米国政府向けモビリティ・ソリューション

米国政府のネットワークにセキュアなモビリティを

Arubaのネットワーク/セキュリティ・ソリューションは、米国政府および軍の各機関の、政府公認で各組織のポリシーに準拠した数千の有線/無線ネットワークに導入されています。Arubaのソリューションにより、公開データ、機密データ、非公開データを処理するネットワークに市販のモバイル・デバイスを用いて安全にアクセスできるようになり、しかもすべて単一のネットワーク上で可能です。

 

米国政府がWi-Fiを採用

最新のエンタープライズWi-Fiは、政府機関での利用に関してセキュリティ認定を受け、ポリシーによって承認されています。Wi-Fiは政府機関のコストを節約し、生産性を向上させ、最高の人材を引き付けるために役立ちます。
セキュアなWi-Fiの詳細はこちら
Federal News Radioの記事を読む

政府によるセキュリティ認定に準拠

コモン・クライテリア認証EAL-45、FIPS 140-2検証、米国国防総省指令8100.2および8420.01などに対応します。
すべての認定についてはこちら

NSA承認のSuite B暗号化方式をサポート

Suite Bは、強力で高速な暗号化プロトコルと暗号化方式のセットです。Suite Bに対応することで、管理が必要な公開情報、機密情報、非公開情報を処理する行政機関のネットワークで、市販のモバイル・デバイスを使用できるようにしました。

Suite Bの詳細はこちら

Arubaと行動をともにする米国陸軍

­Arubaは米国陸軍や陸軍予備軍、国家陸上警備隊が、迅速なセットアップが可能で拡張性とコスト効率に優れたセキュアなWi-Fiを実現できるよう支援しています。

ケーススタディを読んでその方法を学ぶ

その他の資料をチェック

詳細はこちら