Aruba ESP でデータをビジネス成果へと変換

エッジを自動化、統合、保護する業界初の AI 応用クラウドネイティブ・プラットフォーム Aruba ESP (エッジ・サービス・プラットフォーム) を紹介。

インテリジェント・エッジにおけるネットワーキングの課題

エッジではかつてないほどのデータが生成されます。これによりビジネスにおいて新たな機会が創出される一方で、IT における新たな課題も生まれています。
  • 複数の管理ツールを使用すると問題解決に時間がかかります。
  • トラブルシューティングは、IT 部門が費やす時間の 70% を占めています。
  • 「モノ」と OT デバイスの保護と監視は容易ではありません。
  • リソースが縮小する中でビジネス予測を管理することは非常に困難です。

エッジの可能性を活用する

次に示すネットワーク・アーキテクチャで、今日明日行うべきビジネスの優先事項を進めます。

統合

コンテキストの可視性を高め、全ドメインを難なく効率的に制御します。Aruba の統合インフラストラクチャは、キャンパス、ブランチ、リモート・ワーカー、データセンターの拠点において WLAN、LAN、SD-WAN をクラウドネイティブの単一画面で管理することにより IT オペレーションを簡素化し、改善します。

AI 応用と自動化

Wi-Fi、有線、SD-WAN の環境を Aruba AIOps で自動的に監視して修正します。15 億のデータ・ポイントから日々収集し得られる実践的なインサイトで、問題がユーザーに影響を及ぼす前に予測して対処すること、問題解決までの平均時間を最大 90% 短縮すること、またネットワーク容量を 25% 増加させることができます。

セキュア

ネットワークの複雑さを増すことなく保護を強化します。エッジ・ツー・クラウドのセキュリティを備え、ゼロトラストと SASE のフレームワーク用基盤を内蔵する Aruba ESP は、分散型で IoT 主導のネットワーク・インフラストラクチャの要件に応えるために可視性、制御、ポリシー適用にまたがる総合的な機能をすべてを備えています。

サービスとして利用可能

急速に変化するビジネス要件に対応し、厳しい予算を管理し、最新のネットワーキング・テクノロジーを簡単に導入します。Aruba ESP はサービスとして利用可能で、柔軟なご利用およびお支払いオプションをご用意しています。

Black and silver compass on a black surface

エッジをリードする Aruba

Aruba は、ガートナーによる 2020 年マジック・クアドラントの有線・無線 LAN アクセス部門で再びリーダーに選出され、2020 年クリティカル・ケイパビリティ レポートでは 6 つのユースケースのすべてにおいて最高のスコアを獲得しました。

COVID-19 による職場への強烈な影響

最新の「Edge Survey (エッジ・アンケート)」は、柔軟なファイナンス・モデルの需要が急増していることを示しています。

ハイブリッド・ワークプレイスを実現する

働き方の「ニュー・ノーマル」には新しい機能が必要となります。Aruba ESP があれば、IT 部門は安全なリモート接続を実現し、接触者追跡など職場の安全措置を難なく実施することができます。

エッジ変革の活用

KEMET

「Aruba と Aruba Central により、当社のインフラストラクチャは、世界中にスムーズかつシームレスに拡大できます。全体的に、まだ簡単な使い方しかしていません。今後さらに活用して、当社のネットワーキング・プラットフォームを一つ上のレベルへと高めるのが楽しみです。」

Bay State Health

「Aruba はエッジにおいて非常に重要なパートナーです。医療の未来は接続性にかかっているためです。信頼性に優れ、耐障害性があり、常時オンで、拡張可能およびスケーラブルなプラットフォームは欠かせません。そこで Aruba を選んだのです。」

Vestavia

「教えることも学ぶことも日々変化する中にあって、セキュアかつ自己修復機能を備えた Aruba の有線・無線ネットワーキング・インフラストラクチャは、次にどのような変化があろうとも学生に最善のデジタル環境を確実に提供できます。」

ABB

「スマートセンサー・テクノロジーを Aruba の Wi-Fi インフラストラクチャで使用すると、大規模な状況モニタリングに大きな変化をもたらすソリューションとなります。スマートセンサーはインストールと運用開始が簡単で、センサーを有効にするだけで Bluetooth でネットワークに接続でき、監視開始の準備は整います。」

Siemens

Siemens は、OT と IT の相互作用をさらに効率的にするために、 Aruba と緊密に連携しています。

Zebra

ZebraとArubaは提携して、ヘルスケア、産業、製造、小売、ヘルスケアアプリケーションのIoTデータとコンテキストを検索、収集、転送するために利用できる最も信頼性が高く、最も忠実なシステムを提供しています。

Centrak

Centrak と Aruba は病院にリアルタイムの位置情報、テレメトリ、資産管理を Wi-Fi 経由で提供しています。

ZF Openmatics

ZF Openmatics と Aruba は、アクセス・ポイントの内部 Bluetooth Low Energy 周波を活用することで、サイトの Aruba 無線ネットワークを通じて、経済的で、確実かつ安全に展開可能な優れたアセットの追跡ソリューションを実現するために提携しました。

SES-imagotag

Aruba と SES-imagotag は提携し、どこよりもコスト効率の高い、集中管理型の電子シェルフ・ラベル・ソリューションをお届けしています。

Aruba ESP でデータをビジネス成果へと変換

Aruba ESP は、インテリジェントエッジ用に作られたクラウドネイティブ・アーキテクチャです。番号にポインターを合わせると、効率性の向上と、エッジ・データの可能性解放のために各要素ができることをご覧いただけます。

分析と行動

AI と自動化を使用すると、人間ではなし得ない 95% を超える精度での提案が実現します。そのため、情報の海を苦労して渡ることなくネットワークを最適化できます。

保護

ゼロトラストと SASE フレームワークの基盤を内蔵するエッジ・ツー・クラウドのセキュリティ、デバイスベースおよびインターネットベースの脅威からネットワークを保護するためのベストプラクティスを適用します。ヘッドレス IoT デバイスも含めて、役割、ポリシー、詳細なデバイス・プロファイル情報に基づいてネットワーク・アクセスを制限することで、ビジネス、お客様、および患者のデータを安全に保ちます。

接続

エッジからクラウドまで全環境にわたってユーザーとモノを統合します。管理サイロを排除してネットワーク上にあるデバイスの識別と制御を容易にすることで、最高のユーザーエクスペリエンスをお届けすることに集中していただけます。

Aruba ESP でデータをビジネス成果へと変換

Aruba ESP は現在そして未来にわたるビジネスの発展にどうつながるのか