Aruba ESP

ArubaのCTO、パーサ・ナラシンハンが、Aruba ESPを使用してハイブリッド・ワークプレイスを実現する方法を説明します。

企業がビジネスの回復に取り組む中で、IT部門は、クラウドやAs-a-serviceの導入をどのように加速させるか、分散化の進んだ環境でセキュアな接続をどのように用意するか、接触者追跡やヒート・マッピングなどの職場の安全対策をどのように行うかなどの課題に直面しています。パーサは最新の基調講演で、Aruba ESPがどのように役立つかについて詳細に解説しています。
ATM Digitalにおけるパーサの基調講演はこちら

 

ニュー・ノーマルとは、すなわちハイブリッド・ワークプレイスです。

人々がオフィスに戻るにしろ、在宅ワークを続けるにしろ、ネットワークは、セキュアなリモート接続、そして接触者追跡などのワークプレイス・ケイパビリティの基盤となるでしょう。
Arubaを活用する方法についてはこちら

 

ネットワークの AI ベースの「第六感」

Aruba ESP は、エッジを自動化、統合、保護するよう設計されており、ビジネスに影響を及ぼす前に問題を特定し、修正します。
Aruba ESP の概要はこちら
Aruba ESP のビデオを見る

Aruba ESP: 自動化、統合、保護

AIOps

Wi-Fi、有線、SD-WANの環境を自動的に監視して修正。
Aruba AIOpsの詳細についてはこちら
ビデオはこちら(英語)

統合インフラストラクチャ

無線からWAN、ブランチからデータ・センター、キャンパスからクラウド、すべてをカバーする統合ネットワークを構築
統合インフラストラクチャについてはこちら
ビデオはこちら(英語)

ゼロトラスト・セキュリティ

ロールベースのポリシーを採用し、ネットワークの複雑さを増すことなく、ゼロトラストを活用できます。ユーザーがどこで接続するかを問いません。
Arubaゼロトラストについてはこちら
ビデオはこちら(英語)

最新の「Edge Survey(エッジ・アンケート)」は、柔軟なファイナンス・モデルの需要が急増していることを示しています。

世界で55%がサブスクリプション・モデルを、53%がマネージド・サービスを、30%がファイナンス・リースを検討すると回答しており、これはすべて新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を踏まえたものです。
インフォグラフィックはこちら 要約レポートはこちら

 

あらゆる予算に対応する柔軟な消費およびファイナンスのオプション

財務の柔軟性に対するニーズが高まる中、Arubaがお手伝いできます。
詳細はこちら

Aruba ESPアーキテクチャ

Aruba ESPアーキテクチャとはどのようなものか。それをどのように活用したらインテリジェント・エッジのパワーを引き出せるのでしょうか。このDeep Diveセッションでは、それを詳細に解説します。
ATM Digitalセッションはこちら(英語)

3つのステップでAruba ESPを活用しましょう

AIを搭載したクラウド・ネイティブ・プラットフォームを導入してエッジの統合、自動化、保護を行えるようにする方法について、動画で説明しています。
ATM Digitalセッションはこちら(英語)