小売

モビリティとIoTを活用して買い物客の新たな行動をサポート

新世代の小売買い物客は、オンラインの商品情報が、店内で得られる情報よりも役に立つと考えています。実店舗を持つ小売業者は、買い物客と店頭スタッフの両方が信頼性の高いモバイルファーストの接続を利用できるようにして店内のコンバージョン率を上げ、買い物客のロイヤリティを高めることで、この新トレンドに対応する必要があります。
ソリューションの概要はこちら

 

常に利用できる高速な店内接続を提供

友達や家族とつながるにしろ、購入予定の商品について調べるにしろ、買い物客はスマートフォンで常に複数のタスクを行っています。店内の接続品質が悪ければ、買い物客は立ち去ってしまうかもしれません。Arubaの強力なWi-Fiとギガビット・スイッチングを使用すれば、全員の接続を維持して満足度を高めることができます。  Aruba小売設計ガイドはこちら    

流入する店内IoTを保護

食料品の安全を確保する温度センサーからオンザフライで更新される値札まで、小売のIoT採用は速度を増しています。ネットワークにどのデバイスが存在し、何を行っているかを把握する必要があります。
Aruba 360 Secure Fabricの詳細はこちら

 
 

店内エクスペリエンスをパーソナライズ

モバイル・デバイスで実際の商品とデジタル情報をつなげて、店内エクスペリエンスの向上に役立てることができます。大手の小売業者は、店内の購買パターンを把握し、買い物客の現在地に基づいて状況に応じた有益なサポートを提供するために、モバイル・アプリに投資しています。
ビデオはこちら
ロケーションベースのサービスについてはこちら

クラウドまたはオンプレミス:同じハードウェアで状況に応じた管理方法を採用

柔軟なアーキテクチャにより、状況に応じて最適な管理タイプを選択できます。単一のダッシュボードで複数サイトの無線/有線ネットワークを監視してトラブルシューティングを行う場合は、Aruba Centralクラウド管理をお選びください。多拠点のマルチベンダーによるネットワークを一元管理する場合は、Aruba AirWavewをお選びください。
Aruba Centralの詳細はこちら
Aruba AirWaveの詳細はこちら

 
 

規模に応じたシンプルなIT管理

ストアフロント成功の影には必ず効率的なバックエンド・オペレーションが存在します。Arubaの無線/有線/SD-WANの単一インターフェイスで、クラウドベースの管理と制御を使用して、何千もの店舗の可視性、セキュリティ、業務を改善しましょう。
ソフトウェア・デファインド・ブランチについての詳細はこちら
KFCがインスタントWi-Fiを導入

複数の拠点にわたるセキュアでシンプルな導入

共有インフラ上でPCIコンプライアンスを担保する動的セグメンテーション機能からハイブリッドWANサービスまで、豊富な分析情報を提供する自動型のセキュアなネットワークでシンプルな接続をさらに飛躍させましょう。Arubaのモバイルファースト・アーキテクチャを採用すれば、小売業者は店舗と倉庫の業務の向上に必要な近代的なインフラストラクチャを手に入れることができます。
ネットワークをよりスマートにする方法はこちら