をご確認いただけます。

Front and back view of Aruba 303H access point

303H シリーズ AP

このコスト効率に優れた Wi-Fi 5 (Wave 2) アクセス・ポイントは、サービス業、ブランチ・オフィス、医療機関、リモート・ワークに最適な柔軟かつセキュアなソリューションです。

Front and back view of the Aruba 203R Wi-Fi Access Point

203R シリーズ AP

コンパクトでコスト効率に優れた 203R Wi-Fi 5 アクセス・ポイントは、エンタープライズクラスのさまざまな機能を備えており、リモート・ワーカーに本社で作業をする場合と同様の高品質な Wi-Fi エクスペリエンスを提供します。

Aruba 503H and 505H access points side by side

500H シリーズ AP

この Wi-Fi 6 屋内用アクセス・ポイントは、ネットワーク・セキュリティを保護しながら、高パフォーマンスの接続性を提供します。暗号化と認証機能が強化されているため、中規模のオフィスや学校、小売店舗などに最適です。

さあ、始めましょう