動的セグメンテーション

Arubaダイナミック・セグメンテーションは、有線/無線ネットワーク全体に一貫したポリシーを自動的に適用し、アプリケーションまたはサービスに関わらず、ユーザーやデバイスのトラフィックを分離してセキュアに保ちます。

 

ネットワークをシンプルにしながらセキュリティを向上させるための、より優れた方法があります。

すべてのホップでVLAN、ACL、およびサブネットを構成する方法は時代遅れです。South Euclid-Lyndhurst市学区では、有線/無線のダイナミック・セグメンテーションを導入しており、このシンプルな方法によるメリットをすでに享受しています。
South Euclid-Lyndhurstの学校の、実体験に基づく評価はこちら

Arubaのダイナミック・セグメンテーションとはどのようなものか。

ダイナミック・セグメンテーション概要をダウンロード

 

柔軟でスケーリングが簡単なアーキテクチャを活用。

ダイナミック・セグメンテーションは、ビジネスの成長に合わせて運用できるよう設計されています。このため、必要な時点で、ネットワークの一部で導入することも、ポリシー・レイヤーやワイヤリング・クローゼットなどを含む全部の場所で導入することも可能です。
Atmosphereのデモを視聴

 

完全に自動化されたアプローチを採用。

ポリシー管理とリアルタイムの自動化を組み合わせることで、IT、ユーザー、あらゆる場所で、IoTの一貫性を保ちながらセグメンテーションと適用の決定を下します。
ユースケース・ガイドをダウンロード

 

アクセス権限を強制してリスクを効果的に低減。

Aruba Policy Enforcement Firewallはダイナミック・セグメンテーションの基盤技術です。また、リスクを効果的に低減するその能力から、Marshによって「CyberCatalystsm」に指定されています。
詳細はこちら