HPE Aruba Networkingの統合型SASEプラットフォーム

ハイブリッドな働き方を実現させ、クラウドコンピューティングにおけるネットワーキングとセキュリティの課題を克服し、統合型のセキュアアクセス戦略でSASEの導入をシンプルにします。

HPE Aruba NetworkingのEdge-to-Cloudセキュリティソリューションが最新のワークプレイスのセキュリティを確保します。

SASEを導入するべき理由とは

従来型のセキュリティ境界が消失しつつある今日、従来のネットワーキングとセキュリティアーキテクチャーでは備えが十分とは言えません。

ハイブリッドワーク

ハイブリッドな働き方が普及し、分散型チームが増加している中で、セキュリティ境界は消失しつつあります。組織には、どこからでも、どんなデバイスからでもユーザーを安全に接続し、企業データを保護することができるソリューションが必要です。

クラウド志向のアーキテクチャー

SaaS、IaaS、PaaSなどのクラウドサービスを活用するトランスフォーメーションでは、より多くの機密データがクラウド上でホストされるようになり、ユーザーがサイバー脅威にさらされる機会が増えることから、ネットワークセキュリティに対する新たなアプローチが必要になります。

増大する複雑さと効率の悪さ

従来のネットワーキングとセキュリティのアーキテクチャーでは複数のアプライアンスが使用され、エラーを起こしやすい手作業の構成が欠かせません。セキュリティ検査のためにトラフィックをデータセンターにバックホールするのはもはや無意味なことであり、ユーザーエクスペリエンスにも影響を及ぼします。

攻撃対象領域の拡大

保護すべきユーザーと場所が増えることは、攻撃者にとって潜在的なエントリーポイントが増えることを意味します。接続されたIoTデバイスが急増したことで、攻撃対象領域とサイバーセキュリティリスクが大幅に拡大しています。

デジタルエンタープライズのセキュリティを強化

今日の組織が抱えるネットワーキングとセキュリティの課題を、SASEの迅速な導入が解決します。

アプリケーションへの普遍的な最小権限アクセスを強制適用

SASEは、ユーザーと許可を得たサードパーティに対し、適切なアプリケーションへのアクセスを適切なレベルで提供します。シンプルなゼロトラストポリシーにより、ユーザーが企業ネットワークの内側に入り込むことを防ぎます。これにより、アプリケーションレベルでのセグメンテーションを確保して、プライベートなリソースをインターネットからマスキングします。

マルウェアとデータ漏洩から組織を保護

SASEは、すべてのトラフィックを検査し、スキャンし、フィルタリングすることで、ランサムウェア、マルウェア、フィッシングから組織を保護します。多くの企業データが含まれるSaaSアプリケーションでは、機密データを特定し、シャドーITを検出し、ユーザーがアクセス、ダウンロード、アップロード、共有できるものを制御するポリシーにより、データロスを防止します。

ブランチネットワークのモダナイゼーションとセキュリティ確保

SASEは、MPLS、インターネット、5Gなどの複数のリンクを組み合わせることができ、SaaSトラフィックをデータセンターにバックホールする必要性を排除し、パフォーマンスを最適化します。また、搭載している次世代ファイアウォール機能はセキュリティアプライアンスを置き換え、ブランチオフィスのIoTデバイスのセキュリティを確保します。

統合型SASEの主なメリット

統合型SASEがWANとセキュリティのトランスフォーメーションを加速します。

セキュリティポスチャの一元化

すべてのトラフィックと場所に対して普遍的なセキュリティポリシーと一元的なアクセス制御を適用することで、ゼロトラストアクセスを強制的に適用し、攻撃対象領域を縮小し、脅威の検出と対応を強化します。

簡素化:

SASE導入を効率化し、複数のポイントソリューション、ハードウェアアプライアンス、管理プラットフォームの必要性を排除して、ネットワーキングとセキュリティ機能を統合します。

ユーザーエクスペリエンスの最適化

最速の接続経路を動的に選択することで、アプリケーションとリソースへのセキュアなハイパフォーマンスの低レイテンシ接続を保証し、最高のユーザーエクスペリエンスをサポートします。

