Aruba Mobility Academy

Aruba Mobility AcademyTMは、大学を対象とした世界初の認定モビリティ教育プログラムです。

ネットワークにモビリティが採用される中で、不可欠な無線LANの基礎知識を将来のITプロフェッショナルに提供することがArubaの目標です。

モビリティは、ネットワーク・テクノロジーの中でも最も急成長している分野であり、2015年末には無線トラフィックが有線トラフィックを上回ることが予想されています。しかし、教育プログラムには、モビリティとWLANテクノロジーに関する専門のカリキュラムが不足しています。モビリティ・エンジニアの専門能力の開発には、これこそが不可欠です。

Aruba Mobility Academyによって、私どもの学生は、WLANテクノロジーの基礎をしっかりと身に付けています。

Technical and Further Education South Australia、ネットワーク講師、グレッグ・リンチ氏

大学認定のAruba Mobility Academyでは、モビリティ・エンジニアを志望する学生が、セキュリティ、拡張性、信頼性に優れたエンタープライズクラスのWLANを構築することができます。授業は特定のベンダーに依存しない形で行われますが、実践演習ではアルバネットワークスの製品が使用されています。

カリキュラム

WLANの基礎

  • 802.11無線規格(802.11ac、802.11n)
  • WLANアーキテクチャ:モビリティ・コントローラー、コントローラーレスAP、クラウドWi-Fi
  • 802.1X認証とRADIUS認証
  • スペクトラム分析­
  • WLANの設計とプランニング

実践演習

  • WLANモビリティ・コントローラーとAPの設定­
  • RADIUSの設定

この大学認定カリキュラムでは、モビリティの専門能力を開発でき、修了すると、Aruba認定モビリティ・アソシエート(ACMA)の認定に進むことができます。