Aruba認定設計エキスパート(ACDX)

大規模に拡張されたキャンパス WLAN とリモート WLAN の設計に求められる技術能力を検証します。

トレーニングはこちら認定データシートをダウンロードよくあるご質問

認定の概要
この実践試験では、セキュアなキャンパス有線および無線ネットワークの設計能力を検証します。Aruba OS(AOS)8.3を使用したエンタープライズ・モビリティ・プロジェクトのリモート・アクセスおよび管理ソリューションも含まれます。受験者は、冗長性、VLAN、WLAN SSID、ユーザー・ロール/ポリシー、 QoS設計、ネットワーク・セキュリティ、認証の設計を含むソリューションの設計能力を試験されます。この試験には、間取り図上のRFプランニングや予測AP数に関するVisual RFの練習も含まれます。受験者は、有線インフラストラクチャをプランニングして、新しいArubaスイッチを推奨しなければなりません。また、Meridianソリューションの設計に指名される受験者もいる場合もあります。さらに、IRIS使用してBOMの有線および無線設計を作成する可能性もあります。

この認定を取得する理由

  • Aruba Controller、Access Point、Instant、ClearPass、Switch、AirWave製品ラインを使用した大規模なArubaモバイル・ファースト・ネットワーキング導入の設計エキスパートとしての立場を確立する
  • 企業要件をサポートする高度にスケーラブルなカスタム・モビリティ・ファースト・ネットワーキング・ソリューションの設計能力を実証する
  • Aruba認定設計エキスパートとしてのキャリアと仕事の満足度を高める

受験者
この試験の受験者は IT ネットワークのプロフェッショナルで、複雑なエンタープライズレベルのモバイル・ファースト・ネットワークの設計分野で 3 ~ 5 年以上の経験がある方に最適です。受験者は、安全面から Aruba Controller、Access Point、Instant、スイッチ、VLAN、ClearPass、AirWave 製品を使用した詳細な部品表の形成、ゲストおよび音声の導入に長けている必要があります。また受験者はAOS 8.3、AirWave 8.2 Visual RF、Aruba Instant、Aruba Switches、Meridian、ClearPass および AirWave を熟知している必要もあります。さらに、Aruba では、RIS の経験も推奨しています。

スキル・レベル
エキスパート

必須条件
受験者は、Aruba 認定設計エキスパート (ACDX) 実践試験の前に、ACDX 筆記試験に合格している必要があります。筆記試験は PearsonVue で受験でき、実践試験は Aruba 専門の試験官により実施されます。

筆記試験への申し込みはこちら 実践試験への申し込みはこちら

Aruba 認定設計エキスパート (ACDX) 認定は、獲得日から 3 年間有効です。

再認定パス
再認定には、失効日前に以下の試験に合格する必要があります:

  • PearsonVUE の最新筆記試験に合格する
  • 認定後、Aruba Edge エキスパート試験に合格する

本認定を取得もしくは再認定を取得すると、ACDP および/または ACDA 認定の有効期間は、ACDX 認定を最後に取得した日から始まる有効期間に自動的に延長されます。

アップグレード・パス
この認定にアップグレード・パスはありません。