Aruba 500H シリーズ アクセス・ポイント

サービス業、ブランチオフィス、リモート・アクセス向けの高パフォーマンスでコスト効率の高い Wi-Fi 6。

規模に応じた高パフォーマンス

中密度環境におけるモバイル、クラウド、IoT の要件が増大している組織に適した高パフォーマンスの有線/無線接続性。

Icon for high efficiency 究極の効率性

究極の効率性

Wi-Fi 6 規格に準拠した 500H シリーズ AP は、OFDMA、MU-MIMO、ターゲット・ウェイク・タイムなどの機能を搭載しており、マルチユーザー・パフォーマンスと効率性を向上させます。

Icon for Iot location ready IoT とロケーション対応

IoT とロケーション対応

Aruba の Wi-Fi 6 AP は、Zigbee、Bluetooth 5、およびサードパーティのオーバーレイに対応するため、IoT サービスの導入と管理が簡単になり、Aruba Central の接触者追跡ダッシュボード用のテレメトリを利用できます。Advanced IoT Coexistence が Wi-Fi と IoT との常時接続を提供します。

Icon for Unified Infrastructure 統合インフラストラクチャ

統合インフラストラクチャ

有線/無線を統一した接続性と柔軟な導入を目的に構築。最大 4 つのイーサネット・ポートを備え、壁またはデスクに取り付けてローカル有線アクセスを行えるようにします。クラウドネイティブの Aruba Central またはオンプレミスの管理オプションを選択可能です。

Drawn icon of a lock with a keyhole シンプルでセキュアなアクセス

シンプルでセキュアなアクセス

500H シリーズ AP は、WPA3 による強力な暗号化と認証、Enhanced Open によるゲスト・アクセス用のセキュアな認証情報/鍵の保存、ユーザーおよび IoT アクセス・ポリシー・エンフォースメント・ファイアウォールにより、ネットワークのセキュリティを保護します。

画期的な無線機能

ホテル、ブランチ・オフィス、またはテレワーカーの環境から、1 台のデバイスで、最大 1.5Gbps の無線スループット、1 Wi-Fi ラジオあたり 256 の最大アソシエート・クライアントの有線/無線接続 (1 台のデバイス) に対応します。また、セルラー・バックホールまたは IoT 拡張 (505H) 用の USB ポートを搭載しています。

クラス最高のハードウェア

最大 4 ポートのローカル有線接続、最大 2 ポート (505H) の PoE 出力、最大 500Mbps の暗号化パフォーマンス。

Wi-Fi 6 認定 (OFDMA および MU-MIMO 対応)

デバイスやトラフィックの種類にかかわらず、各チャネルで複数の Wi-Fi 6 対応クライアントを同時に処理します。

ダイナミック・セグメンテーションによる無線トラフィックのポリシー適用

柔軟性と拡張性に優れ、有線/無線ネットワーク全体で一貫したポリシーを自動的に適用します。

WPA3 と Enhanced Open によるセキュリティ

複雑さを増すことなくエンタープライズ・レベルのセキュリティを強化し、ゲスト・アクセスをより強力に保護します。

IoT 対応 Bluetooth 5 および Zigbee 対応

IoT ロケーション・サービス、アセット追跡サービス、セキュリティ・ソリューション、IoT センサーの導入と管理をシンプルにします。

Aruba の ClientMatch テクノロジー

AI を活用する Aruba のソリューションを使用して、スティッキー・クライアントの問題を排除し、Wi-Fi 6 クライアントのパフォーマンスを最適化します。

Air Slice で SLA-グレードのパフォーマンスを実現

遅延センシティブな、高帯域幅の、および IoT のサービスで、SLA レベルのパフォーマンスを実現します。

Aruba 500H シリーズ AP の詳細と仕様

高パフォーマンス・デュアルバンド Wi-Fi 6

11ax ラジオはデュアルバンド 2x2 に対応

高度な IoT フィルタリング機能を備えた統合型 IoT ラジオ

IoT ラジオは 802.15.4/Zigbee および AIC フィルターの BLE に対応

2.5G Smart Rate PoE ポート(アップリンク用)

1x2.5Gbps PoE イーサネット・ポート (インテリジェント電源管理対応)

