クラウドマネージド・ネットワーキング

ネットワークの管理について発想を転換するのは今

中規模企業の 92% 以上が、少なくとも 1 つのクラウドベース・アプリケーションを使用しています。また、大多数の企業は、自社の管理インフラの少なくとも半分はクラウドベースになると予想しています。クラウド管理ネットワークは、しばしば 「アズ・ア・サービス」で提供され、急速に普及しています。

 

クラウド管理ネットワークとは?

クラウド管理ネットワークとは、一般的に、Wi-Fi、有線、SD-WAN のネットワーク・インフラをクラウドベースのサービスとして管理する機能を指します。このサービスは通常、サードパーティがクラウド上でホストし、サブスクリプションベースの購入モデルとして提供します。
クラウド管理ネットワークを使用する 5 つの理由
ソリューション概要はこちら

 

可視性と制御の一元化。

クラウド管理ネットワークでは、管理者は場所を問わずにすべて 1 つの画面からネットワーク全体を把握し、プランニングやトラブルシューティングの目的でリアルタイムでデータを収集し、設定を変更できます。管理用のハードウェアは不要で、スタッフが現場に出向く必要も必要ありません。
Aruba Central の詳細はこちら

 

リアルタイムのイノベーションとバグ修正の更新。

クラウド管理ネットワークの主なメリットは、製品、そして製品更新プロセスをベンダーが管理することです。新しい機能が継続的に開発され、自動的に配信されるため、IT 部門はダウンタイムをプランする代わりに、新しいサービスの導入に集中できます。

 

拡大する計算能力。

クラウド・サービスでは、実質的に無制限の計算能力とストレージ容量を利用できるため、AI/ML 分析ソリューションなどの高度なテクノロジーを活用するのに適しています。クラウドのサブスクリプションベースのモデルでは、リソースやコストの面で難しかった新しいテクノロジーを簡単に導入できます。