拡張性

変化するビジネスニーズに迅速に適応し、ハイブリッドワーク、クラウド移行、エッジコンピューティング、IoT、OTイニシアチブなどのデジタルトランスフォーメーションの取り組みをサポートします。

AxisのフィールドCTOが統合型SASEをご紹介します

AxisのフィールドCTOが統合型SASEをご紹介します

HPE Aruba Networkingの傘下に加わったAxis SecurityのフィールドCTOが、Axis SSEプラットフォームの特長およびメリットと、このプラットフォームが統合型SASEソリューションを生み出す方法について説明します。

HPE Aruba Networkingの統合型SASEを今すぐお試しいただけます

Cushman & Wakefield のロゴ

「当社では、アプリケーションクラスとセキュリティポリシーを一元的に定義することで、EdgeConnectアプライアンスがトラフィックの最適なルーティングをインテリジェントに決定できます」

Cushman & Wakefield社、グローバルネットワーク、クラウド、境界セキュリティのプラットフォームアーキテクト、Chris Butcher氏

「ローカルリソースにアクセスする場合でも、国内のどこにあるデータセンターにアクセスする場合でも、ユーザーエクスペリエンスが非常に一貫しています」

TrialCard社、インフラストラクチャ部門ディレクター、Ryan Van Dynhoven氏

「この数年で私たちが学んだのは、キーボードの前にいる人物を決して信用すべきではないということです。ゼロトラストポリシーのおかげで、あらゆる段階で疑問を持つことができるようになりました」

サンノゼ市、CIO、Khaled Tawfik氏

Republic Bank のロゴ

「すべての場所にファイアウォールを置かなければならないとしたら、導入は手作業で行わなければならず、構成や管理が必要なデバイスの数も増えることになります。そのような煩わしさがなく、ファイアウォールのテンプレートを作成したら数回のクリックやタップだけで導入することができるのです。非常にシンプルです」

Republic Bank、インフラストラクチャテクノロジーマネージャー、Eric Hubbard氏

HPE Aruba Networkingの統合型SASEをご検討ください

HPE Aruba Networkingのエキスパートが、解説ビデオで統合型SASEの詳細をご紹介します。

HPE Aruba Networkingで実現する統合型の自動化されたSASEアーキテクチャー

EdgeConnect SD-WANとHPE Aruba Networking SSEの自動統合による、統合型のSASEアーキテクチャー構築についてご紹介します。

SSEでハイブリッドワーカーを保護

SSE (セキュリティサービスエッジ) がZTNA、SWG、CASBによってハイブリッドワークフォースのセキュリティをどのように確保しているかを紹介するビデオをご覧ください。

SASEによるワークプレイスのトランスフォーメーション

SASEによるワークプレイスのトランスフォーメーションは、ブランチとリモートのワーカーにセキュアなアクセスを提供し、エクスペリエンスとIoTセキュリティの質を向上させます。

機能の詳細はこちら

クラウドネイティブなHPE Aruba Networking SSEプラットフォームで、業界をリードするEdgeConnect SD-WANの導入を成功させましょう。

EdgeConnect SD-WAN

ブランチで最大のアプリケーションパフォーマンスとセキュリティを実現する、高度でセキュアなSD-WANエッジを構築します。

EdgeConnect SD-Branch

ブランチネットワーキングコンポーネントを統合することで、WLAN、LAN、SD-WANの統合を最大化します。

EdgeConnect Microbranch

さまざまなリモートAPが使用されるマイクロブランチや在宅勤務環境に最適です。

ZTNA

プライベートアプリケーションに最小権限のアクセスでセキュアに接続させます。

SWG

インターネットへのセキュアなアクセスを確保し、悪意のあるオンラインの脅威から保護します。

CASB

SaaSアプリケーションへのセキュアなアクセスを確保し、データロスを防止します。

DEM

ユーザーパフォーマンスを監視し、あらゆるトラフィックでのユーザーアクセスに関する問題のトラブルシューティングを行います。

機能の詳細はこちら

さあ、始めましょう