As-a-serviceオプション

Arubaポートフォリオ全体にわたって柔軟なファイナンスと消費を提供するAs-a-serviceオプション。

今日、ファイナンスと消費の柔軟性を最優先に考えることが、これまで以上に重要になっています。Arubaアズ・ア・サービス・オプションを使用すれば、急速に変化するビジネス要件に対応し、厳しい予算を管理し、最新のネットワーキング・テクノロジーを簡単に導入できるようになります。

 

As-a-serviceとは?

Aruba As-a-serviceは、ハードウェア、ソフトウェア、および管理業務全体にわたって、ファイナンスおよび消費の面での柔軟なオプションを提供します。柔軟なファイナンス・オプションには、リース、繰延支払い、買い取りプログラムなどがあり、サンク・コストを解き放つことができます。消費オプションには、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)およびNaaSソリューションがあり、シンプルな従量制サブスクリプションで提供されます。
柔軟な消費の5つの誤解について詳しくみる

 

クラウドの柔軟性をネットワークに

Aruba ESPの一部であるCentralでは、クラウド・ネイティブ・アーキテクチャを使用して、キャンパス、ブランチ、リモート、データ・センターのネットワークで、フルサービスのAI分析情報、セキュリティ、統合インフラストラクチャ管理をすべて単一のペインで行えます。
最初のステップはこちら

 

IT効率を最大化しながらコストを削減

Arubaハードウェアおよびソフトウェアの柔軟な使用方法により、ネットワーク・サービスを迅速に展開できます。
Aruba NaaSについてはこちら
Aruba NaaSのビデオはこちら

 

あらゆる予算にぴったりなファイナンス・オプション

経済が厳しい時期、財務リスクを軽減しながらサンクコストを解き放ち、予算の価値を加速させることが重要です。これにより、最先端ネットワーキング・テクノロジーへの投資を継続できます。
詳細はこちら

クラウドの柔軟性をArubaインフラストラクチャへ

エキスパートによるガイダンス、自動化、効率化によって、NaaSがお客様にぴったりのネットワークをどのように実現に導くかをご覧ください。
詳細はこちら