Stanley Park High - 学校 Wi-Fi のケーススタディ

Aruba は、英国の先進的な学校におけるモバイルファースト戦略を、中心となって成功に導いている企業です

10 年前、ロンドン郊外にある総合中等学校 Stanley Park High には、教育へのアプローチを再考する一世代に一度しかないほどの機会が与えられました。同校はその機会を十二分に生かしました。

再考に当たっての中心となる前提は、人間規模の教育でした。この学校は、多様で、柔軟で、豊かで、体験的で、活発なラーニングジャーニーを目指しています。学問だけでなく、社会的知性や感情的知性にも重点を置いています。

スクールアカデミートラストの CEO、David Taylor はこう言います。「知的好奇心を持つ生徒を輩出したいと思っています。リスクを取りに行くほどの自信と、自分自身を律して効果的に力を発揮する能力を持つ生徒です」。

教育の受け方や与え方について再考する機会

最終的にはワイヤレスが学校全体の主な接続方法になります。弊社には、2,000 台のデバイスが同時接続し、シームレスにローミングできる能力があります。Michael Sullivan、IT マネジャー、Stanley Park High

Stanley Park High の正面にいる生徒たち

1930 年代に建設された校舎 (元の受け入れ人数はわずか 400 人) から場所を移転して目的に沿った校舎を新築する計画を立てた Stanley Park High には、物理​的にも哲学的にも心機一転やり直す機会がありました。

Taylor はこう言います。「物理的なスペース、カリキュラム、ICT のすべてを再考する機会がありました。閉ざされた部屋で授業をしたり、生徒に 1 時間黒板を見させたりすることは、もう 21 世紀のやり方ではないという認識がありました」。

IT マネージャーの Michael Sullivan は、IT の観点からすれば、学校が技術のことであまり煩わされるべきではないと考えらえました。「技術はすぐに古くなります。2008 年に立てた計画も、5 年も経過しないうちに古くなるだろうと予想できました。そこで、大綱として、拡張可能で柔軟な環境を作るという方針が立てられました。」

2012 年に新しい建物がオープンした時、ネットワーク接続はほぼ固定され、12 の IT スイートがキャンパスの周りに点在していました。Sullivan によれば、2016 年にはもう、今後はワイヤレスが主流になるとわかりました。「生徒が接続性や帯域幅を失うことなく、学校中をシームレスにローミングできるようにしようと考えました。」

進化するワイヤレス戦略に対応できる柔軟性

Stanley Park High の IT スタッフをサポートし、マネージドサービスモデルを有効化するために、Aruba Central 管理プラットフォームに基づくクラウドベースのソリューションが定義されました。このアプローチにより、管理の複雑さが大幅に解消され、ネットワークセキュリティとアクセス制御のための堅牢なフレームワークが提供されます。このソリューションは現在、Stanley Park High の Aruba Instant AP およびスイッチの全体を管理し可視化しています。さらに、高度な分析サービスと接続の健全性により、Sullivan はチームと協働してネットワーク効率を改善することができます。

この場所は、90 台の 802.11ac Wave 2 Aruba 315、20 台の Aruba 335 Instant アクセス・ポイント、Aruba 2930F Campus Edge スイッチでカバーされています。Central 機能の一部である Aruba Clarity が予測トラブルシューティングに使用され、24 時間 365 日の可用性を確保しています。ArubaOS 8 は、Instant アクセスポイントおよび Live Update 全体のファームウェアアップグレードを自動化して操作を容易にするなど、多くの有用な長所を実現しますが、これによりサービスは中断されることなく実行できるようになります。このソリューションは、長年の認定 Aruba パートナーである Medhurst によって設計および実装されることにより、堅牢な展開が保証されています。また、Medhurst は 5 年間のサポートを管理し、Aruba Central を使用してインフラストラクチャのリモート監視を行います。Aruba Central には学校からもアクセスすることができ、レポートやダッシュボードの生成や、ユーザーアカウントのセルフプロビジョニングなど、さまざまなタスクを行うことができます。

Stanley Park High 内のホール

Sullivan はこう語ります。「Central に搭載されている機能の多さと、Aruba がお客様のフィードバックを取り入れている証拠を見て、特に感銘を受けました。堅牢な Aruba ソリューションと、信頼できるパートナーおよびマネージドサービスプロバイダーである Medhurst とのパートナーシップにより、必要な保証と安心が得られています。」

学校のワイヤレス戦略が進むにつれ、レポートと容易な管理方法が非常に重要になる、と彼は言います。今後は IoT およびスマートビル管理が計画に含まれており、ネットワークを4年ごとにアップグレードするための予算が準備されています。

今後数年間で学校のネットワークに接続されるモバイルデバイスの数は 2 倍以上になると見込まれており、この成長に対応できる拡張性や余地を設けることが主要な設計基準となっています。「最終的にはワイヤレスが学校全体の主な接続方法になります。弊社には、2,000 台のデバイスが同時接続し、シームレスにローミングできる能力があります」と彼は言います。

キャンパス間のシームレスなローミング

Stanley Park High キャンパスには 3 階建ての校舎が 2 棟あり、1,300 人の生徒たちを受け入れることができます。3 階建ての棟はアトリウムで区切られ、あちこちに座席と勉強エリアがあります。Aruba ワイヤレスネットワークは、2017-18 学年度の初めからこの場所全体をカバーしています。

生徒は授業中でも建物内を自由に歩き回ることができます。接続性が低下することはなく、十分な帯域幅が一貫してあるので、重いメディアファイルでも表示できます。今回の計画では、屋外エリア、スポーツ施設、園芸施設など、キャンパス全体にワイヤレス通信できる範囲を拡大することを目指しています。

このソリューションにより、学校は生徒に早くモバイルデバイスを展開することができました。広範なテストの後、学校は段階的に、生徒全員に Chromebook を導入しています (高耐久化 Chromebook で、耐タンパーキーボード、2 台のカメラ、強化ガラスを備え、1 メートルの高さから落としても水 3 分の 1 リットルをこぼしても耐えることができます)。生徒は学校でも自宅でも Chromebook を使用できます。

Sullivan はこう言います。「どの生徒も同じ学習体験ができるように、学習用の特別なデバイスを選択しました。1 つのデバイスで標準化することが公平で賢明な方法です」。

屋外に座ってラップトップを使う生徒たち

クラウドベースのインタラクションをサポート

このネットワークでは、Google Classroom に基づいた新しいモバイル学習環境もサポートしています。生徒がログオンすると、コース全体の進行状況、履歴全体、教師のメモが表示されます。教師は熱心に授業を見直すようになっています。紙ベースのマーキングは週一回ですが、オンラインフィードバックは継続的に届きます。

Sullivan はこう言います。「印刷を減らし、環境に優しいフットプリントを実現することを目指しました。現在ある 12 の IT スイートが必要かどうか、再検討します。教師からのフィードバックは非常に高評価です。場所を移動せずに何でもできます。」

生徒体験の中心的な柱となる機動性

Taylor の説明によれば、この自由と柔軟性により、教師の教え方や生徒の学び方は長い目で見て変化していくはずです。「私が最近訪問した学校では、教師が 7 歳と 8 歳のクラスに『肌の色が違うのはいけないことかな?』と質問しました。それから生徒たちが、持っている iPad® でそのテーマを検索し始めました。これは、弊社が広めようと思っているオープンエンドの学習環境の一例です。保護者や政府関係者は、弊社が何をしようとしているのか、またどのように行っているのかを十分に認識しています。機動性およびそれに伴う自由と柔軟性は、現在の弊社の運営方針の基本となっています」と Taylor は結論として語っています。