お客様の環境における統合型SASEの適性とは?

エキスパートの見解では…

高い実績を挙げている企業では、ゼロトラストとSASEアーキテクチャーを導入している傾向にあります。

*Ponemon Institute社『ITセキュリティ ギャップの解消に関する2023年のグローバル調査: エッジからクラウドまで、サイバーセキュリティのギャップに対処』

IDC Analyst Connectionレポート: SASEを実現するためのスマートなアプローチ

SASEの導入に向けた実践的な手順とは? 多くの企業が見落としている重要ポイントとは? 単一ベンダーによるSASEのメリットとは? これらの質問の回答をご確認ください。

IDCレポートを読む

統合型SASEに移行するべきかを見極める

an animated table comparing SASE and SSE

詳細はこちら

世界中で進むSASEの導入

「当社では、アプリケーションクラスとセキュリティポリシーを一元的に定義することで、EdgeConnectアプライアンスがトラフィックの最適なルーティングをインテリジェントに決定できます」

Cushman Wakefield社、グローバルネットワーク、クラウド、境界セキュリティのプラットフォームアーキテクト、Chris Butcher氏

「EdgeConnectでは、最適な運用方法へと継続的に導いてくれるだけでなく、それぞれのサービスレベルに応じたキャリアを保持するメリットも獲得できます。圧倒的に優れた機能です」

USANA Health Sciences、ネットワークマネージャー、Mark Taylor氏

「この数年で私たちが学んだのは、キーボードの前にいる人物を決して信用しないということです。ゼロトラスト ポリシーの導入で、あらゆる段階で安全性を検証することが可能になりました」

サンノゼ市、CIO、Khaled Tawfik氏

「あらゆる場所にファイアウォールを設置しようとすると、手作業での導入になり、構成や管理が必要となるデバイスの数も増えます。しかしSASEでは、ファイアウォールのテンプレートを作成したら、数回クリック、またタップするだけで展開可能です。非常にシンプルです」

Republic Bank、インフラストラクチャ テクノロジーマネージャー、Eric Hubbard氏

さまざまなネットワークリーダーによる、アーキテクチャーの最新化に向けたSASEの活用方法5つをご覧ください。

HPE Aruba Networkingの統合型SASEがネットワークチームを強力にサポート

統合型SASEのメリットは、ITインフラストラクチャの完全性、パフォーマンス (実装、統合、技術面での管理を含め) の担当者にまで及びます。

SD-WANで始まる統合型SASEへの移行

統合型ソリューションの導入で、最高レベルの最適化、オーケストレーション、アプリケーションパフォーマンス、可用性が実現します。

ビジネスファーストなネットワーキングへ移行

財務部門、最高情報セキュリティ責任者、運用管理責任者、イノベーション担当者、リーガル部門、ESG責任者、そして従業員のニーズに対応する、最先端のネットワークとセキュリティソリューションへと移行することが重要です。

クラウドから最大限の価値を創出

統合型SASEソリューションでは、SD-WANのメリットによって、市場リードのクラウド、SaaSプロバイダーに対するマルチクラウドの接続性を簡素化、自動化することも可能になります。

接続、保護してコストも削減

2つのテクノロジーを単一プラットフォーム、単一の契約、単一のUIに統合することで、運用を一元化し、ネットワーク部門とセキュリティ部門間の障害を解消し、コストも削減できます。

統合型SASEのメリットを実感していただけます