最も大きな懸念は何でしょうか?

今日の課題に対し設計されていないレガシー・ネットワークです。管理とオペレーションは複雑で、コストもかさみます。

昨日のネットワークでは今日の需要に対処できません。

ネットワーク・インフラストラクチャとオペレーション・チームにかかる負担はかつてないほど大きくなっています。より多くのワーカーがリモートになっています。IoT 接続のデバイスが急速に増えています。そしてクラウドやデータセンターでホストされるサービスには常にセキュアな接続を提供できることが求められ、オペレーションはより複雑になっています。

複雑なネットワーク

今日のネットワークは、つぎはぎのようにブランチ、キャンパス、リモート拠点、データセンターでさまざまなオペレーティングモデルを展開する、さまざまなプラットフォーム上で稼働しています。これにより、ネットワークに障害が発生する可能性が高まり、全体的なネットワーク・パフォーマンスが低下します。

レガシー管理ツール

複数のベンダーツールを使用している場合、手動のプロセスは増え、エラー、パフォーマンス問題またはダウンタイム、IT チームによる無駄な再作業のリスクが高まります。トラブルシューティングのために信頼できる唯一の情報源または実用的なインサイトも得られません。

ネットワークの需要

ネットワーク・パフォーマンスに負荷をかける HD 動画や AR/VR アプリケーションなどの帯域幅を多く消費するアプリケーションにより、企業ネットワークにおけるパフォーマンス需要は高まっています。

Aruba ESP で複雑な管理を簡素化

Aruba ESP の主要コンポーネント、Aruba の統合インフラストラクチャは、キャンパス、ブランチ、リモート・ワーカー、データセンターの拠点において WLAN、LAN、SD-WAN をクラウドネイティブの単一画面で管理することにより IT オペレーションを簡素化し、向上させます。

Network cables

エンドツーエンドのアーキテクチャ

有線、無線、WAN、VPN インフラストラクチャにおけるシームレスな統合によりネットワークの制約を減らしながら、エッジ・ツー・クラウドで単一のアーキテクチャを導入できます。

管理とオペレーションを簡素化

単一のクラウドネイティブのダッシュボードからすべてのワークフローを処理することにより IT アジリティを向上させ、IT オペレーションを合理化します。自己修復 AIOps により、自動的に問題を表面化させてユーザー・インシデントを 30 倍減らします。

Tall office building photographed from below

コストの削減

エラー、再作業、オンサイトの介入、ヘルプデスクのチケットを減らすことにより、運用コストを削減します。また、柔軟な活用モデルが用意された NaaS により、さまざまな財務・従業員関連の制約に対処でき、予算の最大化、リソースの解放、サービスデリバリの向上が実現でき、ビジネス目標に妥協する必要はありません。

People working on an outside terrace

エンタープライズグレードの Wi Fi 6E ソリューションの登場

Aruba Wi-Fi 6E ソリューションは、Wi-Fi 6 機能を 6 GHz 帯に拡大し、これによりキャパシティは向上し、幅広いチャンネルが利用でき、干渉を軽減します。帯域幅を多く消費する、低レイテンシーのアプリを効果的にサポートできます。

Pages of ESG report on Aruba ESP

Aruba ESP の実際の経済的価値

ESG が Aruba の顧客を対象に行った経済的検証では、ネットワーク運用を合理化してシンプルにし、効率化を進め、ネットワークをセキュアに拡張して、変化し続けるエッジ・ツー・クラウドの要件に対応するために貢献したことが明らかになりました。

Woman watching a webinar from home

ネットワークをアフターコロナの世界に対応させる

組織は、新しい IoT やクラウド・サービスを導入し、スペースの最大化、プロセスの合理化、アジリティの向上に努めていますが、これらのテクノロジーにより、ネットワークや新しいデバイス、アプリ、データに課題が生まれ、従来のインフラストラクチャやオペレーションでは対処しきれません。Aruba のウェビナーに参加して実用的な対応手順をご覧ください。

Aruba Central でクラウド的なアジリティをネットワークに実現

オペレーションを合理化し、面倒な作業を自動化し、エンドユーザーを満足させるエクスペリエンスを提供。

さあ、始めましょう