4x1G イーサネット (2x PSE 出力)

4x1G イーサネット・ポート (2x PSE) (給電に応じて 802.3at/af)

壁/デスク取り付けに対応

壁/デスク取り付けソリューション対応、アップグレードを容易にする 303H ブラケット使用可能

Aruba 500H シリーズ AP の詳細と仕様

仕様

  • ハードウェア型式
    • AP-505H
      • 5GHzラジオ:
        • 2 空間ストリーム (SU/MU) MIMO で最大 1.2Gbps の無線データ・レート (HE80)
      • 2.4Ghzラジオ:
        • 2 空間ストリーム (SU/MU) MIMO で最大 287Mbps の無線データ・レート (HE20)
        • 注: HE40 の使用は 2.4GHz でサポートされていますが一般的ではなく、企業規模での導入には推奨されません。
    Wi-Fi無線ラジオ仕様
    • AP タイプ:
      • ハイエンド・デュアルラジオ Wi-Fi 6 サービス業向け AP、1+4 Ethernet ポート
    • 最大アソシエート・クライアント・デバイス数:
      • 1ラジオあたりの最大アソシエート・クライアント・デバイス数は256
    • 最大BSSID数:
      • ラジオあたりの最大BSSID数は16
    • 対応周波数帯(各国の規制適用):
      • 2.400 ~ 2.500GHz (ISM) チャネル 1 ~ 13
      • 5.150 ~ 5.250GHz (U-NII-1) チャネル 36、40、44、48
      • 5.250 ~ 5.350GHz (U-NII-2A) チャネル 52、56、60、64
      • 5.470 ~ 5.725GHz (U-NII-2C) チャネル 100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140、144
      • 5.725 ~ 5.850GHz (U-NII-3) チャネル 149、153、157、161、165
    • 動的周波数選択(DFS)による使用可能RFスペクトラムの最適利用
    • 対応無線テクノロジー:
      • 802.11b:直接拡散方式(DSSS)
      • 802.11a/g/n/ac:直交周波数分割多重方式(OFDM)
      • 802.11ax:直交周波数分割多重方式アクセス(OFDMA)*に最大8のリソース・ユニット
    • 対応変調タイプ:
      • 802.11b:BPSK、QPSK、CCK
      • 802.11a/g/n:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM(独自の機能拡張)
      • 802.11ac:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM(独自の機能拡張)
      • 802.11ax:BPSK、QPSK、16-QAM、64-QAM、256-QAM、1024-QAM
    • 802.11n高スループット(HT)サポート:
      • HT20/40
    • 802.11ac超高速スループット(VHT)サポート:
      • VHT20/40/80
    • 対応データ・レート(Mbps):
      • 802.11b:1、2、5.5、11
      • 802.11a/g:6、9、12、18、24、36、48、54
      • 802.11n:6.5~300(MCS0~MCS15、HT20~HT40)、400(256-QAM)
      • 802.11ac:6.5~867(MCS0~MCS9、NSS = 1~2、VHT20~VHT80)、1,083(1024-QAM)
      • 802.11ax (2.4GHz):3.6~574(MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE40)
      • 802.11ax (5GHz):3.6~1,201(MCS0~MCS11、NSS = 1~2、HE20~HE80)
    • 802.11N/acパケット集約:
      • A-MPDU、A-MSDU
    • 送信出力:
      • 0.5dBm単位で設定可能
    • 最大(アグリゲート、実行合計)送信出力(地域の規制要件による制限あり):
      • 2.4GHz帯:+20dBm(チェーン当たり17dBm)
      • 5 GH帯:+21dBm(チェーン当たり18dBm)
      • 注:実行合計送信出力にはアンテナ利得が含まれないため、実効放射電力(EIRP)を得るにはアンテナ利得を加算する必要があります
    • 設定可能な最低送信出力:
      • 0 dBm (実行、チェーン当たり)
    Wi-Fiアンテナ
    • 2x2 MIMO 対応半指向性アンテナ x2 を内蔵、最大アンテナ利得は 2.5dBi (2.4GHz) および5.6 dBi (5GHz)。
      • 内蔵アンテナは AP を壁に垂直、またはデスクに取り付けた状態での使用に最適。
      • MIMOラジオの各アンテナのパターンを組み合わせた場合の、平均的なパターンの総最大利得は2.4GHzで3.3dBi、5GHzで2.4dBi。
    その他のインターフェイス
    • E0:Ethernet有線ネットワーク・ポート(RJ-45)
      • リンク速度(100/1000/2500BASE-T)とMDI/MDXのオートセンシング
      • 速度2.5GbpsはNBase-Tおよび802.3bz仕様に対応
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet(EEE)
