販売・サポート終了ポリシー

Arubaは、販売・サポート終了(EOL)が予定されているAruba製品に関して、マイルストーンの周知に取り組んでいます。2013年8月1日現在のポリシーを次に示します。

I. ハードウェアの販売・サポート終了

EOLが予定されているハードウェア製品の場合、Arubaは販売終了(EOS)日の6暦月前に販売・サポート終了通知を行います。EOS日を過ぎると、製品は価格表から削除され、購入できなくなります。販売・サポート終了通知には、サポート終了(EOST)日も記載されます。EOST日はEOS日の5年後です。

ネットワーク・サービスのアプライアンスのようにArubaがOEM提供しているハードウェアの場合、EOLマイルストーンは、OEM先の販売・サポート終了ポリシーによって異なります。

販売終了製品のサポートは、保守契約を購入したお客様、または標準保証の期限切れ前に新製品保証を保守契約に変更したお客様にのみ提供されます。販売終了製品の交換または修理ができない場合、必要なサポートを行うために、Arubaはサポート終了製品を実質的に同等のハードウェアに交換する権利を保有します。

ハードウェアのマイルストーンの定義

  • 販売・サポート終了(EOL)通知:6か月前

    特定の製品の販売・サポート終了をArubaが公表する日。EOL通知は、販売・サポート終了Webページでも公開されます。

  • 販売終了(EOS):販売終了当日

    通常の販売ルートで製品を注文できる最後の日です。この日を過ぎると製品は購入できなくなり、価格表から削除されます。ただし、EOS日は在庫の持続性に基づくため、Arubaの判断により、実際のEOS日は公表された日付より早まることがあります。そのため、今後発注する製品については、EOL通知に示される推奨代替製品に移行することを強くお勧めします。

  • 新規サポート購入最終日:4年後

    製品のサービス契約を購入できる最後の日。サポート終了日に合わせて、サービス契約期間は1年に限定されます。複数年契約はできません。

  • サービス契約更新最終日:4年後

    製品のサービス契約を延長または更新できる最後の日。サポート終了日に合わせて、延長または更新期間は1年に限定されます。複数年の更新はできません。

  • サポート終了(EOST):+5年後

    Aruba TACからサポートを受けることができる最後の日。この日を過ぎると、製品のサポート・サービスはすべて利用できなくなり、製品は「販売・サポート終了」に達します。

II.ソフトウェアの販売・サポート終了

ソフトウェアのEOLマイルストーンは次のとおりです。ソフトウェアが製品ライフサイクルの開発終了(EOD)マイルストーンに達すると、Arubaはそれ以降、保守またはパッチ・リリースの作成または提供を行いません。ソフトウェアのリリース日からサポート終了までの期間は一般に2年間です。EODからサポート終了までの期間、Aruba Customer Advocacyが引き続き問題の調査、トラブルシューティング、特徴付けを行います。EODに達したソフトウェアによって解決策が見つからない場合、Aruba Customer Advocacyはイメージを最新版にアップグレードすることをお客様に要求します。

ソフトウェア・ライセンスの販売終了

Arubaは、提供するソフトウェア製品の組み合わせを定期的に調整することができ、その一環として、ライセンス対象モジュールなど、ソフトウェア製品の販売を終了することができます。ソフトウェア製品ライセンスの販売を終了する場合は、上記の定義のように、「販売終了(EOS)」として通知します。Aruba TACは、販売が終了した製品に関して、その時点でサポート契約を締結しているお客様に対し、EOS日以降2年間サポートを提供します。Arubaは、場合により、販売終了製品をサポートする代わりに、実質的に同等の機能を提供することができます。

ソフトウェアのマイルストーンの定義

  • 最初のリリース日:T0

    新しいソフトウェア・リリースの一般発売日。リリースの時点でEOLのスケジュールが販売・サポート終了Webページに公開されます。

  • 開発終了(EOD):

    Arubaの製品開発・エンジニアリング部門がソフトウェアの保守リリースまたはパッチ・リリースを提供できる最後の日。

    • Aruba OS、MeshOS、スイッチOS:T0の18か月後
    • Aruba Instant:T0の9か月後
    • AirwaveとClearPass:T0の12か月後
  • サポート終了(EOST):T0の24か月後

    開発終了からサポート終了までの期間、Aruba Customer Advocacyは、製品のリリースを使用して解決策や対処法を提供するために、引き続き問題の調査、トラブルシューティング、特徴付けを行います。EODマイルストーンに達したソフトウェアによって解決策が見つからない場合、Aruba Customer Advocacyはシステムを最新のソフトウェア・リリースに更新することを要求します。ソフトウェア・リリースがEOSTマイルストーンに達した後、ソフトウェア・イメージはArubaサポートWebサイトから削除され、Aruba Customer Advocacyは商業上合理的な範囲でのみサポートを提供します。

ソフトウェア限定のサポート契約の場合、新規サポート購入最終日とサービス契約更新最終日は、ソフトウェアのサポート終了日に準じます。

販売終了ハードウェアに対するソフトウェアのサポート

時として、比較的新しいソフトウェア・リリースが、販売終了ハードウェアに対するサポートを終了する場合があります。このような場合、Arubaは、販売終了ハードウェアがサポート終了マイルストーンに達するときまで、販売終了ハードウェアをサポートする最新の保守リリースを提供し続けます。この期間、Aruba Customer Advocacyは、このリリースにおける問題の調査とトラブルシューティングを継続します。Arubaは、セキュリティ関連のバグやサービスに影響する重大な問題に対処するために、パッチ・リリースを提供することができます。これらのアップデートでは、新しい機能は提供されません。