統合型SASEの説明

5分、10分、または15分で統合型SASEについて学びましょう Array Array

統合型SASEのメリットは、ネットワーク全体に広がるミッションクリティカルなデータシステムのセキュリティやガバナンス、知的財産、働く場所と時間を問わない従業員の保護に責任を負う人たちにまで広がっています。

4分: 統合型SASEとは

統合型SASEとは何かを学び、4つの重要なユースケースを詳しくご覧ください。

10分: 接続性とセキュリティを統合する

ネットワークとセキュリティの機能を統合することで、最新の組織が得られるメリットをご覧いただけます。

15分: 単一ベンダーSASEを選ぶ理由

統合型SASEで、簡素化とコスト削減を実現できます。統合型SASEが適しているかどうかをご確認ください。

エキスパートの声

2025年までに、80%の企業が、SASE/SSEアーキテクチャーを使用してWeb、クラウドサービス、プライベートアプリケーションへのアクセス権限を統合する戦略を採用する1

2025年まで、SD-WAN関連の新規購入の50%で、単一ベンダーのSASEオファリングが選択される2

の企業が、24か月以内にSSEプラットフォームの導入を検討している3

1 シングルベンダーSASEのマーケットガイド、Gartner社、2023年9月
2 シングルベンダーSASEのマーケットガイド、Gartner社、2023年9月
3 セキュリティ サービス エッジ (SSE) 導入レポート、Cybersecurity Insiders社、2023年

学習を続けますか? 次のセクションに移動して、より深い知見を得てください。

セキュリティチームは、HPE Aruba Networkingの統合型SASEで競争に勝つ

統合型SASEのメリットは、ネットワーク全体に広がるミッションクリティカルなデータシステムのセキュリティやガバナンス、知的財産、働く場所と時間を問わない従業員の保護に責任を負う人たちにまで広がっています。

ゼロトラストでホリスティックなセキュリティ

完全な可視性、認証、ポリシーベースのアクセス承認、および攻撃の検出と応答などを提供します。

エッジからクラウドまでセキュア

エッジロケーションからクラウドまで、あらゆるユーザーやあらゆるデバイスを、いつでもどこでも、1つのソリューションで保護します。統合型SASEは、組織がクラウドコンピューティングとハイブリッドワークのセキュリティ課題に対処できるよう支援します。

AIを応用したクライアント可視性

統合型SASEでは、接続されているすべてのデバイスが機械学習を使用して検出、プロファイリングされるため、適切なアクセスポリシーを割り当てることができるようになります。

自動ネットワークセキュリティ

すべてのネットワークドメインでIDベースのアクセス制御を継続的に提供することで、ゼロトラスト保護を実現します。手動によるアプローチは実践的ではない一方で、統合型SASEはネットワークの成長とデータ容量の増大に伴う課題に対応できます。

単一ベンダーSASEを有効活用する: 次世代のエンタープライズ ネットワーキングの道筋を定める

信頼性の高い業界アナリスト企業であるDell’Oro社が、HPE Aruba Networkingと共に、単一ベンダーによるSASEアーキテクチャーアプローチの主な留意事項やメリットについて解説します。

統合型SASEを試す準備はできていますか