    • ローカル (E1-E4):Ethernet 有線ネットワーク・ポート (RJ45) x4
      • リンク速度(10/100/1000BASE-T)とMDI/MDXのオートセンシング
      • 802.3az Energy Efficient Ethernet(EEE)
      • E1 & E2: PoE-PSE: 802.3af/at PoE 出力; デュアル 802.3af (両ポート) またはシングル 802.3at (E1 のみ)
    • DC電源インターフェイス
      • 48Vdc(公称、+/- 5%)、直径1.35/3.5mm、長さ9.5mmの中心正極丸型プラグに対応
    • USB 2.0ホスト・インターフェイス(Type Aコネクタ)
      • セルラー・モデム
      • IOT またはその他のプラグイン・アクセサリ
      • デバイスの給電ポート
      • 接続したデバイスに最大1A/5Wの給電が可能
    • Bluetooth Low Energy(BLE5.0)およびZigbee(802.15.4)ラジオ
      • BLE:最大7dBmの送信出力(クラス1)と-100dBmの受信感度(125kbps)
      • Zigbee:最大7dBmの送信出力と-97dBmの受信感度(250kbps)
      • 半指向性アンテナ内蔵、最大アンテナ利得は 1.2dBi
    • インジケータ(多色LED x2):
      • 電源/システム・ステータス
      • ラジオ・ステータス
      • ローカル・ネットワーク・ポート・ステータス (4x)
      • PoE-PSEステータス(x2)
    • リセット・ボタン:
      • LEDモード・コントロール(通常/オフ)
    • シリアル・コンソール・インターフェイス:
      • 専用のmicro-B USB物理ジャック
    • セキュリティ・スロット:
      • Kensingtonセキュリティ・スロット
  • 電源と消費電力
    • 電源:
      • APはDC直接電源とPoE(Power over Ethernet)に対応
      • DCとPoEの両方の電源が使用できる場合は、PoEよりもDC電源を優先
      • 電源は別売り、詳細については「500Hシリーズオーダーガイド」を参照
      • 電源が DC または 802.3bt (クラス 6) PoE の場合、AP は無制限に動作します。
      • 802.3at (クラス 4) PoE 給電を使用し、IPM 機能が無効になっている場合は、PoE-PSE が有効になっている場合 (のみ)、AP の USB ポートは無効になり、(802.3af) PoE-PSE 給電が 12.5W に制限されます。同じ構成で IPM が有効になっている場合は、AP は (E1 でのみ) PoE 給電を制限しますが (PSE 給電なし / 15.4W (802.3af class 3))、PoE バジェットと実際の電源量に応じて制限が動的に適用されることもあります。機能の制限とその順序はプログラム可能です (E2)。
      • 802.3af (class 3) PoE で給電する場合、IPM 機能が無効になっていると USB ポートが無効化され、PoE-PSE 機能が無効化されます。ポート E3 および E4 で同じ構成の場合も同様です。
      • IPM が有効になっている場合は、AP は制限なく PoE-PSE 機能を無効化 (のみ) しますが、PoE バジェットと実際の電力消費量に応じて制限が動的に適用されることがあります。機能の制限とその順序はプログラム可能です。
    • 最大消費電力 (USB または PSE なし / 最大):
      • DC電源供給:14W/50W
      • PoE電源供給(802.3bt):14W/51W
      • PoE電源供給(802.3at):14W/25.5W
      • PoE電源供給(802.3af):13.5W/13.5W
    • アイドル・モードでの最大消費電力 (USB または PSE なし):
      • 6.2W
    • ディープスリープ・モードでの最大消費電力 (USB または PSE なし):
      • 3.5W
    機械仕様
    • 寸法/重量(AP-505H、本体、マウントブラケットを除く):
      • 86mm(幅)x 47mm(奥行)x 150mm(高さ)
      • 重量:360g
    • 寸法/重量(AP-505、梱包時):
      • 111mm(幅)x 54mm(奥行)x 167mm(高さ)
      • 重量:450g
    環境仕様
    • 動作時:
      • 温度:0~+40°C
      • 湿度:5~93% (結露なきこと)
      • ETS 300 019クラス3.2環境
    • 保管/輸送時:
      • 温度:-40~+70°C
      • 湿度:5~93% (結露なきこと)
      • ETS 300 019クラス1.2および2.3環境
    信頼性
    • 平均故障間隔(MTBF):
      • 動作温度 25°C で 78,000 時間 (88 年間)
    規制の遵守
    • 規制モデル番号:
      • APINH505
    • 規制の遵守:
      • FCC/ISED
      • CEマーク
      • RED Directive 2014/53/EU
      • EMC Directive 2014/30/EU
      • Low Voltage Directive 2014/35/EU
      • IEC/EN 60950
      • EN 60601-1-1、EN60601-1-2
      • IEC/EN 62368-1

      国別規制や承認の詳細については、Aruba代理店にお問い合わせください。

    認定
    • 認定:
      • Wi-Fi Alliance:
        • Wi-Fi認定a、b、g、n、ac
        • Wi-Fi認定6(ax)
        • WPA, WPA2 and WPA3 – Enterprise with CNSA option, Personal(SAE), Enhanced Open ( OWE)
        • WMM、WMM-PS、Wi-Fi Vantage、Wi-Fi Agile Multiband
        • パスポイント(リリース2)
      • Bluetooth SIG
      • Ethernet Alliance(PoE、PDデバイス、クラス6)
    オペレーティング・システム・ソフトウェアの最低バージョン
    • ArubaOSおよびAruba InstantOS 8.7.0.0
    保証
Aruba がエッジでリーダーに

Aruba がエッジでリーダーに

Gartner は、Aruba を再び「2020 年版有線/無線 LAN アクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント」のリーダーとして評価しました。さらに、Aruba は「2020 年版 Gartner クリティカル・ケイパビリティ・レポート」の 6 つのユースケースのうち、6 つで最高スコアを獲得しました。

関連製品

500H シリーズ AP を補完する Aruba 製品や、お客様のニーズにより適したその他のソリューションの情報をご確認いただけます。

Aruba 550 series access points

Aruba 550 シリーズ AP

超高密度のモバイルおよび IoT の導入向けに最高のパフォーマンス

  • AP-555: デュアル/トライ・ラジオ 8X8/4X4、2X 5Gbps イーサネット・ポートを搭載する内蔵アンテナ、BLE & Zigbee USB
Aruba 530 series access points

Aruba 530 シリーズ・キャンパス AP (Wi-Fi 6)

高密度モバイルおよび IoT 導入に適した高パフォーマンス、デュアル・ラジオ 4X4、2x5Gbps イーサネット・ポート、BLE & Zigbee、USB を搭載したキャンパス AP

  • AP-534: 外付けアンテナ
  • AP-535: 内蔵アンテナ
Aruba 510 series access points

Aruba 510 シリーズ・キャンパス AP (Wi-Fi 6)

中密度モバイルおよび IoT 導入に適したミッドレンジ、デュアル・ラジオ 4X4/2X2、プラス 1X2.5Gbps 1X イーサネット・ポート、BLE & Zigbee、USB

  • AP-514: 外付けアンテナ
  • AP-515: 内蔵アンテナ
Aruba 360 series access points

Aruba 360 シリーズ・エントリーレベル屋外用 AP (Wi-Fi 5)

エントリーレベル/屋外倉庫

  • AP-365: 屋外用全方向性アンテナ内蔵
  • AP-367: 屋外用指向性アンテナ内蔵
Antennas for access points with wire extensions

アンテナ

カバレッジを最適化できるよう、Aruba アンテナ・ポートフォリオをすべてご覧ください。

Aruba 500H シリーズ AP Wi-Fi 6 は常時接続をサポート